私は泣かなかったー大人の読書感想文ー

正直に言います。

この本を読んで涙がとまりませんでしたとか、

5年生とは思えぬ言葉で・・・

と言う言葉に首を傾げました。

 

私のまず最初感想は、

やっぱりそうだよね!私たちって幸せになるために生きてるのよね!

輝いていいんだ!楽しんでいいのよね!

そんな確信を得たという感想です。

すみれちゃんは今は6年生。

でもそんなことはこれっぽちも関係ない。子どもとか、小学生とかどうでも良い話。

だから5年生とは思えぬ・・・と言うのは疑問。

キャッチーだしこのタイトルを批判しているとかそう言うことではありません!

かみさまは、小学5年生 アマゾンでも買えますよ!

 

私がこの本を開いたのは、教え子が読書感想文の講座に持ってきたので、

彼が書いている間に拝借。

 

「そーう!そうだよね!!!」となんども言ってしまった。

生徒ちゃんにとっては

ユッピー静かに!集中できないよ!! 状態になるほどでした。

 

私だけじゃないと思いますが、

多くのコーチ、カウンセラーさんたちが伝えてきてることが

お墨付きとなったような感じです。

 

信じる。信じないの話を超えちゃうくらい

納得の内容。

 

すみれちゃんは、オーラが見える。かみさまの声が聞こえる。

胎内記憶、前世記憶、かみさまの国のことが伝えらえれる子。

 

かみさまは言葉をみんなに伝えるために、

胎内記憶を覚えいる子が増えていくから、その先駆けにと今

すみれちゃんと今世に贈った。

 

この本はすみれちゃんの体を使ってかみさまの言葉も書いてあるのと、

インタビュアとの対談形式にもなっています。

 

信じる信じないはちょっと置いておいて

この本にあるすみれちゃんの言葉?かみさまの言葉たち。

あなたは世界にたった1人しかない宝ものだよ。

自分を信じて認めなさい。

自分の言葉が1番の薬

 

心底共感しました。

先日のフランス式セルフコーチングの講座でも熱く語ったことです!

 

陰も陽も大切。

私たちは、もちろん常にハッピーでいられるようしていたい。

でも、思わぬトラブル。

人からの言葉や、悲しい出来事など、天候もそう。

自分でコントロールできないことで落ち込んだり、悲しむことがある。

 

「そんなこと百も承知だからこそ、自分でいい日にしていくんだよ!」

と大好きな女性に教えてもらいました。

 

人生が全てスルスル思うようにうまくいってらつまらない。

人の痛みも感じられない。きっと「思いやる」気持ちも生まれない。

 

だから涙の分だけ強くなれるっていうのでしょう。

 

それから、すみれちゃんの言葉で響いたものは

人間はいい意味でも、悪い意味でも仮面をつけている。でも仮面をつけなくてもあなたを見ている人はきっといる。少しずつでいいら、本当のあなたを見せなさい。あなたは素顔の方が輝いてる

 

仮面に苦しむこともあるのよね。

でも仮面を外す勇気がない。

素の状態で、うまくやれる気がしない。

 

取り付くとったり、着色しなきゃ・・・・

よく見せたり、蔑んで見せたりしている。

もう一度、思い出して見ましょう。

あなたは世界にたった1人しかない宝ものだよ。

自分を信じて認めなさい。

自分の言葉が1番の薬

 

仮面なんていらないよね。

でも大人って厄介だから。

 

簡単に「なるほど!はい外します!」なんて具合には行かない。

 

まずは、外していいという事実を知りましょう。

そして、それはなぜかを受け止めて、それから少しずつ、剥がしていきましょう。

 

そして、本当の意味ですっぴんで堂々と生きて生きましょう!

 

神様、彼女を贈ってくださったことに感謝します!(神様、仏様なんでもいいからありがとう!)

気づきを、大きな気がつきを得たそんな気持ちでいっぱいです。

 

私の気持ちは特に!特に!メルマガに現れます。

だから、読んで欲しい。

(感想文なのにちょっと宣伝入れてしまう。大人です笑)

[myphp file=’template-parts/template-regist_mail’]

それではまた!

 

YUPPY

今、私たちが気がつくべきこと

東京医科大学の女子、浪人生への得点操作。

 

あまりに悲しくて、怒りを感じていました。

やっぱりな、あるよね。

そんな気持ちも少しある。

 

え?今、私が生きている時代は

 

女性が医者の試験会場に行くのを拒まれた

ゴミを投げつけられた

19世紀でしたっけ?

河出書房新社 『問題だらけの女たち』

ジャッキーフレミング 松田青子訳に描かれています。

(画像をクリックするとアマゾンへ飛べますよ)

 

女性差別がまだ残るという事実でもあり、

人権が損害されたということでもあります。

 

フェミニストはもういらない。そんな声も聞きます。

日本では声を上げない人が多い中

 

今回は流石にたくさんの声があがっています。

 

そうよ!女性たちが怒るべきことですよ!

それと同時にやっぱり、女性の働き方をもっともっと改善すべきなのです。

安心して出産しても働ける、復帰できる制度が必要。

 

いいや、これは女性のことに限らず、

男性が育児にもっと参加することができるように、

 

男性にも育児休暇をなんの気兼ねなく取れるようにするなど。

必要なことが山盛りにある。

 

これだけの発展を届けている

世界でもトップクラスの日本です。

 

それが男女のジェンダーギャップ指数では

144カ国中114位ですよ!

 

ニュージーランドでは

首相が出産しました。そして6週間の育休をとります。

NZ首相出産のニュース

 

出産ってさ、命がけなのですよ。

当直などの繰り返しで流産した女性医師も少なくないようです。

 

だから今回の件について

現役の医師たちからは、「納得しないけれど、理解はできる」という声もあるそうです。

男性がいないと回らないのは事実だし・・・とのこと。

 

でも、だから企業だけに限らず、全ての

働き方を見直すべきなのですよ。

医師の人数が多かったら、もっと交代がきくかもしれない。

なのに、医師になる可能性がある人たち、

医師になりたい人たちを潰している大学。

 

そして、女性医師より男性医師がと考えざるおえない

構造、仕組みが何より問題。

 

女性差別についても怒るべきだし、

もっと働きやすい仕組み作りを!!!!声をあげる時なのです。

 

私がずっと軸においてやってきたことの一つ。

日本の女性の意識変化!

 

恵まれてるからつい気がつかないことも多いけど。

私たちってもっともっと、思ように生きていいのです!

仕事だって、家庭なのか、キャリアかなんて本当は悩んだりしなくていい。

子どもを産まない選択だってあり。

子どもを産めなくても責められる必要なんてない。

結婚なんてことに縛られる必要だって本来ないのです。

もっと、もっと拳を突き上げていいの!

そう思って、

 

日本よりも10年、いいや50年は進んでいる

フランスの女性の働き方や、考え方などをお伝えしているのです。

 

今日は、私の想いやら怒りやらを情熱を持って書いてます。

最後に私がしたいことをもう一度再確認したので

書きます。

 

ちょうど昨日読んでいた本があります。

尊敬するボーヴォワールについて書いてある本です。

 

読売新聞社 『わが友サルトル、ボーヴォワール』朝吹登美子

P30にこのように書いてあります

ボーヴォワールは

現在の社会機構の中で女性の地位は、世間で言われるように男性とは対等ではなく、したがって、仕事をする女性、知的創造をしたい女性にとって状況がはなはだ不利であることを分析証明しながら、過去に偉大な女性の創造者がいなくても、未来を背負う女性たちはそれによって気をくじかれてはならない、と励ましているのである

 

この本が出たのは1991年

しかし、この内容は、1966年のボーヴォワールの来日のことなどです。

 

20世紀の話。

52年前にボーヴォワールは日本で講演し、

日本の女性の地位、働き方、暮らし様々なことに興味を示したそうです。

 

変わっていないことはないと思います。

しかし、もっと変わると期待されていたことが日本では改善されていない

 

まだ、差別は残っていたのです。

 

私は、過去の偉大な創造者はボーヴォワールだと思っています。

そして、未来を生きる女性たちは私たち。

 

過去に、偉大な創造者がいるのだから、

彼女たちの想いを伝えていき、今を生きる自分を含めた女性が

もっと羽ばたけるようになれば心底思っていて、

伝えていくこと、

みなさんを刺激していくことが私の使命だとさえ感じてます。

 

今回の医科大の得点操作の問題で

気がつくきっかけになったはず

 

女性たち!!!!!

もっともっと立ち上がっていこう!

 

男性たち!!!

もっともっと本音を出していこう!

 

私、ユッピーは

ユッピー流のやり方で動きます!!!

 

何するか気になるな。

と思ったらぜひLINE@に登録してくださると

情報、メッセージがいち早く届きます!

ユッピーライン

 

 

 

 

 

ユッピーは何者?

ユッピーはなんで、フランス式って言ってるの?

何者?

フランスに長くいたの?

今も行き来きしているの?フランス語の専門家なの?

 

と聞かれました。

 

私は、フランスに1ヶ月留学を15年ほど前にした以来フランスには行ってません。

 

正直なところコンプレックスでした。

企業での会社員経験も長くありません。

 

しかし、フランスのジェンダー論、フェミニズム論などについて

ずっと学んできました。それが中学生で興味を持ってからずっとです。

フランス語は高校からやりました。今では忘れすぎていることが多いです。

2時間ほど話し続けないとうまく脳がフランス語のスイッチ入りません。

フランスがどのように女性解放をしてきたか

権利を求めてきたか。

 

書物を読み、講演を聞き、実際にレポートをかき、

研究者の先生へ質問をし続けてきました。

 

日仏女性研究学会では運営員として動いています。

3年前から交流セミナーの担当をして、報告も上げています。

 

だから生き方、考え方について調べてきたそして

私は、哲学、学んできたことを生活に落とし込んで

自分の人生に入れ込んできました。

 

だからこそ、伝えられることがあります

今のフランスの流行りは知りません。

でも、政治的なこと、経済政策など最先端のことは

耳に入っています。

 

研究学会の先生に言われたことがあります

あなたの素晴らしいところは、学んで終わりにしていないところよ、生き方に反映させているところ実践しているだからこそ伝えられることがあるでしょ。

これは私の自信でもあります。

 

フランス語がすごくできる人ではありません。

長期留学してたとか、今もフランスに行ってるとかでもない。

 

旦那さんがフランス人でもない。

 

私は世に言う、”おフランス”は知らない。そこに興味はないですしね。

 

そして、企業にいたわけではないので

ビジネスのことについて知らないことばかりです。

だから、コンサルはやめました。私が言えることはないと思ったから。

 

でも、私がコーチングをしている理由。

自分が経験してきたどん底、血、涙、味わっているもの経験を持って

同じような悩みがある人に伝えたいから。

 

必死に生きてきた。

生きててごめんなさい、と思いながら

自分を苦しめ、傷つけながら生きてきて、

 

そしてコーチングにより救われた経験。

「生きててくれてありがとう」

私を救ってくれたコーチが言ってくれたこの言葉。

 

「私は生きていい」「生きていてよかったんだ」

そう思えた時の言葉にできない想い。

 

そこから、自分を愛せるようになって学んできた

フランス女性の生き方。

 

これは私が伝えられること。

 

キャリアの積み方はわからない。

ビジネスの成功。

富の作り方はわからないです。

 

ですが、

自分を自分で傷つけて生きると、

大切にしないとどれくらい苦しいか、

辛いかを知っている。

 

だから、「そんなことしなくていい」と言えるのです。

平坦な気持ちでは生きていられない。それがよくわかる。

 

自分を愛してあげること、認める。許すことができると

人生がどれくらい変わるのかそれを知っている。

 

だから、その2つを合わせて、

フランス式セルフコーチングというものを開発しました。

 

つまりはコーチングです。

色がフランス思想。そんな感じ。

 

コーチングは答えをあげません、

導きます。

 

じゃないと、人が1人で歩いていけない、

なんの解決にもならないから。

 

クライアントさんが自分で考え方として、

あり方として変わって、新しくスタートしていけるように

自分自身で答えを出せるように最後までそばにいるのがコーチング。

 

 

そして、自分で自分をコーチングして、

自分の声をちゃんと聞けるようになることがセルフコーチングです。

 

 

学歴、資格、肩書きなど、威張れるものは何一つありません。

でも、

 

私には経験、体験、学んできたことがあります。

感じてきたこと、流した涙はたくさんの人からいただきた

愛。

 

これがあります。

 

個別でも、グループでも直接コーチングもしています。

セルフコーチングの仕方、伝え方をしています。

つまり、

 

今私が一番伝えたいのは

自分で、自分の声を聞くことの愛することの大切さ。

自分で自分を愛さないとどれほど怖いことかと言うこと

経験、体験、感情、学び全てをフル回転させて

伝えています。

 

これは使命だと思っています。

 

それがユッピーです。

嬉しいことは嬉しいと表現したい。

人が好きです。

だから人と話をする事が好きです。

 

テンションも高め、元気いっぱいな時もあります。

決して、無理に笑っているわけではない。

クールにする方が疲れる。

 

だけど、社会的な事哲学的な事を言いたい時は

人が変わったようにもなります。

エコールドユッピー

取り扱いが難しいですね!笑

 

でもね、これが私です。

 

今一度表明しておきたかったので。

長く書きました。

 

伝わる人に伝わると嬉しい。

 

愛を込めて

YUPPY

自分でいい日にするんだよ!

やっぱり常にハッピーでいたい!

そのためには、ちゃんと喜怒哀楽を感じてそして

表に出さないといけない。

いいのよ、だって

いいことばかりじゃないなんて百も承知なんだから!

だからこそ、自分でいい日にしてやるのよ!

そう行って力強く私を励ましてくるのが

すべうまをウォーキングのまゆみさん。

 

 

まゆみさんにやっと会えた新月の金曜日。

私は、エネルギーを上げて置くことって本当に大事だなと感じました。

 

マイナスなことに目を向けてしまいがちだけど、

ないものを数えるのではなくて、

 

一つでもある。素敵なことに目を向けて

そこを楽しむために全力の気持ちを注ぐ!

自分でいいものにしていかなきゃ!

「いい日になりますように」なんて祈ってる場合じゃない!!!

自分で、いくらでも変えていける!!

 

大好きなことのは出版のゆみさんと、

まゆみさんは私のローモデル。

 

素敵なお姉さん。

この2人が私に光を見せてくれた。

勇気をくれた日でした。

 

そのサロンで私も

フランス式セルフコーチングを皆さんにお伝えすることができる!

 

このお部屋は気がいいそうですよ!

それに素敵な人たちがイベントを数多く行なっているんだもの!

 

素敵な出会いが生まれていて、

ご縁がご縁を呼ぶ素敵な場所。

 

ここで、21日 フランス式セルフコーチング体験会をします。

とっても素敵な場所で、みんなで本能が喜ぶような

自分と向き合うきっかけの日にしたいと思っています!

 

エッセンシャルオイルでそれぞれに好きな香りを

コロンにしてもらいます!

 

テンションも、エネルギーも上がった時に作るコロン!

きっとその香りはあなたにチカラを貸してくれるはず!

詳細はこちらをご覧ください!

 

日時 7月21日土曜日 2時スタート!

参加費:3500円

場所:麻布十番のペイントハウス!

 

みんなで、自分のチカラで自分を幸せにしていきましょ!

 

 

 

日々がちょっと上向きになるメルマガ

メルマガ。メールマガジン。様々な情報をお届けするものですよね?

私はお手紙と思ってます。

 

スタイルやら、発行場所を変えてきたけど

でもずっと読んでくださる人を思って、

 

みなさまにお手紙を書くつもりで書いてます。

私ね手紙書くの大好き。

 

ラブレターとかよく書いたなぁ。

でも字が汚いのが問題。昔彼氏に初めてラブレター書いたら

「嬉しかったけど、字が・・・読めなかった、ただ、想いは伝わった」

 

本当に字が汚いのですよ。だからね、

メルマガのシステムは最高!だって

大好きな手紙を汚い字じゃなくて、ちゃんと届けられるのだもの。

 

今まで4年ほどからずっとエールを届けてます。

私自身が救われた言葉をお届けしていました。

私の解釈での解説。超訳と読んでいますが

それを添えて

今を生きる女性へフランスの19世紀から今までの

哲学者、作家などの言葉を送ってきました。

 

時々、30回に1回くらい

私、ユッピーの言葉を送りました。

 

そのとき、

先駆者たちの言葉もいいけど、ユッピーの言葉が一番響いたよ!もっとユッピーの言葉を聞きたい

と言うお返事をいただいたことが多くありましました。

 

でもね、私自信なかったのです、

嬉しいけれど、私から皆さんへはまだ

まだ、そんな。。。。

 

ってね。

トータル200通近く出してきて、

やっと私覚悟できました!

 

自分の言葉をお届けします!

もちろん時々ん引用することもありますが

 

やっと私の軸にあるものが

やっと今表現できそうです。

 

このメルマガを読んだあなたが

ちょっと嫌なことがあった日でも、ホッとして、

「ま、いいか。そんな日もあるよね。明日はきっといい日になる!」

とちょっとだけでも前を向けるように、顔をあげられるように。

 

私は普段コーチングを行う際、

ずっとそばにいます。寄り添ってます。

 

その感じをメルマガでも味わってもらえたら嬉しいです。

いいときは一緒に喜ぶし、

悲しいときは一緒に泣くよ。

 

元気なる情報を

人生を悲しみも全部ひっくるめて楽しめる人になるための

プチアドバイスが送られてくると思っていくださいね。

 

もちろん!無料です!

いつでも返信してお返事や、感想くださいね!

待ってます!お返事がくると本当に嬉しい!

ご登録はこちらです!

こちらの青文字クリックしてください!

Ecole de Yuppyメルマガ

École d’Yuki