自信を持つために必要な一手間

数年前、自信がなくて

「自信ない、自信ない」と言いまくっていた私に

 

私のコーチが言いました。

 

「ゆきちゃんって自信あるじゃん!」

 

????

 

キョトン。

 

「自信ないんです、だから自信を持てる人になりたい」

 

うん、だから自信あるよね、私はこんなんじゃないって

もっとできるはずって思うから、こんなんじゃないって思うわけで、

私はこんなもんだと現状を一旦受けいることをしていない

 

 

ポカーン。

「違います!私なんてそんな・・・」と言いたくなったが、

でも、図星な気がした。

 

そっか、私は今の自分を認めていないんだ。

 

私は”自信”という言葉の意味を間違えて捉えていたかもしれない。

と気がついたのです。

そして、自信というものは

自分をしっかり分かった上で成り立つもの。

だって、自分を信じることだから。

 

その当時の自分は今(当時)の自分のことを

信じるなんてできなかった。

私が、持っていたのは自信ではなくて、

こんな私は嫌だから、理想の自分になりたい。

願望だった。

 

私は本来はその理想であるはずなんだという過信があった。

変な自信があった。

 

でも、それでは何にも変わらないし、

その状況を突破もできない。その先にも行けないのです。

 

自己受容もでず。自己否定の上に成り立っている自分。

それが理想とするところへはいけないのです。

 

それが分かってから、

私は、ともかくまず自分を認めることから始めました。

実はこの作業が1番、泣いたかもしれない。

うまくいかない。否定グセがあるからどうしてもすぐ否定したくなるし。

 

自分の嫌なところにすぐ目がいく、粗探しをする癖があったので

それをやめるのも一苦労。

 

でも、この一苦労を抜け出したら、

 

あんなに大嫌いだった自分を好きになりました。

大好きになりました。

 

大切にするよになりました。

 

だからこそ、その上で、自分を信じることができました。

自信を持てるようになりました。

 

土台って建物だって大事ですよね?

メイクだって下地とか、ちゃんとしたら崩れないメイクキープできたりするでしょ?

 

それと同じ。

私たち人の気持ちも土台、基礎が大切なのです。

そこがちゃんとしていない上に、重ねていったら崩れていくだけです。

 

なので、私は、

自分を認めるところから、

むしろそこに一番のチカラを込めて

みなさんのお手伝いをしています。

 

「なんか気になるな」「私もその順番で行きたい」

と思ったらぜひ声をかけてくださいね^^

 

YUKI

 

P.S

LINE@で声かけしてくれたら嬉しいです!

やりとりがスムーズなので!

@2yuki 検索→登録

こちらからでも登録できます❤︎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

École d’Yuki