国際女性デーって何?no.3

Bonjour!  みなさんこんにちは、
Salon de YUPPY のユッピーです。
サロン・ド・ユッピーとは・・
『女性が自由に幸せに生きるためのライフスタイル』提案
1. セルフメディカルアロマ
2. No Limits ライフコーチング
3. フランスの哲学、思想などについての超訳
以上の3つのカテゴリーでお届けしています。

3月8日は国連で決まった

国際女性デーです。

では、その国際女性デーって何?

を連載中です。

大まかな仕組みについてno.1

日本でのことについてno.2

 

さてシリーズ第三弾ここでは、

世界における日本をちょっと書きたいです。

みなさん知っていますか?

世界経済フォーラムが昨年発表した

男女格差指数を出して、各国をランキングにしたものでは
 
144カ国中 111位なんですよ!!

 1位アイスランド
 2位フィンランド
 3位ノルウェイ
 フランスは17位 アメリカは45位
 アジアでは シンガポールの55位が最も高い

という結果になっています。

これをね、やっぱり、
ここまで先進国になった日本が111位なんて!
そんな!!!!

となってショックを受けて、
見直して行くべきです!

国レベルで頑張らなきゃいかん!ところ。

そして、個人レベルではどうする?
っていうと、
まずはやはり、
男性も女性も、個々が自分の

「幸せ」「自由」をもっと本気で求める!に貪欲になって行った方が良いと思うのです。
性別に縛られていてはいけないのいです。
本当は男性の中にも、
家で家事をして育児をする方が
自分のやりたいことなんだ!って思っている人がいるかもしれない。

だけど、世間的に、パパが家にいるなんて
恥ずかしい!仕事行ってよ!

そんな風にしてしまっていたら、その人は
「性別」というものに束縛されていると言えます。

国際女性デーと
いうのは、

女性だけがハッピーになれば良い日ということではありません!

ちょっと立ち止まって考えよう。

 

小島慶子が

「男性のしんどいも考えよう」がそういったコラムを書いています。

「女性に限らず、誰も性別を理由に不利益をこうむったり、生きづらい思いをしてはいけないんです」

 

はい、全くもって同感!!

YUPPYが問題だなと思うのは、日本の女性は、

その、なんていうか危機状況を感じていない。

え?そんなになんかいろいろいうこと?

という感じでいるように思います。

普通だと思って過ごしていることが、

普通じゃないこと

たくさんあるんですよ!

 

DVとかになるとみんな気がついて、声をあげるけど、

権利を!という話になると、

。。。。

 

後ずさりする気がする、

 

義務は訴えるのにね

選挙権とか今は女性にもあるから

あんまり実感沸かないよね。

 

なかったんだからね!

憲法にさえ、草案の段階では

女性のことなんて何にも気にも止めてくれていなかったんだよ!

 

これはまた別の時に書こうっと。

止まらないから。

スタバでPCのキーボト打つて速さ、と強さがまして、

隣の人が二度みしたしね笑

 

ということで、

まだまだ女性の皆さん

声を上げていいことって
いっぱいあるんだよ!

大変なのも、女性だけではないけど、

 

だけど、出産とかホルモンバエランスに影響されてしまう。

私たち、女性はやっぱり、

色々あるよね!

 

だけどさ、

頑張ろう!女性のみんな!
そんな日なのです。

HAPPYになろうね!

そんな世界できな日なのです。

 

ミモザの日

ちょっと熱くなってしまいました笑
それでは。

Be HAPPY

ーお知らせー
3月18日 土曜 13時スタート
日仏女性研究学会主催
国際女性デー記念シンポジウム
は予約なしでご参加いただけます!
受付でYUPPYもいますので
是非いらしてください

国際女性デーって何?no.2

Bonjour!  みなさんこんにちは、
Salon de YUPPY のユッピーです。
サロン・ド・ユッピーとは・・
『女性が自由に幸せに生きるためのライフスタイル』提案
1. セルフメディカルアロマ
2. No Limits ライフコーチング
3. フランスの哲学、思想などについての超訳
以上の3つのカテゴリーでお届けしています。

 

サロンドユッピー

 

これは、3月8日の国際女性デーとは何か?

ということでお伝えしているシリーズ記事です。

第一回目 大まかな知識としての「国際女性デーって何?」

を書きました、まだの方は、こちらでチェックして見てくださいね!

日本でどんなことがあったかを書きますね!

朝日新聞DIGITALでは

Dear Girls という特集が組まれていました。

 

これから、大人になる女の子たちへ著名な方からのメッセージがインタビュー記事として掲載せれていました。

 

黒柳徹子、瀬戸内寂聴、伊達公子、西原理恵子などなど

女性はもちろんですが、

 

桐谷健太のインタビューもありました。

今回 トランスジェンダーを扱った

映画『彼らが本気で編むときは、』

にも出ている彼ですが、

インタビュー記事は夢を諦めずに、追いかけるということが書かれていますが、

「人を愛する気持ち、男とか、女とか関係ない」

と最終的に語っています。

 

女優山口智子のインタビュー記事には
実家の旅館を継ぐように親に言われていたことなども

書いてありました。

「自分で選ぶ人生に誇りを持って進めば絶対に大丈夫!

自分の道を作っていくのは自分しかいない!」

とエールを送っています。

 

そのほか、春香クリスティーヌの記事には
「日本では女性自身が、「性別」を重く捉えすぎている」
ということも書いてありました。

女子高生とか、〇〇女子とか、

女子的にはなどという言葉、

スイスではそんな風に性別を意識したことはないそうです。

自分を縛っているものから解放してみたらいい。
自分一人の「個性」として捉えたらいい。と書いてありました。

ほんと、その通り!
つまりは「個人」を大切にする!!これです!
でも、女性はやっぱり、

第二の性として扱われている気がしています。
男性が主体になっている、女性を主体にしろ!
男性より上に行こうという意味では決して、決してありません。
ほんと、未だにここを間違って捉えている人が

多くいるように思うのですが、
例えばわかりやすくいうと、

これは、YUPPYが思うことですが、

「主婦と、主夫両方が半々に存在するような世の中」
になったらいいなと思うんです。

つまりそれは、男性、女性どちらもが同じだけの
収入、責任を持っている時代をいえると思います。

アットホームダットてドラマありましたよね?

2004年くらいに、

あんな風なことが普通にあっていい。
もちろん、両方が同じくらい収入を得るほどの共働きもそうだし。

まだまだ、世の中、
扶養してくれる人は男の人、
そして、女の人は家のこともやり、仕事もして、育児もする。

男の人は、家事、育児を主体でするのではなく
手伝うという仕組み。
そんな風に感じるのは私だけ?

我が家も、まだまだそれがありますからね。
簡単に変えよう!とか言っているわけでなく、
真の平等って、そういうことでは?

どっちもが主体になるということ!

それを目指したい!

私は言いたいのです。そういうことを声をあげよう!

 

というのがこの国際女性デーなんですよ!
それから、

 

ツイッターなどでは#女子だからって言わないで というのが
ついた多くの人の自由を求める声などが上がっていました。

さて次回は、

世界の中での日本をお伝えします!

 

それではBe HAPPY!

 

 

国際女性デーって何?no.1

Bonjour!  みなさんこんにちは、
Salon de YUPPY のユッピーです。
サロン・ド・ユッピーとは・・
『女性が自由に幸せに生きるためのライフスタイル』提案
1. セルフメディカルアロマ
2. No Limits ライフコーチング
3. フランスの哲学、思想などについての超訳
以上の3つのカテゴリーでお届けしています。

 

さて、3月8日が何の日だったか皆さんご存知ですか?

国際女性デーです。

International Woman’s Day

IWDと呼ばれています。

YUPPYはこの日のことを知ってはいましたが、

何かをしたことはありません。

ですが、今年は3月18日に日仏会館で行われます。

日仏女性研究学会主催の国際女性デー記念シンポジウム

があります。

私の受付などで携わるので、

 

「国際女性デーが何か?」ということ

数回に分けておたえしようと思いました!

 

まず、今日は、

 

そもそも何の日で、どんな日なのかを

YUPPY調べで書きたいと思います!

 

まず、国際女性デーは

 

国連が1975年に定めた日です。 3月8日です。

1977年には、国連総会で、加盟国がその国の伝統や歴史に沿って、

1年のうち、1日だけ、女性の権利や、国際平和のための国連の日として

宣言できと採択したのです。

女性の権利、政治、経済活動への参加をサポートしたり、

今までの運動を振り返り、

変革を呼びかけ、国や社会の歴史上すばらしい役割を果たした一般の女性たちの勇気と決断を称える日とされています。

 

また、いまを生きる女性たちにも、変革、何かを起こすきっかけを

与える日でもあるとYUPPYは、思っています。

日本にも、

UN Women 日本事務所というのがあります。

(United Nations Entity for Gender Equality and the Empowerment of Women:ジェンダー平等と女性のエンパワーメントのための国連機関)

 

それから、

HAPPY WOMAN

イキイキワクワクを追求する
女性のみなさんのライフデザインをサポート
HAPPY WOMAN(ハッピーウーマン)プロジェクトというものが今年始動しました。

それから、

YUPPYが大好きで尊敬する、

佐々木かをりさんが代表取締役を務める

(株)イーウーマンが主催の、国際女性ビジネス会議も毎年、国際女性デーに合わせて行われています。

 

これは、働く女性1000人ほどが参加して、10時間ほどの会議

をする場です。

円卓で会議が行われたり、一流書籍の出版があったり、

講師などの、講演を聞ける日です。

 

私はまだ参加したことないですが、

かをりさんのツイッターなどの報告でここ3年ほどはずっと経過を

見ています。

イタリアではミモザの日とも呼ばれていて、

男性が日頃お世話になっている女性、母親、奥さんなどに

ミモザを送ったりするそうです!

サロンドユッピー,ミモザの日

 

何となく、全体像どんな日か伝わりしましたかね?

では、日本ではどんなことがあったり、したりしているの?

ということを次回書きます!

  • UNWoman 日本事務所については こちら

  • HPPAY WOMAN については      こちら

  • 国際女性ビジネス会議については こちら

それではみなさん

Be HAPPY!

 

 

 

意見交換のためのお茶会したいんです!

Bonjour!  みなさんこんにちは、
Salon de YUPPY のユッピーです。
サロン・ド・ユッピーとは・・
『女性が自由に幸せに生きるためのライフスタイル』提案
1. セルフメディカルアロマ
2. No Limits ライフコーチング
3. フランスの哲学、思想などについての超訳
以上の3つのカテゴリーでお届けしています。

意見交換しあう、お茶会します!

日程は3月10日 金曜日11時から、

お店は カフェ・ラ・ボエム

お店の雰囲気がとっても良い、素敵なイタリアンのお店です!

参加費はありません。

各自飲食代のみお支払いください。

(さらに…)

人は変われる!

Bonjour!  みなさんこんにちは、
Salon de YUPPY のユッピーです。

サロン・ド・ユッピーとは・・
『女性が自由に幸せに生きるためのライフスタイル』提案を

1. セルフメディカルアロマ
2. No Limits ライフコーチング
3. フランスの哲学、思想などについての超訳

以上の3つのカテゴリーでお届けしています。

私ここ数年変化、進化に勤しんで来ましたが、

2016年が一番見た目も、中身も変わりました。

私、YUPPYのこの一年間の変化について大公開します!

(さらに…)

École d’Yuki