褒められたら「ありがとう」で十分

「ワンピースとっても素敵ですね」

ご年配の全く知らないマダムに思わず声をかけちゃいました。

 

今日、自転車で郵便局に向かう途中

カートを押しながらだけど、

白い大きなつばの帽子をかぶり

黄色のワンピースをきたおあばちゃまがいたのです。

 

わ!素敵!って思ったら

気がついたら近づいてた私・・・

(ちょっと不審者みたいだね笑)

 

え?って顔したマダムに

「黄色のワンピースがとっても素敵ですね」

って声をかけちゃったのです。

 

マダムはサングラスもしていたけど

ニコってされて

「ありがとう」

って言ってくださった。

私が褒めたのだけど、(褒めたと言うか感想を言ったのだけど)

すっごく嬉しい気持ちになったのです。

 

多分、うちの祖母と同じくらいのお年だと思う。

ゆっくり歩きながらカートを引いて歩く。

 

おばあちゃん

ばあちゃん。

って言葉がぴったりな感じの方が多い私のお家の周り。

 

なんかフランスのマダムみたい!って思いました。

本当にすっごく素敵だった。

 

フランスで誰かを褒めたら、

みんな、ちゃんと

「ありがとう」と褒めたことを受け取ってくれます。

 

でも、日本で褒めると、

「え?嫌だー!何も出ないよ!」「安かったのよ!」

とか言って照れ隠しする人がほとんど。

 

なんだか、褒めてるのに、

気持ちよくないと思ったことはないですか?

 

でも今日私が声をかけたマダムは

いきなりなのに、歩いていたら

赤い自転車で近づいてきた女に急に言われたのに、

 

「ありがとう」

 

ってまず、最初に言ったのです。

「ありがとう、嬉しいわ。ほら危ないわよ、気をつけてね」

って言いました。

マダムに見とれて、むこから自転車きてるのに気がつかなったのです私(笑)

 

褒めた気持ちを受け取ってもらえるってこんなに嬉しいんだな!

って改めて感じました。

 

あまりないですよね?

いきなり、全く知らない人を褒めること。

 

いつもあってる人、

久しぶりの人、おつきあいのある方とかにお会いして

素敵と思って言うことはあっても、

 

とっさのことだったのに受け止めてもらえたことが

すごく嬉しかったのです。

ハッピーで満たされたのです。

 

あなたは誰かに褒められた時、ちゃんと受け止めていますか?

 

照れ隠しはわかります!

一度、「ありがとう」と受けとってから

照れ隠し入れるなら入れましょ!

 

キャッチボールと一緒で、

受け取ってもらえないと

避けられたら嫌なんです。

そして、自分が褒められるとお相手の素敵なところも見えてくるので

褒め返すこともあります。

 

気取ってるとかそんな感じではなくてね。

 

日本人だからとか関係ないです!

慣れていきましょ!

 

「褒められてことないからどう褒めていいかわからない」

なんて人もいるけど、

それはね、

 

褒められてるのに受け入れていないから

それだけです。

 

カウントしましょ!

絶対たくさん褒められてるはず!

 

自分を愛するためにも、

魅力に気がつくためにもこの「褒める」になれるはとっても大事です!

 

これは訓練、考え方を変えないと、「恥ずかしい」が勝ってしまう。

一緒に「褒める」に慣れましょ。

受けることで自分をどんどん愛せるようになるセッション

「褒める」「受け取る」ができるようになると幸せが倍に増えますよ!

 

エコールデュキ

 

愛を込めて

Yuki

 

 

好きだから。ただそれだけ。

どうして、そんなに夢中になれるのですか?

ってね、聞かれたらね実は色々答えるけど

本当は心の中でボソッと言ってるの言葉があります。

 

好きだから。ただそれだけ。

 

 

ともかく、好きなのです。

フランス女性の歴史について調べていることが、

文学の流れ、言葉のこと。

 

フランス女性について分厚い本を読んでいるのが

ものすごく好き。

 

それについて話を聞くことはワクワクしてたまらない。

 

本当に好きなことって理由がないんだと思ったのです。

なんて言うのでしょうか、

 

血がさわぐ感じとでも言うのかな。

しかも、最近もっと好きなことがわかった。

 

自分が学んできたことを伝えて

そのことが女性の背中を押す瞬間。

 

何かのきっかけを与えてる時。

 

そんな時はこの上なく幸せでたまらない。

 

 

私は、ただ、ただもう単純に好きなのです。

本能が喜ぶのそんな感じ。

ワクワクして一晩中でも語っていられること。

 

あなたの「理由なんてないよ!好きなの、ただそれだけ」

 

って言うことは何ですか?

 

 

「好きだから」

しか理由が浮かばないことってきっと

 

最高にハッピーなことをしていること。

 

あなたの「好きだから、ただそれだけ」と言うこと

ぜひ教えてくださいね。

 

自分の好きなものを見つけることも

自分を好きなになること愛することにとっても必要なことです!

見つけたら!

ぜひ!LINE@で教えてください!!!

Ecole d’YukiのLINE@に登録する

ユッピーライン

でね、何でそれ好きなんですか?

って私返事するから、

 

「好きだからです。ただそれだけ」

って返して笑

 

好きなものや、自分が何で喜ぶのか

自分を愛するって何か?がわからないかたはぜセッションにいらしてください。

受けることでどんどん自分を愛せるようになるセッション

一緒にあなたの「理由なんてなくてね、ただ好き」なことを見つけます。

そしてその好きなことがある自分を愛する方法をお伝えします♪

 

それでは愛を込めて!

Yuki

エコールデュキ

 

 

 

 

 

欠点こそうまくつかいこなす!

嫌なもの、変えたい点。

隠したいところ。それが「欠点」という印象かと思いますが、

「欠点」ってそんなに悪くないかもよ!

という話を今日はしようと思います。

性格のことも、見た目のことも含めて
「欠点」と思うことはありますよね。

 

女性は特に
見た目の「欠点」には特に目がいく。

 

あの有名なオードリー・ヘップバーンだって
欠点だらけだったから長所を伸ばして
欠点を目立たなくしたくらいです。

オードリーのやり方が好きです!やりやすいですし。

後、その欠点が目立たないように手を打つのも一つ。

その分長所を伸ばすなどもあります!

 

ちょっとレベル高いかもしれないけど
その欠点にスポットを当てる。

そして、人との違いを見せつける!
それもやり方の一つ!

シャネルの言葉を紹介しましょう。

「欠点は魅力の1つになるのに
みんな隠そうとすることばかり考える。
欠点をうまくついこなせばいい。
これさえうまくゆけば、なんだって可能になる」

ココ・シャネルは
グラマラス、豊満が美とされていて時代の人。


しかし、彼女自身は細かったし、小さかったのです。
だからこそ、あえて、シンプルな服を着て、

小さな帽子を被り、髪は短く
そして長い首をわざと出しました。

スレンダーさを引き立てたのです。

このことにより時代を新しく作りました。
あらゆる女性の憧れになりました。

私は、これすごい勇気がいることだと思うのです。
だって、「これは今ウケない」とわかっているのに

あえて逆なのに、目立たせる。ってすごくないですか?

そこまでは出来なかったとしてもね、
自分たちのことにちょっと置き換えて考えてみましょう!

 

私はね、正直言葉で具体的に表すのが苦手なのですよ!
こうしてblogなどを書いてますが、

旦那さんによく言われるのは、
「ゆきの説明は擬音とジェスチャーで成り立っている」
と言われます。

旦那なので、「え?推測してよ、長年いるしわかるでしょ?」
っていってしまうけれど、

初めてお会いした方などにはそれは通用しないわけだし。
うまく説明が出来ないの「言葉」「表現」の力が足りないのが
私の中でもっと鍛えたいところです。

なので、ともかく、賢そうな言葉を使おうかな?
例えとかたくさん出してみようとか挑みましたが、
うまくいきませんでした。

だからもうね、
「想いをぶつける」パッションで伝えることにしたのです。
そのまま伝えています。

「伝わっていますか?私下手なんです!説明が!」

と欠点をそのまま伝えちゃいます。

先日も、伝わっているか不安になっていた件がありましたが、

「長谷川さん、面白いし、情熱あることがすごくよくわかったから
それでOKです!」

あることにお話が通ったんです!
(まだ言えないのだけどね!早く言いたい!笑)

隠すとか、ごまかすのではなく、欠点こそを活かす!
これは、欠点を受け入れているからできること。

「欠点」という呼び方よくないけど、
それもまた、自分を作っている要素の一つなのです。

恋愛もね、
欠点があるから惚れるらしいですよ。

他の人から見たら欠点じゃない時もある。

 

本当に全て完璧な人がいたらあなたはそのかたに魅力を感じますか?

私は感じません。ロボットみたいだもの。

今日私が気が付いて欲しかったことは、

「欠点」こそ魅力につながる
欠点があることは悪いことでは決してないということ。

だから受け入れてくださいね。認めてね。

ということです。

それにね人って嫌悪の精神がものすごい
エネルギーになるんです。

この欠点を、嫌なものを変えてやる!

このままじゃ嫌だからって踏ん張るのです。
変えていこうとする力がものすごいエネルギーをうみます。

シャネルなんてそれで嫌なものを全部変えていたら
時代を変えてしまった。

モードを作り上げてしまったのです。

「人生が嫌だったから変えたのよ」てね。

一度受け止めて、
私はこんな風に嫌なところがある。
ここは変えたい!

でも、これがある。
それも私。

IMG_0968.PNG

Je suis moi.「私は私」

って一旦受け止めましょう!
昨日より少しだけ、自分が愛おしく思えてきますよ!

「いやーダメです!とてもじゃないけど
受け止められないし、そんな自分を否定しちゃうんです」
なんて方はぜひセッションにきてください。

一緒に欠点を受け止めましょう。
個別セッションなので、さんがそれを受け止めきれるまで
一緒にやります!

一旦その欠点預かる!そんな感じです。この作業を一緒にましょう!

受けることでどんどん自分を愛せるようになる限定セッション

それでは今日はこの辺で!

また次回!

愛を込めて

エコールデュキ

Yuki

 

P.S インスタで人生を変えてくれるような

強いフランスからのメッセージをお届けしています!

背中を押して欲しい人に、自分をうまく愛せない人におススメです🖤

École dYukiのインスタを見る

ユッピー卒業宣言

暴露します。

ありのままで、ありのままで。

伝えてきたのに、

私自身が「ユッピー」ってキャラクターを演じていた。

 

もともとね、社会人の時、取締役が女性で

私にあった時、「ユッピー!」と名付けてくれたのです。

ニックネームがついたこと、すごく嬉しかったし。

そのおかげて、社内の皆様に可愛がっていただけた。

結婚、出産後、子育て英語講師としてデビューするときに。

「先生」ってのは嫌だったし、

私はまだそのとき、24歳くらい。

生徒さんに当たるママさん達の方が年上でやりにくいのもあって。

 

英語で遊ぼうのお姉さんみたいにやっていこう!って決めて

そのニックネームのユッピー!を使うようになりました。

ユッピーはめっちゃ元気!テンション高い!

もちろん、嘘じゃない。

 

人にも覚えてもらいやすいし。

 

現在の児童英語教室でもユッピー!

これはこれからも変わらないし、

そのほか、今ユッピーって読んでくれている人はそのまま

ユッピーと読んでくださいね。

 

嫌じゃないから!

 

でもね。今年35歳。

もっと本格的にフランスについて、女性の生き方について語っていこう

と心に決めてから、

 

本当の自分と、ユッピーのイメージが(自分自身が作り上げたのだけど)

ちょっとズレてきた。

ユッピーってキャラにならなくても、もう堂々とやっていける。

YUKIって名前がちゃんとある。

 

私は自分の名前がすごく好き。

名前なんてどうてもいいのだけど、

 

ちょっと、元気いっぱいテンション高めのキャラは卒業。

 

人と話すことが大好きだし、喜怒哀楽が激しい。

だから、他人から見たら違いはないと思いますが、

 

私の中ではちょっとユッピーでいることに疲れちゃったのかもしれない。

 

だから、屋号も変えました。

École dYuki

フランス語読みをすると エコールデュキ

本名に戻り、ありのままで本当に生きていく。

というか、本来の私を出して生きます。

 

下品なことは大嫌い。

でもツンとして偉そうにするのも大嫌い。

 

ちょうどよく品良くありたい。

気高くなくていい。

 

「ゆき」の由来。

私が生まれる前に亡くなった

祖父母の家のそばの「ゆきおばあさん」は

とても優しくて、品もよく、人に好かれる、

身も心も美しい人だったそう。

 

祖母はいつも、初孫だし、私と弟しか孫がいないからもあってか

私をべた褒め。

 

本当に、ゆきちゃんは、あのおばあさんのように成長しているね。

ってずっと、ずっといってくれた。

 

直接は魅せられなかったけど、早く結婚したから、ウエディング姿も見せれることができた。

その翌年、祖母は他界。

 

ゆきちゃんはね、おばちゃんの自慢の孫だよ。って

どんなときも言ってくれていた。

 

たっぷり愛されていた。

なのに、私は、10代

その「ゆき」の存在を何度も消そうとした。

 

そして大人になっても、ユッピーになって

どんどん「ゆき」を置いてきぼりにしていたそんなん感じた。

 

それなのに

みんなに、そのままでいいんだよ!

なんて言ったって説得力ないですよね。

 

違和感。

ユッピーであること

キャラにならないとやっていけない自分に苛立ちなどもあって。

 

もう一度自分の声をよーく聞いたの。

自分をしっかり大切にして愛することにしたら、

 

「卒業しよう」って思えた。

 

もう、そのままの私で本当に生きていきます!

「ゆき」という名前は一生変わらないものね。

 

祖母が愛してくれた「ゆき」に戻ります。

何かあった時も、「人よりね、少し感受性が豊かなだけよ」と言ってくれていた

 

父方祖母なのですが、

別にうちは、お金持ちでもなんでもない。

普通のお家。家も小さな平屋。

でも、祖母は気持ちかたの気品を教えてくれました。

 

フランス人は小さな頃から、

布とか、良いものはな何かを知らずのうちに教わる。

先祖代々のものとか、良いリネンとか。

 

特に、そう言ったものって何もないけど、

どちらかといえば貧しい田舎のおばあちゃんだったけど、

ちょとそのフランスの感じに似ていて、

この軸は私は父方の祖母に教わったと思っています。

 

母方の祖母はちなみに熊本で元気に生きていて、

彼女はユーモアと、明るさを教わってる!

 

母からの愛をもらっていないと思い込んでいた頃、

祖父母が有り余るほどの愛をくれていたことそれに気がつけないでいた。

 

でね、今は母の愛も、

祖父母の愛も、今たっぷり感じている。

 

だから、もう怖くないなって思うのです。

私ってちゃんと愛されていたのに、

私がそれを認めていなかったし、

 

何より私自身が、私への愛が足りていなかったな。

 

てまた気が付いた。

 

たっぷりたっぷり愛して生きます。

 

実はねこのこともっと早く気が付いていた

でも、暴露する勇気がなかった。

 

でも今日は思い切って伝えてみました。

ただの宣言です。

 

認めるってね

やっぱり簡単じゃないんだよね。

 

だから、今自分を愛せない人の気持ち

手に取るようにわかる。

 

愛しているようで否定してたりね。

 

だからこそ、だからこそ、

伝えたいから

限定のセッションもやるのです。

 

一人一人しっかりお話を聴きながら行いたいなと思って。

このセッションでじっくりお話を聴きます。

 

私の経験、学んできたもの全てを使って

私のような遠回りしないように

自分を愛せる人になる道へ案内します!

受けるだけで自分をどんどん愛せるようになるセッション

一緒にありのままに戻りましょ!

 

愛を込めて

エコールデュキ

YUKI

 

まずは、短所を書き出すことから!

自分の好きになれなところ短所ってありますよね?

セッションをする時に
長所、短所の両方を書いてもらうことがあります。

多くの方が、

短所の方がすぐに出て来るし、いっぱい書いてあります。

逆に長所は少なかったり、ペンが止まってしまたりね・・・

それに、「明るい」とかザックとしている。

長所本気で探せば出て来るのに、そんな風に書いてしまう。

 

「いやぁーもう。すっごくわかる!」

なんかそういう時に発表もするかな?とかいう勘もが働くし、
自慢しているみたいに見えるし、
傲慢ぽいかななんてちょっと弱めに書いてみたりする

 

なんだか長所を書き出すことが恥ずかしいみたいなね。

ほら、自虐ネタって言いやすいですよね?

だからこれはその逆の現象です。

 

だけと、短所は自然にたくさん出てきく。

具体的に言えちゃうのです。

 

なので、そんな時はあることをして、短所に魔法をかけます!

そしたら、「あ!」と、長所が口から出てきたりします。

「こんなところも実は好きだったりします」
とかはにかんで伝えてくれます。

 

今日は、その魔法をご紹介しますね!

 

まず、その前に、

長所、短所を書き出してみてください。

出先の方はスマホのメモでもいいかも!

書き出したら、短所を反対の言葉にしてください。

例えば、

  • 「優柔不断」は「慎重」
  • 「飽きっぽい」は「好奇心旺盛」
  • 「器用貧乏」は「ありとあらゆる状況に対応できる」
  • 「愛想悪い」は「媚を売らない」
  • 「まわりから浮いている」は「個性がある」

さぁ、どうでしたか?

あなたの短所は何に変わりましたか?

 

変えた言葉と、もともとあった長所を読み上げてみてください。

「そんなに悪くないかも」って思うでしょ!

私たち人間でなぜか白黒つけようとしてしまうのです。
常にジャッジしています。

善悪、陰陽で分けようとしてる。

 

そして、なぜか、区別した後に、マイナスと判断する。

光には影がある。その二つを含めて、一つのよさです。

「自分を好きになる」「自分を愛する」ためには

自分のことをすべてを受け入れることから始めます。

 

短所さえも受け止めましょう!

 

フランスでは人間はもとも完璧ではない。
と考えています。

完璧にするときは
完成したところから、余計なものを取る方が良い。

付け加えて完璧にするのではないのです。

あのココシャネルもそのタイプです。

私の座右の銘

「かけがえのない人になる」

これはシャネルの言葉にも出てきますが、
かけがえのない、というのはつまり、

「人と違う」ということ。

実はみんながいう

「欠点」こそ、その違いを作り出すのです。

それについてはまた次回にお伝えしますね!

今日は、まず、自分が好きになれないって
思っている自分の短所の反対の言い方を探してみてください。

そして、これからは
その言い換えた意味を抱きしめて生きてください!

自分を愛する初めの1歩です。
自分と向き合うこと。

短所を書き出すのは嫌なことです。

でもとっても大切なこと。

短所を知る。
そしてそこに隠れてる良さを見つけてくださいね。

エコールデュキそれでは今日はこの辺で!愛を込めて

Yuki

 

P.S この作業自分でやってみたけど、うまく出来なかった方は

私と一緒にセッションで一緒にやりましょう!

もっと自分を愛したい人へ受けることでどんどん自分を愛せるようになるセッション詳細

一緒にやることで、どうしても短所にばかり目がいってしまうことを止めることが出来ます!

 

École d’Yuki