ユッピー卒業宣言

暴露します。

ありのままで、ありのままで。

伝えてきたのに、

私自身が「ユッピー」ってキャラクターを演じていた。

 

もともとね、社会人の時、取締役が女性で

私にあった時、「ユッピー!」と名付けてくれたのです。

ニックネームがついたこと、すごく嬉しかったし。

そのおかげて、社内の皆様に可愛がっていただけた。

結婚、出産後、子育て英語講師としてデビューするときに。

「先生」ってのは嫌だったし、

私はまだそのとき、24歳くらい。

生徒さんに当たるママさん達の方が年上でやりにくいのもあって。

 

英語で遊ぼうのお姉さんみたいにやっていこう!って決めて

そのニックネームのユッピー!を使うようになりました。

ユッピーはめっちゃ元気!テンション高い!

もちろん、嘘じゃない。

 

人にも覚えてもらいやすいし。

 

現在の児童英語教室でもユッピー!

これはこれからも変わらないし、

そのほか、今ユッピーって読んでくれている人はそのまま

ユッピーと読んでくださいね。

 

嫌じゃないから!

 

でもね。今年35歳。

もっと本格的にフランスについて、女性の生き方について語っていこう

と心に決めてから、

 

本当の自分と、ユッピーのイメージが(自分自身が作り上げたのだけど)

ちょっとズレてきた。

ユッピーってキャラにならなくても、もう堂々とやっていける。

YUKIって名前がちゃんとある。

 

私は自分の名前がすごく好き。

名前なんてどうてもいいのだけど、

 

ちょっと、元気いっぱいテンション高めのキャラは卒業。

 

人と話すことが大好きだし、喜怒哀楽が激しい。

だから、他人から見たら違いはないと思いますが、

 

私の中ではちょっとユッピーでいることに疲れちゃったのかもしれない。

 

だから、屋号も変えました。

École dYuki

フランス語読みをすると エコールデュキ

本名に戻り、ありのままで本当に生きていく。

というか、本来の私を出して生きます。

 

下品なことは大嫌い。

でもツンとして偉そうにするのも大嫌い。

 

ちょうどよく品良くありたい。

気高くなくていい。

 

「ゆき」の由来。

私が生まれる前に亡くなった

祖父母の家のそばの「ゆきおばあさん」は

とても優しくて、品もよく、人に好かれる、

身も心も美しい人だったそう。

 

祖母はいつも、初孫だし、私と弟しか孫がいないからもあってか

私をべた褒め。

 

本当に、ゆきちゃんは、あのおばあさんのように成長しているね。

ってずっと、ずっといってくれた。

 

直接は魅せられなかったけど、早く結婚したから、ウエディング姿も見せれることができた。

その翌年、祖母は他界。

 

ゆきちゃんはね、おばちゃんの自慢の孫だよ。って

どんなときも言ってくれていた。

 

たっぷり愛されていた。

なのに、私は、10代

その「ゆき」の存在を何度も消そうとした。

 

そして大人になっても、ユッピーになって

どんどん「ゆき」を置いてきぼりにしていたそんなん感じた。

 

それなのに

みんなに、そのままでいいんだよ!

なんて言ったって説得力ないですよね。

 

違和感。

ユッピーであること

キャラにならないとやっていけない自分に苛立ちなどもあって。

 

もう一度自分の声をよーく聞いたの。

自分をしっかり大切にして愛することにしたら、

 

「卒業しよう」って思えた。

 

もう、そのままの私で本当に生きていきます!

「ゆき」という名前は一生変わらないものね。

 

祖母が愛してくれた「ゆき」に戻ります。

何かあった時も、「人よりね、少し感受性が豊かなだけよ」と言ってくれていた

 

父方祖母なのですが、

別にうちは、お金持ちでもなんでもない。

普通のお家。家も小さな平屋。

でも、祖母は気持ちかたの気品を教えてくれました。

 

フランス人は小さな頃から、

布とか、良いものはな何かを知らずのうちに教わる。

先祖代々のものとか、良いリネンとか。

 

特に、そう言ったものって何もないけど、

どちらかといえば貧しい田舎のおばあちゃんだったけど、

ちょとそのフランスの感じに似ていて、

この軸は私は父方の祖母に教わったと思っています。

 

母方の祖母はちなみに熊本で元気に生きていて、

彼女はユーモアと、明るさを教わってる!

 

母からの愛をもらっていないと思い込んでいた頃、

祖父母が有り余るほどの愛をくれていたことそれに気がつけないでいた。

 

でね、今は母の愛も、

祖父母の愛も、今たっぷり感じている。

 

だから、もう怖くないなって思うのです。

私ってちゃんと愛されていたのに、

私がそれを認めていなかったし、

 

何より私自身が、私への愛が足りていなかったな。

 

てまた気が付いた。

 

たっぷりたっぷり愛して生きます。

 

実はねこのこともっと早く気が付いていた

でも、暴露する勇気がなかった。

 

でも今日は思い切って伝えてみました。

ただの宣言です。

 

認めるってね

やっぱり簡単じゃないんだよね。

 

だから、今自分を愛せない人の気持ち

手に取るようにわかる。

 

愛しているようで否定してたりね。

 

だからこそ、だからこそ、

伝えたいから

限定のセッションもやるのです。

 

一人一人しっかりお話を聴きながら行いたいなと思って。

このセッションでじっくりお話を聴きます。

 

私の経験、学んできたもの全てを使って

私のような遠回りしないように

自分を愛せる人になる道へ案内します!

受けるだけで自分をどんどん愛せるようになるセッション

一緒にありのままに戻りましょ!

 

愛を込めて

エコールデュキ

YUKI

 

まずは、短所を書き出すことから!

自分の好きになれなところ短所ってありますよね?

セッションをする時に
長所、短所の両方を書いてもらうことがあります。

多くの方が、

短所の方がすぐに出て来るし、いっぱい書いてあります。

逆に長所は少なかったり、ペンが止まってしまたりね・・・

それに、「明るい」とかザックとしている。

長所本気で探せば出て来るのに、そんな風に書いてしまう。

 

「いやぁーもう。すっごくわかる!」

なんかそういう時に発表もするかな?とかいう勘もが働くし、
自慢しているみたいに見えるし、
傲慢ぽいかななんてちょっと弱めに書いてみたりする

 

なんだか長所を書き出すことが恥ずかしいみたいなね。

ほら、自虐ネタって言いやすいですよね?

だからこれはその逆の現象です。

 

だけと、短所は自然にたくさん出てきく。

具体的に言えちゃうのです。

 

なので、そんな時はあることをして、短所に魔法をかけます!

そしたら、「あ!」と、長所が口から出てきたりします。

「こんなところも実は好きだったりします」
とかはにかんで伝えてくれます。

 

今日は、その魔法をご紹介しますね!

 

まず、その前に、

長所、短所を書き出してみてください。

出先の方はスマホのメモでもいいかも!

書き出したら、短所を反対の言葉にしてください。

例えば、

  • 「優柔不断」は「慎重」
  • 「飽きっぽい」は「好奇心旺盛」
  • 「器用貧乏」は「ありとあらゆる状況に対応できる」
  • 「愛想悪い」は「媚を売らない」
  • 「まわりから浮いている」は「個性がある」

さぁ、どうでしたか?

あなたの短所は何に変わりましたか?

 

変えた言葉と、もともとあった長所を読み上げてみてください。

「そんなに悪くないかも」って思うでしょ!

私たち人間でなぜか白黒つけようとしてしまうのです。
常にジャッジしています。

善悪、陰陽で分けようとしてる。

 

そして、なぜか、区別した後に、マイナスと判断する。

光には影がある。その二つを含めて、一つのよさです。

「自分を好きになる」「自分を愛する」ためには

自分のことをすべてを受け入れることから始めます。

 

短所さえも受け止めましょう!

 

フランスでは人間はもとも完璧ではない。
と考えています。

完璧にするときは
完成したところから、余計なものを取る方が良い。

付け加えて完璧にするのではないのです。

あのココシャネルもそのタイプです。

私の座右の銘

「かけがえのない人になる」

これはシャネルの言葉にも出てきますが、
かけがえのない、というのはつまり、

「人と違う」ということ。

実はみんながいう

「欠点」こそ、その違いを作り出すのです。

それについてはまた次回にお伝えしますね!

今日は、まず、自分が好きになれないって
思っている自分の短所の反対の言い方を探してみてください。

そして、これからは
その言い換えた意味を抱きしめて生きてください!

自分を愛する初めの1歩です。
自分と向き合うこと。

短所を書き出すのは嫌なことです。

でもとっても大切なこと。

短所を知る。
そしてそこに隠れてる良さを見つけてくださいね。

エコールデュキそれでは今日はこの辺で!愛を込めて

Yuki

 

P.S この作業自分でやってみたけど、うまく出来なかった方は

私と一緒にセッションで一緒にやりましょう!

もっと自分を愛したい人へ受けることでどんどん自分を愛せるようになるセッション詳細

一緒にやることで、どうしても短所にばかり目がいってしまうことを止めることが出来ます!

 

自信のない自分に疲れる日々にサヨナラ

もっと自分を愛したい人へ!

受けることでどんどん自分を愛せるようになるセッション!

フランス女性の「自分を愛する」という生き方を伝え、

女性の生き方に勇気を与え、自分を愛せる女性を送り出してきた

フランス式セルフコーチング養成講師の長谷川ゆきです。

 

「パリジェンヌってなんかかっこいい!」

「凛としているし、自信がありそう!自分を愛してるんだろうな。」

「そんな風になれたらいいな。素敵だろうなぁ」

と思うことはありませんか?

 

「自分を愛する」って言葉は耳にするけど、どうすれば良いのか分からなくて、

気がつくと、いつも自分をないがしろにしている。

 

実は、わたしも「自分を愛せない人」でした。

それどこから、「自己肯定感」がとても低く、自己嫌悪の日々でした。

口をひらけば、「わたしなんか・・・」と言ってしまう。周りが素敵に見えて、

キラキラ眩しくて「自分はダメ・・愛するなんてとてもできない」と思っていました。

 

しかし、フランス女性の生き方について学び初めて、「自分を一番に愛していい」

と知りわたしの人生は動き出し、変わり始めました。

スキルとして持っていたコーチングを、このフランス女性の生き方をベースにしたらどうだろう?

 

フランス式の自分の愛し方をもっとたくさんの人に届けたい!

これで日本の女性を「自分を愛せる」人へ変えていきたい!

という思いから、このセッションを作りました。

 

もっと自分を愛したい人へ!

受けることでどんどん自分を愛せるようになるセッション!

 

セッションを受けるとこんないいことが!

  • 自分を愛せるようになる
  • 自分に自信が持てる
  • 生きていることがもっと楽しくなる
  • 内面から美しくなる
  • 人への考え方も変わる

 

本当に、自分が嫌なのではない。実は「愛したい」気持ちがどこかにある。

でもどうしていいのわからず、結局嫌なことばかりに目がいく、

そうやって必要以上に謙虚になっていたら一度きりの人生なのにもったいないじゃないですか!!!

 

もちろん、謙虚、調和を考えるという考え方は素敵です。

でも、本当にこのままでいいですか?

自分を愛することで、周りの人をもっと愛せるようになったら最高です!

自分をないがしろのままでは、他人のことを本当に愛せないです!

 

自分を愛せている人こそ、他人を愛せています。幸せに満ちています。

 

だから、まずは、あなたの大切な人のためにも自分を1番に愛してみませんか?

フランス女性のように凛と美しく生きていきましょう!

セッションに申し込んで受けることでどんどん自分を愛せるようになる

 

♢受けることでどんどん自分を愛せるようになるセッション内容♢

90分間の個別セッションになります。お悩みなどを伺いながら、あなたに合わせた

方法でフランス女性の自分の愛し方をお伝えします。

 

  • フランス女性の生きかた、考え方を伝授
  • なぜ今の自分を愛せないのか
  • 自分の好きなところ、嫌なところと向き合う
  • 自分の愛し方を伝授
  • どんな自分でいたいのか未来をイメージ


セッションに申し込む

♢すでに受講したの声♢

「フランス女性の強さ、美しさはどこからきているのか不思議だったが

よくわかった。自分にできることもたくさんあったのでこれから実践していきたいです」

40代 主婦

 

「自分を1番に考えると甘やかしているような感じがしていたけど、それと、自分を1番に愛することは違うことがわかってすごくよかった。自分を愛していきたいです」

30代 ピアノ講師

 

「軸を持つ女性になるには自分を愛すること、認めることが必要だとわかりました、

見つけた軸に沿ってやっていきます」

40代 手毬作家

 

「フランス女性の行き方は本当に参考になったし、これからももっと知りたいと思った

自分で自分を変えていくことができることが知れた」

20代 理学療法士

 

「自己否定ばかりしてきた日々が今では自分を愛することを先に考えるようになり、生きることが楽になりました。人生が変わった、そんな感じです」

30代 介護福祉士

セッションに申し込む

たった1度の人生なのに、誰かのために生きたりするのはもう終わり!

自己否定しかできなかった私だからこそ伝えられるものがあると信じています!

 

♢よくある質問♢

Q.  何か用意しておくことはありますか?

A.  特にございません。そのままのあなたでいらしてください。

 

Q.  分割でのお支払いは可能ですか?

A.  申し訳ありません。一括のみでお願いしております。振込、paypalの2つの支払方法をご用意しています。

 

Q.  子ども連れの参加は可能ですか。

A. 申し訳ございません。お子様がいるとどうしても母である自分になってしまいます。

1人の女性として受けていただきたいので、お子様との参加はご遠慮ください。

 

さぁ、もっと自分を愛して

たった1度の人生を楽しみましょう!

 

今回は限定5名の募集です!

1ヶ月のフォローがあります!

LIEN、メッセージなどでの相談を受け付けます。

 

♢サービス詳細♢

【ご利用方法】都内にて90分の個別セッションです。

【日程】

  •   9月13日(木) 10:00-11:30
    12:00-13:30
  • 9月14日(金) 14:00-15:30
  • 9月16日(日) 18:00-19:30
  • 9月22日(土)   10:00-11:30

【価格】12000円(税込)

お支払いは、ゆうちょ、銀行振込、PayPalをご用意しています。

(振込手数料、PayPal手数料600円のご負担をお願いしています)

 

お申し込み前にこちらもご確認ください。

  • いかなる場合もキャンセルできませんことご了承くださいませ。
    (お子様の体調不要などの理由で日程変更は可能ですご相談ください)
  • お申し込みより翌日より3日以内(銀行営業日)にお手続きください。

 

人生がもっと楽しくなる!

読むだけで自分を愛するコツがわかるメルマガ配信中!

 

➡︎読むだけで自分を愛するコツがわかるメルマガに登録する

 

 

 

 

 

自分を愛していいんだよと友人に言いたい!

あっという間の4時間。

その中で、フランス女性の生き方、

自分の認めかた、許しかた、愛し方が学べて

生きることが楽になるヒントがたくさんでした。

フランス式セルフコーチング

 

前回の名古屋開催に続いて、

25日、東京にてフランス式セルフコーチングパーソナル講座を行い、

2人の認定講師が誕生しました!

間に外に行ってカフェで30分の休憩を挟みましたが、

休憩中も私たちずっとずっと語っていました! @フクモリ馬喰町店

 

 

一番盛り上がったのは、「褒めを受け止める」「謙遜について」だったかな。

贈り物をするときに「つまらないものですか」って言っちゃうようね。

 

褒められたのに、つい、

「セールでね安かったの!」なんて言ってしまうよね。

 

受け止めていいんだよ!

「ありがとう!嬉しい!あなたのそのスカートも素敵!」って言っていい。

 

褒めることも、許すことも、愛することも、

自分にできなきゃ、他人にもできない。

 

褒められていないから、褒めれません。

それは勘違い。

あなたがちゃんと褒められたことを受け止めていないから!

 

そんな気づきをお伝えしながらの講座でした。お二人の感想をご紹介します!

 

Q1 この講座を受けてみようと思った理由を教えてください。

Aさん

 体験会に出席して興味を持ったからです。

Kさん

元々コーチんふに興味があり、体験会に出席して、内容に共感したからです。

Q2 講座内容に満足されましたか?

Aさん

分かりやすく説明してくれたので理解しすく大変良かったです。今日出席できて良かったです。

Kさん

大変わかりやすかったし、とても有意義でした。これからの自分おしたい仕事にマッチして致し、何より内容自体素晴らしかったです。

Q3 今日学んだことをどのように活かしていこうと考えていますか?

Aさん

自分を愛していいんだよ。と様々な友人に言ってあげたいです。

Kさん

仕事に活かして行きます。張り切って活動していきます。

Q4 これから受講するか迷っている人へのメッセージまたは感想をお願いします。

Aさん

自分自身を見つめなおす良い機会になりました。いつもネガティブに考えてけど、自分をもっと認めてあげようと思います。

Kさん

 なかなか自分では気づけない考え方をわかりやすく、端的に知ることが出来ます。自分の生き方にもとてもよく反映されると思うので、ぜひオススメしたいです!

 

フランス式というの内容。

思考についてのところがすごく良かった。もっと知りたいし、

他の人たちも知ったらきっと楽にいきれる!

 

そんな風に言っていただきました。

 

実際に許せなかったことなどを思い出してもらうワークをしながら、

認めるってどういうことかな?

 

という感じにひとつずつ説明しました。

 

でも何よりともかく伝えたいのはただひとつ!

 

  自分をまず、一番に愛してください!

 

だって私たちは、幸せになる義務がある。

幸せになっていい権利を持っている。

 

幸せになるために、かけがえのない人生を送るために

ここにいるのですから

 

笑顔で生きれるほうがいいでしょ?

 

あなたの笑顔をみて家族がハッピーになるよ。

 

幸せは幸せを呼ぶ。

 

背筋を伸ばして、胸張って前を向いていこう!

 

セルフコーチングができるようになるってちょっと得した気分です。

さらにフレンチスタイルを取り入れてみてください。

 

もっとハッピーなことに気がつける。

 

凛と輝いて

自分らしく自由に生きるために

 

必要な土台が作れます!

 

また9月も講座行います!お楽しみに!!

多くの女性に知ってほしい!

お問い合わせ、連絡は info@yuppys.infoまでメールくださいね♪

LINE@に登録からも問い合わせ出来ます!

ユッピーライン

 

 

YUKI

 

あなたの人生なんだよ!

「流れに乗るのもありかな・・・」「成り行きとかもありかな」

という感情は、時と場合を見極めましょう!

だって、たった1度しかないあなたの人生だよ!

身を任せたてもいい時もあります。時間が解決する時もある。

ある程度やることやった!あとは様子を見よう!っていう時は、「身を任せ見てよう」もありです。

 

しかし、

「なんか疲れちゃった」

「もう、若くないし」

「もういいかなぁ」

なんて考えで自分の大切な人生の舵を誰かに任せてはいけません。

 

今まで何度も自分の人生を生きよう!

と伝えきました。

 

よくあるのが、親が引いたレールを歩いてる人。

その後は旦那様のレールに一緒にのかって歩く。

自分で自分のレールを引いていないから、苦しかったり、違和感があるという人。

 

ですから、「もう他人に任せないでそこを抜け出そう!」という思いで、

「自分で自分の人生を歩みましょう」という意味で伝えてきました。

 

先日、「自分の人生を誰かに任せてしまう」

というパターンもあるのだということに気がつきました。

 

結婚、出産をしたいなぁと思っている女性や、(焦っていると危険度は高め)

旦那さんが権力が強い、親のいうことを聞いている方が楽。という方にこの傾向はあるようです。

 

そして、匙を投げてしまった感じ。

楽かもしれない。人に決めてもらった方が責任もないし、

ルーティンをしていればいいし、その相手が望むような状態を保っていればいいのだから。

 

私は、あくまで私の意見ですが、

そんな人生つまらない

そう思うのです。だって、たった1度の人生。誰のものでもないあなたの人生ですから。

そりゃ、大変なこともあるよ。

 

常に選択をしていけばいい。選択をする権利もある

しかし、それと同時にその選択には責任が生じます

 

どんなにカッコイイ彼でも、お金があっても、

自分の意見を言えない相手だったら

ずっと添い遂げられますか?

 

優しい、真面目そうだから。

きっと大丈夫。

 

気を使ってくれている気がする。

周りにも気をつかえている。

 

恋は盲目です。

その気遣いは、社会人なら当たり前な事かもしれない。

本当の優しさはあなたの話を聞いてくれる時間を作る人ではないでしょうか?

 

一緒に人生を歩むというのは

あなたと、彼の人生がそれぞれあって、

同じ未来にいる。同じ未来を共有しているというビジョンが見れるかどうかです。

自分の未来、自分の人生のなかにあなたを歩かせる人は

あなたに自由をくれないかもしれない。

 

あなたが、それで良い。それが良い。

彼が決めてくれたように動いていれば良い。と選択して、責任を取るならそれで良いです。

 

でも、

「私って何?」って一瞬でも思うならあなたの人生の舵を彼に与えている証拠

 

それぞれの人生があります。

人から何それ?と思われても本人が最高!!!と思えていたらそれが正解。

誰もが羨む生活をしていても、本人が何かを抱え苦しかったら・・・・・

 

だから、自分の人生の舵取りは自分でしましょうよ!

 

だって結局、最高の幸せを感じるために誰が何をできる?って

あなた自身しか、あなたへの最高の幸せは与えることができません。

 

あなたは十分に素晴らしい人。

素敵な人。もっともっと幸せになってイイし、もっと笑えるはず。

 

今一度、自分の人生を誰かに預けていないか考えてみましょ!

 

母の引いたレールを生きようとした私だから

こうして、自分で舵を握ることを強く訴えられます。

 

自分で自分を愛することです。

もっと大切にしましょう。

 

しっかり意志を持ちましょう。

凛とした女性を目指す。

全ての女性へ愛を込めて。

YUPPY

 

自分の愛し方、舵の握り方は

フランス式セルフコーチングこちらでもっと詳しく伝えています!

 

 

École d’Yuki