自慈心を持ちましょう!

そもそも、自分らしく生きるってどういうことなのか?

 

”自分らしく生きよう!”ってあちこちで目にする言葉ですよね。

今日はちょっとそこを哲学的に話そうと思います。

 

東京タワーの目の前 金寺院で七夕に素敵な会に出席しました

 

エスキャリアの土屋さん、

思想家の大竹さんの主催する ZEN for womenに参加して学んだことを

シェアますね。ボーヴォワールの『第二の性』から考える会でした。

 

私の敬愛するフランス人哲学者ボーヴォワールは

実存主義の人でした。

 

実存主義というのは、ザックリ言うと、

「人として先に存在しているよね?

だからこれは一旦受け入れてそしてから考えていこう」

 

と言う感じですね。

 

で、私たちって生きているうちに

大人になるにつれて、常識とか、理性とか、世間体なんかが

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

作り上げた、社会に適応しやすい自分になっているんです。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

なんか、もどかしくて辛いなって人は、

その自分と本来の自分に差がある人です。

難しく言うと、非本来性で生きてると言うこと。

 

 

自分らしく生きる=本来性で生きる。

ちょっと日本語はおかしいですけど、そう言うことです。

 

じゃ、どうやって本来性出していく?

本来性に気がついていく?

 

もっと言うと自分の持っている可能性に気がつくの

となりますよね。

 

ここで、私がいつも常々言っている

自分を愛せ!です。

 

自分を愛することで、大切にしていくことで、

自分の本来性に気がつくことが重要なのです。

 

そして、ここでちゃんと伝えておきたいこと!

 

自己愛って言葉は忘れてしまってほしい。

なんて自己愛ってなんだかいいイメージがないって

伝わりますかね?

 

なんか自分勝手なイメージもありますよね、

 

なので、私が言いたい「自分を愛してね!」

自分を慈しむ心

自慈心です!!!!

 

 

これです!!

ほんとこれです^^

 

いや、改めてこうして考えると

哲学だなって思いました。

 

私はもっとこの哲学を伝えていきますね^^

 

哲学ってね、

哲学者たちは、問題定義をしてくれています。

でこういう風に僕は、私は考えました。

と提示してくれています。

 

そして、哲学はそれを知った上で、

じゃぁ、私はどう生きていく?

 

と言うのが面白みと言うか、そこが哲学なのです。

 

と言うことで、まとめます!

 

本来性で生きたい人は

自慈心を持っていきましょう。

 

自分をしっかり受け止めて自分にはどんな可能性があるのか?

を見つめていきましょう!

 

大好きなボーヴォワールをオマージュして

スカーフ巻いて参加しました。

自慈心に満ちた私は今楽しくて仕方ないんです^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

École d’Yuki