ワタシの美学

愛らしく自由に「ワタシ」を生きる

フランス式コーチング École dYukiのYUKIです!

 

告白します。散々、「自分らしく」って言いながら

どうもイマイチしっくりきていなかったのです。

 

「自分らしく」よりもっとピン!とくる言葉があるはず。

 

そしてたどり着いたのは、

「ワタシ」を生きる

 

そこで、ちょっとYUKI節で語ってみたくなりました。

ワタシの美学

10代はワタシを知らない

20代はワタシを探す

30代はワタシを生きる

40代ワタシを楽しむ

50代はワタシを味わう

60代はワタシで魅了する

70代はワタシを振り返る

 

 

自分の中の「ワタシ」10代までは「ワタシ」と自分で一緒だった気がする。

生まれてきてそのまま「ワタシ」に素直に生きていたから。

 

でも少しずつ、周りのことを考えるようになったり、

変に空気を読んだりして、

 

本当の自分つまり「ワタシ」がわからなくなる

その後「ワタシ」と自分の違いを埋めようと、

 

本当のワタシってどんなだっけ?って探し始める20代。

 

そして30代で「ワタシ」がわかってそこを生きたらどんなに楽しいか!

 

40代は言うまでもなくもっと楽しいはず。魅力も増すのが40代!

フランスでは女は40代から素敵、魅力的だとさえ言われている。

 

そして、私(YUKI)の周りの50代は私を味わっている

ゆっくり日々を過ごしているように思う。

 

さらに、60代はなんだか吹っ切ってもっともっと輝いて楽しんでいる。

うちの母親も今とっても楽しそう。

 

70代になったら振り返ってそして自分の歩いてきた道を愛おしく思えたら最高だなって思う。

 

死ぬときに、「なかなかいい人生だったな」って思って

「ふっ」ってちょっと微笑んで死にたいな。

って思うのです。

 

「ワタシ」を生きるをYUKI自身も貫きたいですし、

あなたにも伝えていきます。

 

「ワタシ」を生きるためのヒントは

公式LINE@にて配信中 @2yukiで検索→登録してください!

下の画像を↓クリックしても登録できます♪

 

 

 

長野講演レポ

愛らしく自由にワタシを生きる フランス式コーチング 
École d’Yuki のYUKIです。

先日、長野県岡谷市にあります。LINK LACさんで登壇してきました。

 

誰もが抱いている夢や希望をカタチに。


人がリアルで繋がれる場所を提供しているのがLINK LACさんです。

会場スペースはレンタルスペースとしても利用できるそう!

普段は、女性にお話ししていますが、
男性にもお伝えしてきました!

今回のテーマはこれ!

自分らしく生きるために自分の良さを知る

満員御礼でしたが、私のことも、全く知らない人たち。

「フランス式コーチング」ってなに?

「コーチング」が何?

と言う方が多かったので、

1番にお伝えしたのは、

自分らしさとは何か?

あなたは、どう思いますか?

「自分らしく」生きるって言うけど、だいたいさ、「自分らしく」って何よ?ってね

 

私はお世話になっている東洋大学名誉教授 棚沢先生が私に言った

言葉を当てはめています。

誰にも邪魔をされない自分の人生を生きると言う誇りを持って生きること

 

じゃ、これを聞いて、

自分らしく生きていますか?と言われたらどうでしょう?

と伺いました。皆様一斉に顔を下げられたりして・・・

なので、みなさんに自分の心地よさを知ってもらうワークをしました。

ここで、自分の素敵ポイントに気がつくために。

褒めあいっこをしました。

 

褒められた時、日本人の多くが、謙遜したりして上手にその”褒め”を受け取りません。

それゆえ、「褒められた経験があまりない」と勘違いしている。

 

だからしっかり褒められたことはカウントしないといけません。

受け取り上手になるべきです!

だって、そのほうが伝えたお相手も自分も気持ちが良いでしょ?

 

20名の皆様も受け取り上手になって褒めあいっこををしたら

どんどん笑顔になっていきました。

最初は、あなたの素敵なところを書いてください。という項目が

小さな文字でひとつ書いてあったのが、

このワークの後には大きな字でたくさん増えるのです。

 

自分はこんなに素敵なのです。

だから、こんな素敵な「ワタシ」を大切にしなきゃ!

 

そして、「ワタシ」を生きるのです、それがいわゆる「自分らしさ」につながります。

 

しかし、まだなんだか、納得のいかないご様子の男性陣。

 

ここで、フランス式である理由、フランスの個人主義のあり方、

考え方をお伝えしました。

 

個人の人権が大切。

個人がそれぞれ自分を大切にしている。だからこそ、相手も大切にできる。

この言葉が響いたという男性が多かったです。

「そうか、そう言われたそうですよね?」と納得されたそう。

 

そうなのです!納得することがポイント。

人は納得しないと受け入れないし、考えを変えたりはしません。

 

この日、皆様から、ご質問が多かったのは

「どうしてそんなに明るくなれたのですか?」

私は、気がつくことができたからだと思います。

誰よりも、何よりも自分を一番に大切にしないといけない

ということに気がついたからだとおもいます。

 

身も、心も両方をボロボロに傷つけてきた私だからこそ、

大切にしないとどんな風になっちゃうのかがわかるのです。

存在はしているけど、そこに「ワタシ」はいませんでした。

 

だから、「ワタシ」をちゃんと生きる、存在させるために

自分を大切にするのです。

▷参加者の感想を載せます!

《美容師、アーティスト女性》

一言で言うと楽しかった!
そして、自分らしく生きたいと思っていたので
自信が出ました!~する権利がある
私は、「幸せになる権利がある」と言う思いでやっていきます

《40代 男性会 社役員》

長谷川様のお話しとグループワークを行い、自分を見つめ直す切っ掛けになりました。自分が好きと言う基準を持ち、そこから生活を送って行けば周囲の人も幸せにできるのではないかと考えさせられました。 今、悩んでいる人に是非、長谷川様と出会って頂きたいと感じます。

《30代 女性 ハーヴァリームニスト》

思っていたセミナーと違ってとても楽しかったです。

「自分らしく生きるために自分を知る」ユキ先生自身のことを包み隠さず話していただき、生き方、考え方に共感しました。今、私は自分が大好きです。昔からじゃなく、年々好きになっているのだけども、仕事を辞めた数年前からますます好きです、なので、自分の愛し方は知っていたつもりでした。でも、まだまだ相手の愛し方や、謙遜しすぎてることを学びました。教えてもらったように、まだ恥ずかしさはあるけど、教えてもらった素敵な返事の仕方を試して見ようって思うことが1番楽しいと思える時間になったそんなセミナーでした。

 

女性のみなさんととっても仲良くなりました!

 

 

諏訪湖は初めて訪れたけど、とても優しくて、

寒かったけど、なんだか心がとてもほんわりした日を過ごすことができました。

全国を回って行きたいと思っています。

フランス式コーチングを通してお話しするとスムーズに受け入れられちゃう。

「ワタシ」を生きる大切さを伝えていきます!

お仕事のご依頼はこちらまでご連絡ください。

 

ワタシを生きる

Bonjour!
愛らしく自由にワタシ生きるフランス式コーチング

École d’YukiのYUKIです!

大切なことに気がつきました。
今まで、キャッチコピーの中に大事な言葉を入れ忘れていました。
それはこれ▽▽▽

「ワタシを生きる」

という言葉です。今まで「愛らしく自由に生きる」と謳ってきました。

でもそれでは、足りなかったのです!
「自分らしく生きて!」というメッセージを届けてきたのに、一番言わないといけないことをフレーズの中に入れてなかった。

ここ最近いただくご相談でも、やはり、「ワタシ」を見失っている人が多いことに気がつきました。

まず、ワタシが何を本当は望んでいるかを考えていない。

「こうなりたい」という
未来にばかり意識が
いってしまい、
今の自分を見ようとしない。過去の自分を否定する。

そんな方が多いですね。
「私は〇〇なんでダメなんです」「私なんかは・・・」

といってしまう癖。あなたの中の「ワタシ」が置いてきぼりです。

だから、本当のあなたが「ワタシ」が悲しんでいるのです。

 

その落ち込みや暗い気持ち、ネガティブにいってしまうのは、「ワタシ」が悲しんでいる証拠です。

ワタシを生きるとはどういうことか?

「ワタシ」とはあなたの中の本心、本音、素直な気持ちです。

あなたが、あなたの中の「ワタシ」の声を聞くことです。

ちゃんと、聞いてあげることです。

そして、「ワタシ」の人生を歩むことです。

いい娘、いい妻、いい母親、いい上司、いい友達、いい彼女を生きる必要はありません。

人生の主役は、あなた。
人生の脚本家もあなた自身です。

だから、誰かの人生の役を生きなくていいのです。

かつて私はずっと「ワタシ」を無視していました。気が付いているけど、それよりも、母にとっての良い自慢の娘になることに必死だった。子どもたちの良いお母さんとして周りに認めてもらえるように、素敵なお嫁さんでいたかった。

だから、必死に「ワタシ」は抑えるけていました。

もちろん、それは苦しくてたまらなかった。しかし、それでずっときてしまったから、どうやって「ワタシ」に戻ればいいかわからなかったのです。
勇気がいることだった。

それでも、「この苦しい人生は終わりにしたい」「もっと充実したいし、自由になりたい」「もっと楽に生きたい」という想いでチャンレンジしました。

ワタシに戻るチャレンジ

まず、素直になることです。否定したくなる嫌だなと思う自分も、好きな自分も、こうなれたらいいなと思う自分も全部素直に受け入れました。

良い悪いの判断をせずに受け止めました。

まぁ、この作業が辛かった。

またコラムの中でこの作業について書いていきますね。

それからどんどん過程を踏むと「ワタシ」を取り戻すのです!

 

 

 


 

 

ちょっとだけ今の生活を素敵にしたい人はスタバのセミナーがオススメ!

Bonjour! 愛らしく自由に生きるフランス式コーチング

École d’Yuki のYUKIです!

 

今日はちょっとおもいっきり自分の趣味のための時間を過ごそう!と思って

スターバックスのコーヒーセミナーに参加してきました!

もともとコーヒーが大好きな私。

ちょっと詳しくなれたら楽しいかも!注文しやすいかも!と思って、

それから、

インスタで見かけたお土産が可愛くて惹かれちゃったの申し込んでみました♪

実際今回いただいたお土産がこれ▽▽

3つのアイテムをもらいました!

①ピンクのお皿2枚、②グアテマラ CACI CIELO というコーヒー、

③COFFEE PASSPORTという、コーヒーのことが詳しく載っている手帳!

すっごく詳しく載っています。日付とサインをもらいました!

何回か行くと、手帳カバーがもらえるらしい!

 

私が参加したのは、東京スカイツリー・ソラマチ東6階店

で行われた、フードペアリング!

 

  • 酸味、こく、香りについて知る。
  • チョコレートと合うコーヒー探し。

などを学びました!

 

この店舗のスタッフの方がチョコレート検定をもっている方がいて

その方から、カカオについてチョコレートについても教えてもらいました!

 

昔から

コーヒー→神様の飲み物

チョコレート→神様の食べ物

 

と言われていたんだって!

チョコとコーヒーってやっぱりなんだか関係あるんだね!

 

まず、「香り」「こく」「酸味」を知るために

ジェリービーンズ、牛乳、オレンジジュースなどを使って

 

どういうことが「こく」というのか?なども

教えてもらいました。

 

今まで、わかっているようで

分からないでいたことがクリアになってレベルアップした気分になりました。

 

「香り」はやっぱり大切で、

味覚より、「香り」で人は味の印象などを覚えているんですって!

何かを思い出す「香り」ってありますよね?

 

おばあちゃん家の香りとかさ、

大好きだった人の香りとか・・・・

 

私は、小さいころ大好きだった

たい焼き屋さんの香りが忘れられないでいます笑

 

コーヒーを4種類のみました。

最初は3つ。

 

このシールはもらった手帳の各項目のところに貼りました。

  • グアテマラ 程よく酸味がある感じ。深い感じがしました。チョコレート合う!
  • エチオピア 酸味が強いのがわかりました。そうそうエチオピアってコーヒーの木を植えてるんではなくて生えてるんだって!
  • スマトラ  こくがある感じ。飲みやすかったです。

 

この中では私は、今回は、グアテマラがよかったのか、

グアテマラだけ減りが早かったです。お代わりしたくらい。

 

「香り」「こく」「酸味」がわかったら

お待ちかね!フードとあわせる!!

アメリカンスコーンチョコレートチャンク

ホワイトチャンク&マカデミアクッキー

が出てきました!

 

ひとつずつコーヒーと合わせながら飲んでいきます。

グアテマラはチョコとホント相性よかった!

マカデミアクッキーって1度食べたことあったけど、

こんなに美味しかった?と思うほどすっごく美味しくて、特にエチオピアと合う!

(個人的な感想ですけどね)

 

そして!お待ちかね!ザッハトルテとのペアリング❤︎

 

ちょっと、これ、すっごくおいしかった!

今までどうして食べなかったの?って反省したくらい!

私は、カフェベロナとの組み合わせが大好きでした!

エチオピアとも、アプリコットシロップがケーキの真ん中に入ってるから

すごく相性良かったですが、

カフェベロナと、ホイップつけ食べるザッハトルテは最高❤︎

 

思わず笑顔になっちゃう^^

 

もちろん1人で参加したから、

みなさん初めましてだったけど仲良く、

美味しいですね!って言いながらお話もできて、

 

コーヒーについて知れて、

楽しみ方を知ったから、なんだかレベルアップした気分。

 

いつも何気なく注文しているコーヒー

「本日のコーヒーは〇〇と、〇〇の2種類です」

とか言われてもよく分からなかったけど、

 

なんかちょっとこれからは気分とかで、

「じゃこっちにしてください!」って言える気がする。

 

それってなんか嬉しいすよね?

そう、ほんのちょっとだよ、ほんのちょっとだけど、

人生が楽しくなるスキルを手に入れた!そんな感じ。

 

大したことじゃないけど、このちょっとした人生の楽しみって大事じゃない?

 

だってさ、人生ってたった1度で、

当たり前だけど、どんどん過ぎていくんだよ。

 

せっかく生きるんだもん!

楽しみたいじゃない?ワクワクしていたい。

 

なんだか過ぎていくとか、

苦しんで日々を終わらせるなんて寂しいよ。

 

自分で人生はいくらでも楽しくできる!

趣味があるって楽しみやすい!

 

コーヒー嫌いじゃないなら、

ぜひ、スタバのセミナーはおすすめ!

お土産もあるし笑

 

参加費は¥3000でした。大満足でしたよ!

また違う内容のセミナーも受けたくなりました。

みて!私のこの笑顔 

ちょっとだけ今の生活を素敵にしたい人へとってもオススメでした!

 

読むだけ自信のつくコラム②

自信がないんです。自信が欲しいんです。

という人へ、今日は「自信」という気持ちについてお伝えします。

その前に、「自信」がない今の状況を把握しましょう!

何においても準備が大切。詳しく知りたい方はこちら↓↓↓

こちらの読むだけで自信のつくコラム①をご覧ください!

 

人が羨ましく、眩しく見えてしまう症候群から抜け出せたら、

いよいよ次のステップです!

 

 

あなたは、「自信」という言葉を、

どのように捉えていて、どんな自信が欲しいですか?

 

自信をちょっと、

威張れるもののように思っていませんか?

資格がないからダメだとか、

 

何も達成できてないし、自慢できるものがないから・・・

 

そう考えてしまう理由は、これです↓↓↓

「自信」の捉え方が社会基準だからなのです。

 

私の尊敬するフランス人作家(哲学者)シモーヌ・ド・ボーヴォワールは

以下のように考えていました。

「社会で何かの役に立っていたり、地位についている自分を評価している。

自分に地位いや、役割を与えてくれる社会からの価値と目的を信じてしまう。

そして、そこに相応しいように生きようとする」

 

ちょっと難しい言い方をしていますが、

社会の地位とか、役割とかを自分の評価の基準にしているから

「自信がない」「私なんか」って言ってしまうのよ、

自分基準になれば、そんなこと思わない。

自分を信じることができるかどうかよ、

神のためにも、社会のためにも生きる必要はない!

自分自身を信じることから出発して、

自分のための人生を生きましょうよ!

 

というのがボーヴォワールの考えなのです!

 

自分を信じる

もしくは、自分を信頼するのです。

 

もしも理想の生き方があったら、

「私にはその生き方ができるはず!」と信じる。

「私にはその力がある、私ならやってくれる」という信頼感を持つことです。

 

 

自信のない人へ 自信を持つためのレシピ♪

  1. 他人を羨んでいる自分の今の状況を把握する

  2. 自信がないって何に対して言っていたかな?と振り返る。

  3. 社会基準の考えは捨てる。

  4. 自分を信じる。

今までは「自信」の捉え方が間違っていただけで

あなたには「自信」はきっとあります!

自分を信じで生きましょ!

P.S

公式LINE@やってます。

まず、ネガティブ脱出がキーなので

『ネガティブ脱出術』PDFを無料プレゼントしています! 

公式LINE@に登録して『ネガティブ脱出術』をもらう

École d’Yuki