Bonjour!
子どもの英会話.大人の語学指導を行う語学サロン

メディカルアロマ、フランス哲学から学ぶ

自分らし自由に幸せに生きるため
ライフスタイル提案サロン

Salon de YUPPY
代表のユッピーです。

気持ちの良い天気!
気分も上向きになりますね!

さて、さて、
私は日仏女性研究学会という
研究学会会員なのですが、

この度交流セミナー担当をしています!

今回は、
こんな企画があったらいいな!

という私の意見を

つまり、研究者でない人の
してみたいことが 反映されたのです!

ボーヴォワールを語るとき、
私は、女性解放と同時に、「他者論」という

言葉が浮かびます。

これは、

つまり、主体になる人がだれかいて、

そうじゃないもの、
除外されるものが必ずあって。

つまりは、女性はその他者だってことを
ボーヴォワー論じていくのですが、

他人がね、
相手がどんな人かって決めるのは

自分で、その決め方の選択にたいして
自由と、責任があるんですよね。

で。同じように相手も、
自分をどんな人って決めている。

お互いお互いの存在を位置つけているのです。

すっごくわかりやすく言うと、

あの人が私を好きらしい。
って噂とかできいたら、

なんでもなかった人なのに、
ちょっと、その人の前にでるとき。

前髪直しちゃう。

みたいな。

相手が自分を好きかもしれない人。
と位置つけた瞬間いろんなことが変わってくる。

で、
で、

女性って、どうも、
女性内のなかで、その位置つけをしたり、

グループに分けてみたり、
さらには

それでランクを作ってみたい
するのがお好きなよう。

ちなみに私はそれのグループが苦手。

ま、

それは、さておき、

白河桃子著
『格付けしあう女たち
「女子カースト」の実態』

には、現在のあらゆる、
女子カーストについて書かれています。

実際そこにあることを
感じている人がどれくらいいるか?

じゃ、カーストなんかに
負けずに

他人が勝手に自分を位置つけたことに
まどわされず、

自分をしっかりもち、
逆に

自分が相手を位置につけて、
キニシナイ。

そうなるためにはどうしたらよいのか??

といことを、参加者の皆さんと話し合いたいと思っています!

その際に哲学から考えてみたり、

歴史からヒントを得れることは沢山あると思います。

日仏女性研究学会会員の方の
それぞれのご専門知識を

おかりして

参加したみなさんがスッキリして
帰宅できるようなそんな

交流セミナーを目指しています!

■日仏女性研究学会会員交流セミナー■
ボーヴォワール著『第二の性』から読み解く他者論
――誰かを他者にする女たち――

日時 11月19日 土曜 14時〜16時半
場所 日仏会館 509号室
参加費 500円

司会:吉川佳英子(京都造形芸術大学)
                    
1. シモーヌ・ド・ボーヴォワールの「他者」と『第二の性』 
                          木村信子(明治大学)

2. 『格付けしあう女たち―「女子カースト」の実態』(白河桃子著、2013)を読む
   ――セミナー参加者たちとの交流――               
                ナビゲーター:長谷川有紀(日仏女性研究学会会員)
  
——————————————————————

Bonjour!
子どもの英会話.大人の語学指導を行う語学サロン

メディカルアロマ、フランス哲学から学ぶ

自分らし自由に幸せに生きるため
ライフスタイル提案サロン

Salon de YUPPY
代表のユッピーです。

週末に行った、

作家山口路子先生の
ミューズサロンで感じたこと。

書きたいことがまだあるので
連続投稿しちゃいます!

前半、
星野和彦先生のショービジネスについてのお話などは

こちらで読めます。

さて、星野先生がお帰りになり、

サロンに路子先生、私をいれて
4名になったとき

こんな風に語らえる場所があったなんて

というか、

路子先生が隣にすわって、
一緒に話している!

路子先生が入れてくださった
コーヒーとかブラックチャイを飲んで、

おすすめの蜂蜜チョコーレートを食し

そして、素敵な方たちと語る。

この幸せな時間。
これもあっという間でした。

この空気感。
照明感、家具もすべてにうっとり。
写真は、加工して明るくしたんです。

部屋はこんなに明るくはありません。
それが良くて。

まだ公にしてないけど、
先生に伝えたくて

私の中ではビックニュースを
話したら!

「すごいじゃない、よかったわね」

って喜んでくださった。

あぁ、思い出しただけで泣ける。

11月に私が担当する
日仏女性研究学会の交流セミナーにも

興味をもってくだったし。

胸がいっぱいすぎて!
なのに、

ありがとうございました。

とし表現できなかった自分が悔しい。

そんな

いろんな話しのなかで、
「悪女が好きな方がいてね」

みたいなことがでてきて、

「え???悪女!?」

と私が言ったら、

路子先生が
「あら、ゆきさん好きだと思うよ。」

って…。

一瞬、????
だったけど

その意味をすぐに理解しました。
そして、今納得しています。

私の好きな女性たち。

ジョルジュ・サンド
ココ・シャネル
シモーヌ・ド・ボーヴォワール
エディット・ピアフ
フランソワーズ・サガン

何を持って悪女とするかわからないけど、

世間一般が、巷が

変わっている。
破天荒。
スキャンダラス。
悪女。

そんな風に呼ぶ

人ばかり。

「ヴィオレット・ルデュックも気になるんです。」
なんて言うから

余計だよね。

星野先生もボーヴォワールのことを
悪女のように言っているように感じたし。

昔、ある方に
「尊敬しているボーヴォワールは
尊敬には値しないのよ。」

そこまで言われたこともあるし。

なんとなく、昨日
もう一度路子先生の書いた
『マリリン・モンローという生き方』

を読み返したくなって。
読んだら、

しっくりくる路子先生の言葉を発見。

詳しくはp13〜p15辺りを読んでくださいね。

路子先生が
マリリンを書こうと言った時
周りからはマイナスの反応が多かったそうです。

3度も離婚して、麻薬とアルコールに
お溺れた、そんな人たから何を学ぶの?

そう言われて、

路子先生の
書きたい気持ちは強まり

「ひとりでも多くの人に伝えたい、届けたい。

ひとりの真摯に生きた女性の人生を」

と思われたそうです。

この2、3ページの
言葉に、

そう!
そうなの!そういうことなの!!!

さすが!だから路子先生が好き!

そう思ったYUPPYは
(その感動を路子先生に伝え済み。)

常識破りなこと
を評価しているわけではなくて、

とういうか、
特に日本はスキャンダラスなことばかりに

目を光らせている気がするし。

サンドだって。

ショパンを惑わしたとか、
そんんことばかり。

魔性の女とか…

ちがーう!!
そこじゃなくて、

彼女たち自身の
生き様をみて!!!

そう強く想う。

ということで、

YUPPYは悪女が好きなようです笑。

この勢いで。
今週のメルマガは
マリリン・モンロー絡みでエールを
お届けします!!

火曜日までに登録していただけると、
今週の配信に間に合います!

■無料メルマガ■
YUPPYの想い
たっぷり詰まったメルマガ!
新YUPPY通信!

自分らし自由に幸せに生きるためのエールをお届け!

♦︎毎週水曜日夜8時頃 お届けします!

♦︎実際YUPPYにとってエールとなって影響があった言葉をお届け!

みなさんにとって響くものが1つでも見つかって、エールになったら最高です!

♦︎メルマガ読者優先のお知らせなども満載です!ご登録はこちらでおねがいします!

Bonjour!

子どもの英会話.大人の語学指導を行う語学サロン

メディカルアロマ、フランス哲学から学ぶ

自分らし自由に幸せに生きるため
ライフスタイル提案サロン

Salon de YUPPY
代表のユッピーです。

先週からいろんな変化が起こっています。
いろんなことが動き出していて、

ワクワクでいっぱいです。

週末は、素敵なことがきまった打ち合わせがあったしね。
それまたゆくっり書きます!

土曜、
YUPPYが大好きで尊敬する
作家山口路子先生の

サロン
「山口路子のミューズサロン」
へいって参りました!

ずっと行きたかった。

路子先生のサロン。

もうね、

イメージ通り。

間接照明と、家具の調和感。
現実を忘れられる世界でした。

やさしく、そして強く流れるBGMは
エディット・ピアフ

今目を閉じても
まだあの空間の空気。

色、全てを思い出してうっとりしてしまう。

さて、
今回のミューズサロンのゲストは、

星野和彦先生。

テーマは
『星野和彦の巴里、ショービジネスの世界
ー黒猫からムーラン・ルージュ クレイジーホースまで』

星野先生の経歴が過ごすぎて
どう書けばいいのか・・・

演出家で、パリのムーラン・ルージュで演出をされた方で

クリスチャン・ディオール、
SKD松竹系歌劇団、テレビ朝日などでご活躍されて、

今はご自身でお撮りになり編集もなさって、
写真展を開かられています。

まさに、いま

星野和彦印象派フォト展2016

窓辺にパリジェンヌはいない
写真らしくない試み」

が銀座で10月23日まで開催中です。
これ、絵のように見て写真です。

全て一つ一つに
ものすっごく気になるような
タイトルが付いています。

いつかこの写真の撮影地周りしたいなぁ。

そうだ!2018年パリ左岸で星野先生が
写真展をおやりになる予定らしい!

そうだ!2018年はパリへ行こう!

さて、サロンでの話にもとどします!笑

もう、お話が興味深過ぎて
3時間以上もあったのに

あっという間すぎました。

ボーヴォワール。
サンドの話もちょっと質問したりしたので、

答えて下さりましたし。

サロンのお誘いの時点で
路子先生が、

「時間旅行」
と言う言葉を使っていましたが、

まさにその名のとおり、
映像で浮かんでくるようなお話。

「話が逸れた」と星野先生はおっしゃったけど

とんでもない、逸れていないし、
その横道へ走った時のお話はとても

とても興味深かったのです。

いますぐフランスへ飛んでいきたい!
ムーラン・ルージュでカンカンをみて

クレイジーフォースにいって
最高の女性美を見に行きたい!

ショービジネスの話について無知でしたが、
もっと、もっとお聞きしたくなりました。

だってね
18世紀の貴族はバレー、オペラをみていて、
という話から

現代のラスベガス、日本の話まで幅広くきてて、

わたしが、サルトルも通ったのでしょうか?
なんてことを口走ったから、

ボーヴォワールについての辛口なお話も聞けましたし。笑

シャンパン、ワイン、ケーキ
などを食べながらお話を聴き、

アルコールにではなく、
世界に酔っていました。

星野先生がお帰り担った後
語らいは広がり

路子先生を囲んで本当に
わたしは幸せな時間を過ごしました!

Bonjour!
子どもの英会話.大人の語学指導を行う語学サロン

メディカルアロマ、フランス哲学から学ぶ

自分らし自由に幸せに生きるため
ライフスタイル提案サロン

Salon de YUPPY
代表のユッピーです。

昨日、
『サルトルとボーヴォワール 哲学と愛』
をいっしょに観て語ろうの会

が終了しました!

私が夜思った言葉を
タイトルにしたのですが、

シモーヌ・ド・ボーヴォワールを知ってもらいたかった。

『第2の性』が書かれるまでの彼女の
半生を、

時代に、世に出したということ。

そして、サルトルと契約結婚
自由恋愛の中で

生きていく彼女を。

知ってもらいたかった。

みんなが引いちゃうくらい
私ね想いが強かったんです (笑)

ともかく映画まっすぐ見てもらいたかったので、
ブルジョワ階級のことだけ、

さらっとですがお話して、

YUPPY的ポイントをご紹介して
スタート!

みなさまからの
ボーヴォワールへの感想は、

「強い女性」
「器が大きい」
「凛とした姿が素敵だった」

「女性としての幸せは様々で、共感することが多かった』

「苦労してもつらぬく生き方に興味をもった」

「私たちが女性として
昔と比べて、自由に生きていられるのは、
ボーヴォワールのような先人のお陰だと感謝

「型破りな生き方に驚いた」

「自由って難しい。」

「自由に生きるってものすごくパワーと
自分の責任、己の力が必要だと思いました。

「自由を貫くことで、自由を奪われているような気もした」

ね、ボーヴォワール聞こえた?

ほとんどあなたを知らなかったという人達にも、

ちゃんと、ちゃんと伝わったりましたよ!

赤ワイン片手に
ちょっとだけ口角あげて

くれてるボーヴォワールが想像できました!

また、この会についても、

「関係性の説明などが
詳しくしてもらえて勉強になった」

「自分の知らなかった世界が知れた」

「知らなかったことを知るのは楽しい」

ボーヴォワールに興味がでたので、
自分に残るように調べたいと思いました」

「YUPPYに知識を広げてもらた」

「自分で見ているだけでだと、
知らない部分も知ることができた」

という声をいただきました。

上映後
感想を言い合い、

重要点のみにはなりましたが、

ボーヴォワールについて

私なりにもっている限りを尽くし
お伝えしました。

『第二の性』や『娘時代』を持っていたのですが

興味深そうに手に取り
見てくださったり、

それから、ターバンの巻き方は
どうなっているんだろうね?

ヘアスタイルやってみたいよね!

イヤリング色違いだったよね?

トレンチコートの着こなし方が、
さらっと着ててさ、カッコよかったよね!

ヒールについて

内容外で盛り上がれて大変楽しかったです!

私本当に、本当に嬉しかった。
前日眠れなくて、

ボーヴォワールについて
直接語れる日が来るなんて、

夢にも思わなかった。

でも、わかった。
大人数はいないかもしれません。
じわじわかもしれません。

でも、こういう話。
哲学とか、女性思想家についてとか

難しく思えるかも知れないけれど、

受けとってくる人はいるってこと!

YUPPYはこれからこういった活動を
続けていくことを宣言します!!

ちなみに。

今回使用した会場は

防音室をお願いするならここにするべき!
素晴らしい技術と、スタッフさんがいる

株式会社 Budsceneさんの東京ホームシアターショールームです!

一階がカフェになっていて、
ハイセンスな場所

なのに、落ち着くんです!

写真をとった所は

シアタールームをでたとこにある、
おっきなタイヤみたいな椅子!

硬くないんですよ!

映画はやっぱりわかりやすくて
いいなあ。

次は…
サガンかしら?

それでは素敵な週末を!
Be HAPPY!

Bonjour!
子どもの英会話.大人の語学指導を行う語学サロン

メディカルアロマ、フランス哲学から学ぶ

自分らし自由に幸せに生きるため
ライフスタイル提案サロン

Salon de YUPPY
代表のユッピーです。

みなさん!!!

ブログの世界では、
全然すごいことじゃないと思いますが、

YUPPYにとっては
ものすっごく嬉しいことです。

先日かきました。
『YUPPYの本音を書きます』
こちらです。

の訪問者が50を超えました。

一つの記事でこんなにも
多くの訪問者数があったことは

初めてです!

みなさま読んでくださり
本当にありがとございます✨

しかも、読でくださった
皆さんから

『熱い想いを感じました』
『よく伝わったよ!』
『素敵!』
『好きですよ!』

などなど本当に嬉しく、
ありがたりお声を

かけていただきました!

さらに、友人が
こんな手紙をくれました。


『YUPPYは、もうすでに

キラキラしているよ、

そして沢山キラキラした人知っているけど、

YUPPYのキラキラの中には、親しみやすさと素直さがあって、
そこが私はとっても好きです♡』

って書いてあったんです!!!!

涙…。涙です。

自分が変わった人だから、
普通じゃないな

と分かっていたので、

なるべく、普通にしなきゃ、

って

「自分の本当に本当に望む姿になること」
を押しころしていました。

でもそれを止めて、

すっごく勇気がいったことだったけど
沢山泣いたりもしたけれど、

只今少しずつ、放出中です。笑

こんなふうに受け止めくれる人がいるんだもん。

安心して前に進もうっと♪

そんな気がしました。

そうそう、昨日は、

今、息子同級生のお母さんに、
高校の時の先輩がいるのですが、

彼女に、綺麗になったね!
って昨日言ってもらって、

なんか昔の自分を知っている人に
言われたから
余計に嬉しかったです!

そうそう、

前記の
手紙をくれた友人は
わざわざ、

ハンカチをYUPPYぽいからって
送ってれたのです。

この綺麗な
ピンクの花がふわ〜って

舞うように

私も飛躍していきたいです!!

これからも応援してくださると
うれしいです!

それでは

10月もBe HAPPY!

École d’Yuki