読むだけ自信のつくコラム②

自信がないんです。自信が欲しいんです。

という人へ、今日は「自信」という気持ちについてお伝えします。

その前に、「自信」がない今の状況を把握しましょう!

何においても準備が大切。詳しく知りたい方はこちら↓↓↓

こちらの読むだけで自信のつくコラム①をご覧ください!

 

人が羨ましく、眩しく見えてしまう症候群から抜け出せたら、

いよいよ次のステップです!

 

 

あなたは、「自信」という言葉を、

どのように捉えていて、どんな自信が欲しいですか?

 

自信をちょっと、

威張れるもののように思っていませんか?

資格がないからダメだとか、

 

何も達成できてないし、自慢できるものがないから・・・

 

そう考えてしまう理由は、これです↓↓↓

「自信」の捉え方が社会基準だからなのです。

 

私の尊敬するフランス人作家(哲学者)シモーヌ・ド・ボーヴォワールは

以下のように考えていました。

「社会で何かの役に立っていたり、地位についている自分を評価している。

自分に地位いや、役割を与えてくれる社会からの価値と目的を信じてしまう。

そして、そこに相応しいように生きようとする」

 

ちょっと難しい言い方をしていますが、

社会の地位とか、役割とかを自分の評価の基準にしているから

「自信がない」「私なんか」って言ってしまうのよ、

自分基準になれば、そんなこと思わない。

自分を信じることができるかどうかよ、

神のためにも、社会のためにも生きる必要はない!

自分自身を信じることから出発して、

自分のための人生を生きましょうよ!

 

というのがボーヴォワールの考えなのです!

 

自分を信じる

もしくは、自分を信頼するのです。

 

もしも理想の生き方があったら、

「私にはその生き方ができるはず!」と信じる。

「私にはその力がある、私ならやってくれる」という信頼感を持つことです。

 

 

自信のない人へ 自信を持つためのレシピ♪

  1. 他人を羨んでいる自分の今の状況を把握する

  2. 自信がないって何に対して言っていたかな?と振り返る。

  3. 社会基準の考えは捨てる。

  4. 自分を信じる。

今までは「自信」の捉え方が間違っていただけで

あなたには「自信」はきっとあります!

自分を信じで生きましょ!

 

愛らしく自由に生きるためのヒントを公式LINE@にて

配信中です。LINE@に登録して、

自分をどれだけ愛せているか、大切にできているかのチェック

「ラブミー度チェック」のプレゼントをぜひうけとってください!

公式LINE@に登録してラブミー度チェックをもらう

読むだけで自信がつくコラム①

周りが凄すぎて自分がちっぽけに思うんです

みんな幸せそうで、すごくて、私なんか、全然ダメで・・・

 

こんな言葉を言ってませんか?

素敵なSNS投稿に「いいね!」するけど、羨ましい気持ちの方が強くて・・・

そんな自分も嫌になっちゃう。

 

20代後半ー30代前半の女性は、

周りは結婚して子ども産んで、ママになっていくのに、私はまだ彼氏もいないし。

何やってきたんだろうって思ってしまう。

 

30代後半ー40代後半の女性は

ママ友たちが最近生き生きし始めて、輝いていて、

素敵!と思う反面、自分が何もないように思えて虚しくなる。

 

そんな悩み相談を受けます。

今日はそんな方々へ3つのヒントを送ります!

 

まず1つめ

周りのお友達を素敵だと思うこと気持ちにもっと素直になりましょう。

「いいなぁー」でも良いのです。

素敵だと思った気持ちは素直に認めしょう!

 

どんなところが素敵ですか?

羨ましいポイントはどこですか?

その人たち、幸せそうですか?

 

幸せそうで、うらやましいですよね

「早く、そこへ私も生きたい!」

そう思っている気持ちをしっかり受け止めてください。

 

そして2つめ、

そんな素敵な人が多いのはあなただから!

だってことに気がついてください。

 

人は、同じステージにいる人か、もしくはその少し後の方に

ある人のことしか見えないのです。

 

つまり、素敵な人が周りに多いということは、

あなたが同じだけ、素敵だからそういう人たちと繋がっている。

投稿をよく目にするのです。

 

3つめ、

あなたも誰かにとっての

「素敵な輝く人」であることに気がついてください。

隣の芝生が青く見えますよね?

だって、それはみんな綺麗に見せるように

頑張っているもの。手入れして、水上げてる。インスタ映えとか気にしてたりね!笑

 

あなたが憧れているAさんだって、

他の誰かを憧れているのです。

もっと素敵な芝生をみて、「いいなぁ」と言っています。

 

ということは、

あなたも誰かにとっての「素敵な青い芝生」であるということです。

理想があったり、憧れがあることは向上心があることですから、

悪いことではありません。

 

でも、それを自分の採点基準にしてはいけません

 

そんな素敵な人たちが周りにいる自分を誇ってしまうくらいでいいのです!

 

そして、自分はそんな素敵な人に憧れている

「私も素敵な人!」

それくらい思いましょう♪

 

自信が欲しいという女性が、とっても多いです。

その解決方法として、自信を身につける準備が必要です!

まずは、自分の採点をやめてください。

 

そして、

周りが凄すぎて自分がちっぽけに見えた時は、

以下の3つを思い出してください。

 

  1. あなたには、素敵な人が知り合い、友人にたくさんいると素直に認める!

  2. それは、あなたが素敵だからと自覚する!

  3. あなたも誰かにとっての素敵な人であることを思い出す!

 

そこからです!

自信を持つという話が始まります。

 

もっと深く知りたいな!という方は公式LINE@で

愛らしく自由に生きるヒントをお届けしていますので

いつでもご登録くださいね!

公式LINE@に登録して愛らしく自由に生きるヒントもっと受け取る!

 

 

 

 

 

自分のスタイルがありますか?

自分らしいスタイルについて考えたことはありますか?

今の自分の立ち位置(仕事・プライベート)について理解できていますか?
自分や他人を責めることなく自分自信をしっかり見つめて、

そして見直すことはできていますか?

 

スタイルのある人は、

常によくなるための方法を模索し改善もするし、

一番自分の心地よい状態を求めて動くのでますます自分らしく生きられます

仕事のスキルを上げ、目標に向かっている人。

仕事と家事や育児を両立させて楽しんでいる人。

そこには女性であることに甘えない「自立」した自由な人間像が見えてきます。

“幸せな女性の持つスタイル”をシンプルにとらえてみましょう

生き方に迷っている女性たちに、

私はよく「自分を一番に愛すること」とお伝えします。

「認める」「許す」「褒める」が、自分自身にできなければ、

おそらく他人にもできないと考えるからです。

 

自己否定を繰り返したり、こうであらねばという理想で

ガチガチになっている人には難しいかも知れません。

 

思考を変えることは、ある意味訓練とも言えますが、

私が推奨するフランス式ワークスタイルはとってもシンプル!

 

自分が幸せであること、幸せだと感じられること、

自分が居心地よく思えることを最優先する生き方です。

日本との文化の違いはあるにしても、個人主義のフランス人は自分自身をとても大切にしています。私はフランス哲学の思想を取り入れた、自分をないがしろにしない、自分を一番愛していいという生き方に出会いました。

 

自分のアラさがしをするのが癖だと言う方を、

フランス特有の愛の思想とエスプリのきいたフェミニズム哲学をベースとしたコーチングで導いています。

自立した幸せな女性は自分の価値を低くみません

自分を愛し、いい意味で自分のことが大好きと言える女性は、

たくさんの可能性を秘めています。

今ある幸せをしっかり抱きしめ

過去の苦労や悩みも全部組めて自分だと本気で受け止めることができています。

何より、周りの人がいて、そのおかげで自分がいることに気づいている女性は、

感謝の心を忘れません。

 

だからこそ愛されている自信、必要とされている確信が持てるというもの。

何よりこれからの毎日を楽しく、

未来にむかってワクワクする気持ちに溢れて暮らしたいと願っています。

 

自立した女性から漂う、そんな清々しさと潔さを感じたことはありませんか?

「自尊心」というのは自分の思想や言動に自信を持ち、

他からの干渉を排除する態度や気持ちです。

 

自分を大切に思ったり、自分を好きだと感じるのとイコールの心です。

 

自尊心が低いとさまざまな弊害を引き起こし、

自分の価値を見出だせなくなります。

自尊感情が低い人は自分を好きになれず、否定的な見方をしてしまいがちです。

 

そんな悪い思い込みの例を挙げてみましょう。

  •  周囲のちょっとした態度や言葉に傷つく
  • 不安が強くやりたいことができない
  • どうせ自分にはできないとあきらめがち
  •  自分は報われないと思うあまり嫉妬が強い
  •  苦い経験を引きずって前に進みたいのに進めない
  • 周囲に流され自分の意見が言えない
  • 世の中への不平不満が多く居心地が悪い
  • 不幸な自分を嘆いて悲劇のヒロインになっている

いかがでしょうか?思い当たることはありませんか?
やや当てはまることが1つか2つあるのはご愛嬌かも知れません。

でも、かなり頷けるようなら、今のあなたは幸せとはほど遠いところにいる気がします。


自分らしい自立した生き方を身につけると幸せな女性のスタイルができあがります

実際に自分のネガティブさに悩む女性はどのくらいいるのでしょうか?

あるアンケートで「あなたはポジティブですか?」という質問に、

半数を上回る女性が「いいえ」と答えています。

 

また、表向きはポジティブに振る舞っていても、

思い出さなくてもいいミスや言い訳が次々と

脳裏をかすめて眠れなくなるというお話もけっこう聞きます。

 

確かに自信がないのはあなただけではありません。

でも、自信は能力よりも重要な場合があることを知ってほしいと思うのです。

そもそも自分の気持ちを軽視したり無視していいはずはありません。

自分の本当の感情、奥底に眠っている願いに気づいて把握することが大事です。

 

気持ちに気づいたら、それがネガティブか、ポジティブかといったジャッジは止めて

「それでいいんだ」と認めてあげましょう。自分だけは自分の味方でいることです。

 

また、その気持ちを表現しアウトプットする作業を行いましょう。

勇気を出して言葉にして、自分の気持ちを伝えましょう。

気持ちを大切にすることと相手や周囲が受け入れてくれかどうかは別問題でいいのです。

認められなくても「嫌は嫌」「好きなものは好き」でいいのです。

 

「Ecole d’Yuki(エコールデュキ)」のフランス式コーチングでは

1人1人に丁寧に寄り添って

自分にしっかり軸が持てるようになるまでお付き合いします!

 

まずは、自分にしっかり向き合うということから始めましょ!

そろそろ自分に素直になりたいなと思っている

変わりたい人へおすすめなのが

本心に目覚めるグループセッションです!

大好きなカフェ アラカンパーニュ池袋店で

ケーキ、タルト飲み物を囲んで行います!

 

2時間で自分の本心を大切にする人に変われます!

 

 

École d’Yuki