ココ・シャネルに魅せられて

Bonjour!
愛らしく自由に充実したワタシを生きる
フランス式コーチングのYUKIです。

 

私がココ・シャネルに興味を持ったのは忘れもしない中学3年生の時。

『週間地球の歩き方』という雑誌が当時あって、

そのフランス特集になるたびにお小遣いで買っていました。

 

ある日飛び込んできた一つの写真。実物とは違うけど、

こんな感じ↓↓ 確かアレクサンドル3世橋だったと思う。

エコールドユッピー

 

私の中で当時パリって言ったら華やかなものだと思っていた。

で、シャネラーとかメディアで賑わっていたからシャネルというものに

好印象はなかった。ケバいなぁ。って思ってた。

 

でもそこで取り上げられていたシャネル創設者ココ・シャネルは

全然違ったことに驚いた。

 

「なんだか、この人、かっこいい。でも哀しそうにも感じる」という印象。

そして1番私の興味をそそった言葉があった。

大きく書かれた文字シャネルの発言とされる文字。

 

私が成功したものは孤独しかなかった

 

純粋だった中3YUKIは混乱!!!

え?こんなに成功している人がそんな悲しいこと言うの?

でもまてよ、成功したってことは「孤独」って良いこと?

 

でこの写真(さっき上で出した写真)のようなこの憂というか

なんというかこの感じは何????

 

なんだこの人!!!!ってすっごく衝撃的で

そこからシャネルについて調べてくて、フランスのもつこの独特の雰囲気、魅力を知りたくて

フランス語を学び始めたのです。

 

高校は外国語学科でした、入試の面接で

なぜ、フランスが好きか?フランス語をやりたいのか聞かれて

このエピソードを話しました。

 

入学してすぐ、「シャネルの子だね」と言われたくらい

あんなことを面接で言う中学生は初めてみたよ。って先生に言われて

いい意味で!目をつけられたらしい笑

 

それからココ・シャネルに関する本、映画を調べまくって

もうかれこれ、20年が経つ。

 

私が大人になって1番しっくりきているのは

山口路子先生のシリーズ

 

先生の解説は私の中にあるものとぴったりで

また、路子先生の言葉も素敵で私にとってバイブル。

ココ・シャネルがなぜ強いかって。

彼女の生きさまが全てを物語っている。

 

彼女はモードだけでなく時代を変えた。

恵まれていた人ではない、

(きっと最後まで何か足りないものがあったと思うし)

自分を信じて最後まで生き抜いた人。

 

気に入らないものを変えていった。

才能も、センスもあったけど、

何より、強かったのは

 

自分を強く信じていたこと

 

絶対に成功する。

嫌なものは変えてやる。と言う強い信念。

 

「あたしならできる」と言う強い確信。

 

これだと思う。

そして生きることへのパッション。

 

退屈よりも失敗を選ぶ人。

 

人と違うことを望む人。

 

強く、そして弱い人。

 

それがココ・シャネルだと思う。

 

 

きっとね、人によっても、またタイミングによっても

シャネルの言葉って響くものが違うと思う。

 

私もその時によって、思い出す言葉、

グッとくる言葉は違う

だけど、座右の銘はなんですか?って聞かれたら迷わず彼女の言葉を答える。

 

かけがえのない人間でありたい

 

 

今日は私のシャネルのへの想いを語るひとり言でした。

最後まで読んでくださりありがとうございます^^

 

こんなことを多く語っているのが

読むだけで愛らしく自由に生きられるメルマガがあります

気になる方はこちらをクリックしてください↓

メルマガに登録する

 

”ワタシ”を生きるということ

自分らしく生きること

これはつまり、他の誰でもない、役割的なのではない

”ワタシ”を生きるということ。

 

いい娘として生きるとか

いい子として頑張るとか。

 

いいお母さんになるとか、いい妻を目指すとかじゃない。

 

他の誰ものない、”ワタシ”を生きる。

 

全力で伝えています

愛らしく自由に「ワタシ」を生きるための

フランス式コーチング エコールデュキのYUKIです!

YUKIのプロフィールはこちらでどうぞ

 

なぜこんなに「ワタシ」とか「自分」とかって熱く言っているかというと、

20年以上、私は自分を生きてこなかったから、

 

母にとっての良い娘として生きてきた。

誰かに好かれたくて作り上げた自分で

本当の自分の気持ちを無視したまま生きていたのです。

 

それは本当に苦しくてたまらなかった。

もちろん体も壊した。

 

そして、「ワタシ」を生きるようになってから

ものすごく人生が楽しい。

 

それに、楽。

楽というのは、チョロいという意味ではなくて

かつて感じていたような変な重苦しいストレスがないから

 

だって人の目も気にしなくなるくらいだから。

 

”ワタシ”を生きるとは?

ただ生きるじゃなくて、どうせなら愛らしく生きたら素敵だなって思うのです!

 

エコールデュキが考える、

愛らしく”ワタシ”を生きるとは、

ズバリ!!!!!

 

喜怒哀楽を受け止めて豊かに表現して生きる

 

これなんです!

 

 

 

上の写真は全部私、YUKIです。全て2018年のもの。

 

どんな私の時も、周りがなんか言っても(悪いことは言われてないけど)

気にしない。そこではなくて大切なのは私自身が、私の喜怒哀楽を

しっかり受け止めているかどうかなの!

 

 

あなたがもし、

「喜怒哀楽は顔にすぐ出ちゃうタイプだから、

表現できているし、自分出せてると思います!」

 

と思っているなら、さらに考えてみて欲しいのです!

その顔に出てしまった気持ちをちゃんと受け止めていますか?

否定していませんか?

 

ここが重要なポイント。

 

顔に出てしまった気持ちをちゃんと受け止めて

その上で表に出せていることをエコールデュキでは”ワタシ”を生きていると言います。

 

あんなことで怒るなんて、泣くなんて私ってば最悪。

と思ってしまったらそれは、

 

受け止めていないことになるんだよね。

 

顔に出ちゃっているということでしかない。

 

ここでエコールデュキ流”ワタシ”を生きるを定義しておきます!

 

 

”ワタシ”を生きるとは

  • 喜怒哀楽を受け止めて表現すること

  • 自分に素直であること

  • 自分を1番に大切にしていること

である!

 

 

そして、それを豊かにできている人が愛らしいのである!!!

 

愛らしく自由に充実した”ワタシ”を生きる

を伝えるにはやっぱりフランス式が最高の!!!

 

フランス式が最高である理由!はこちらの記事へ♪

 

 

 

ちょっとだけ今の生活を素敵にしたい人はスタバのセミナーがオススメ!

Bonjour! 愛らしく自由に生きるフランス式コーチング

École d’Yuki のYUKIです!

 

今日はちょっとおもいっきり自分の趣味のための時間を過ごそう!と思って

スターバックスのコーヒーセミナーに参加してきました!

もともとコーヒーが大好きな私。

ちょっと詳しくなれたら楽しいかも!注文しやすいかも!と思って、

それから、

インスタで見かけたお土産が可愛くて惹かれちゃったの申し込んでみました♪

実際今回いただいたお土産がこれ▽▽

3つのアイテムをもらいました!

①ピンクのお皿2枚、②グアテマラ CACI CIELO というコーヒー、

③COFFEE PASSPORTという、コーヒーのことが詳しく載っている手帳!

すっごく詳しく載っています。日付とサインをもらいました!

何回か行くと、手帳カバーがもらえるらしい!

 

私が参加したのは、東京スカイツリー・ソラマチ東6階店

で行われた、フードペアリング!

 

  • 酸味、こく、香りについて知る。
  • チョコレートと合うコーヒー探し。

などを学びました!

 

この店舗のスタッフの方がチョコレート検定をもっている方がいて

その方から、カカオについてチョコレートについても教えてもらいました!

 

昔から

コーヒー→神様の飲み物

チョコレート→神様の食べ物

 

と言われていたんだって!

チョコとコーヒーってやっぱりなんだか関係あるんだね!

 

まず、「香り」「こく」「酸味」を知るために

ジェリービーンズ、牛乳、オレンジジュースなどを使って

 

どういうことが「こく」というのか?なども

教えてもらいました。

 

今まで、わかっているようで

分からないでいたことがクリアになってレベルアップした気分になりました。

 

「香り」はやっぱり大切で、

味覚より、「香り」で人は味の印象などを覚えているんですって!

何かを思い出す「香り」ってありますよね?

 

おばあちゃん家の香りとかさ、

大好きだった人の香りとか・・・・

 

私は、小さいころ大好きだった

たい焼き屋さんの香りが忘れられないでいます笑

 

コーヒーを4種類のみました。

最初は3つ。

 

このシールはもらった手帳の各項目のところに貼りました。

  • グアテマラ 程よく酸味がある感じ。深い感じがしました。チョコレート合う!
  • エチオピア 酸味が強いのがわかりました。そうそうエチオピアってコーヒーの木を植えてるんではなくて生えてるんだって!
  • スマトラ  こくがある感じ。飲みやすかったです。

 

この中では私は、今回は、グアテマラがよかったのか、

グアテマラだけ減りが早かったです。お代わりしたくらい。

 

「香り」「こく」「酸味」がわかったら

お待ちかね!フードとあわせる!!

アメリカンスコーンチョコレートチャンク

ホワイトチャンク&マカデミアクッキー

が出てきました!

 

ひとつずつコーヒーと合わせながら飲んでいきます。

グアテマラはチョコとホント相性よかった!

マカデミアクッキーって1度食べたことあったけど、

こんなに美味しかった?と思うほどすっごく美味しくて、特にエチオピアと合う!

(個人的な感想ですけどね)

 

そして!お待ちかね!ザッハトルテとのペアリング❤︎

 

ちょっと、これ、すっごくおいしかった!

今までどうして食べなかったの?って反省したくらい!

私は、カフェベロナとの組み合わせが大好きでした!

エチオピアとも、アプリコットシロップがケーキの真ん中に入ってるから

すごく相性良かったですが、

カフェベロナと、ホイップつけ食べるザッハトルテは最高❤︎

 

思わず笑顔になっちゃう^^

 

もちろん1人で参加したから、

みなさん初めましてだったけど仲良く、

美味しいですね!って言いながらお話もできて、

 

コーヒーについて知れて、

楽しみ方を知ったから、なんだかレベルアップした気分。

 

いつも何気なく注文しているコーヒー

「本日のコーヒーは〇〇と、〇〇の2種類です」

とか言われてもよく分からなかったけど、

 

なんかちょっとこれからは気分とかで、

「じゃこっちにしてください!」って言える気がする。

 

それってなんか嬉しいすよね?

そう、ほんのちょっとだよ、ほんのちょっとだけど、

人生が楽しくなるスキルを手に入れた!そんな感じ。

 

大したことじゃないけど、このちょっとした人生の楽しみって大事じゃない?

 

だってさ、人生ってたった1度で、

当たり前だけど、どんどん過ぎていくんだよ。

 

せっかく生きるんだもん!

楽しみたいじゃない?ワクワクしていたい。

 

なんだか過ぎていくとか、

苦しんで日々を終わらせるなんて寂しいよ。

 

自分で人生はいくらでも楽しくできる!

趣味があるって楽しみやすい!

 

コーヒー嫌いじゃないなら、

ぜひ、スタバのセミナーはおすすめ!

お土産もあるし笑

 

参加費は¥3000でした。大満足でしたよ!

また違う内容のセミナーも受けたくなりました。

みて!私のこの笑顔 

ちょっとだけ今の生活を素敵にしたい人へとってもオススメでした!

 

もっと自分を好きになりたい女性集まれ!

【新年!ランチ会のご案内】

もっと自分を好きなりたい女性集まれ!
一緒にガレット食べよ!

ガレットはフランスでいう、クレープです!

一緒にオサレなお店でガレットを食べながら

テンションもあげて、
自分への愛度(ラブミー度)もあげて2019年をいい年にしましょ!

▷こんな女性におすすめ!

・もっと自分を好きになりたい
・新年のスタート乗り遅れた!
・スッキリしたいことがある
・背中を押して欲しいことがある!

▷そんな女性がこのランチ会に来ると
こんないいことが!

・今よりもっと自分を好きなれる。
・テンション、モチベーション、女度も上がる
・スッキリする
・2019年いいスタートが切れる
・無理にリア充を作らなくても、充実する1年にできる!

▷日時 1/26(土)11:30-13:00
場所 ブレッツカフェ クレープリー 表参道店
都渋谷区神宮前3-5-4
お店のHP http://www.le-bretagne.com/

▷参加費 ¥4000(ガレット、ドリンク代込)

▷お申し込み方法

LINE@より、
「ランチ会参加」と返信してください。

LINE@登録がまだの方はこちらで登録できます!

お振込先をお伝えしますので、
銀行営業日3以内にお振り込みください。

キャンセルはお受けできませんのでご了承ください。

定員4名ですのでお早めにお申込みくださいね!

単純にYUKIに会いたかったでもOKです!

一緒にガレット食べよ❤︎

ユッピー卒業宣言

暴露します。

ありのままで、ありのままで。

伝えてきたのに、

私自身が「ユッピー」ってキャラクターを演じていた。

 

もともとね、社会人の時、取締役が女性で

私にあった時、「ユッピー!」と名付けてくれたのです。

ニックネームがついたこと、すごく嬉しかったし。

そのおかげて、社内の皆様に可愛がっていただけた。

結婚、出産後、子育て英語講師としてデビューするときに。

「先生」ってのは嫌だったし、

私はまだそのとき、24歳くらい。

生徒さんに当たるママさん達の方が年上でやりにくいのもあって。

 

英語で遊ぼうのお姉さんみたいにやっていこう!って決めて

そのニックネームのユッピー!を使うようになりました。

ユッピーはめっちゃ元気!テンション高い!

もちろん、嘘じゃない。

 

人にも覚えてもらいやすいし。

 

現在の児童英語教室でもユッピー!

これはこれからも変わらないし、

そのほか、今ユッピーって呼んでくれている人はそのまま

ユッピーと呼んでくださいね。

 

嫌じゃないから!

 

でもね。今年35歳。

もっと本格的にフランスについて、女性の生き方について語っていこう

と心に決めてから、

 

本当の自分と、ユッピーのイメージが(自分自身が作り上げたのだけど)

ちょっとズレてきた。

ユッピーってキャラにならなくても、もう堂々とやっていける。

YUKIって名前がちゃんとある。

 

私は自分の名前がすごく好き。

名前なんてどうてもいいのだけど、

 

ちょっと、元気いっぱいテンション高めのキャラは卒業。

 

人と話すことが大好きだし、喜怒哀楽が激しい。

だから、他人から見たら違いはないと思いますが、

 

私の中ではちょっとユッピーでいることに疲れちゃったのかもしれない。

 

だから、屋号も変えました。

École dYuki

フランス語読みをすると エコールデュキ

本名に戻り、ありのままで本当に生きていく。

というか、本来の私を出して生きます。

 

下品なことは大嫌い。

でもツンとして偉そうにするのも大嫌い。

 

ちょうどよく品良くありたい。

気高くなくていい。

 

「ゆき」の由来。

私が生まれる前に亡くなった

祖父母の家のそばの「ゆきおばあさん」は

とても優しくて、品もよく、人に好かれる、

身も心も美しい人だったそう。

 

祖母はいつも、初孫だし、私と弟しか孫がいないからもあってか

私をべた褒め。

 

本当に、ゆきちゃんは、あのおばあさんのように成長しているね。

ってずっと、ずっといってくれた。

 

直接は魅せられなかったけど、早く結婚したから、ウエディング姿も見せれることができた。

その翌年、祖母は他界。

 

ゆきちゃんはね、おばちゃんの自慢の孫だよ。って

どんなときも言ってくれていた。

 

たっぷり愛されていた。

なのに、私は、10代

その「ゆき」の存在を何度も消そうとした。

 

そして大人になっても、ユッピーになって

どんどん「ゆき」を置いてきぼりにしていたそんなん感じた。

 

それなのに

みんなに、そのままでいいんだよ!

なんて言ったって説得力ないですよね。

 

違和感。

ユッピーであること

キャラにならないとやっていけない自分に苛立ちなどもあって。

 

もう一度自分の声をよーく聞いたの。

自分をしっかり大切にして愛することにしたら、

 

「卒業しよう」って思えた。

 

もう、そのままの私で本当に生きていきます!

「ゆき」という名前は一生変わらないものね。

 

祖母が愛してくれた「ゆき」に戻ります。

何かあった時も、「人よりね、少し感受性が豊かなだけよ」と言ってくれていた

 

父方祖母なのですが、

別にうちは、お金持ちでもなんでもない。

普通のお家。家も小さな平屋。

でも、祖母は気持ちかたの気品を教えてくれました。

 

フランス人は小さな頃から、

布とか、良いものはな何かを知らずのうちに教わる。

先祖代々のものとか、良いリネンとか。

 

特に、そう言ったものって何もないけど、

どちらかといえば貧しい田舎のおばあちゃんだったけど、

ちょとそのフランスの感じに似ていて、

この軸は私は父方の祖母に教わったと思っています。

 

母方の祖母はちなみに熊本で元気に生きていて、

彼女はユーモアと、明るさを教わってる!

 

母からの愛をもらっていないと思い込んでいた頃、

祖父母が有り余るほどの愛をくれていたことそれに気がつけないでいた。

 

でね、今は母の愛も、

祖父母の愛も、今たっぷり感じている。

 

だから、もう怖くないなって思うのです。

私ってちゃんと愛されていたのに、

私がそれを認めていなかったし、

 

何より私自身が、私への愛が足りていなかったな。

 

てまた気が付いた。

 

たっぷりたっぷり愛して生きます。

 

実はねこのこともっと早く気が付いていた

でも、暴露する勇気がなかった。

 

でも今日は思い切って伝えてみました。

ただの宣言です。

 

認めるってね

やっぱり簡単じゃないんだよね。

 

だから、今自分を愛せない人の気持ち

手に取るようにわかる。

 

愛しているようで否定してたりね。

 

だからこそ、だからこそ、

伝えたいから

限定のセッションもやるのです。

 

一人一人しっかりお話を聴きながら行いたいなと思って。

このセッションでじっくりお話を聴きます。

 

私の経験、学んできたもの全てを使って

私のような遠回りしないように

自分を愛せる人になる道へ案内します!

受けるだけで自分をどんどん愛せるようになるセッション

一緒にありのままに戻りましょ!

 

愛を込めて

エコールデュキ

YUKI

 

École d’Yuki