子ども英会話教室、自己表現を楽しむ!

児童英語講師としての顔をもっているYUKIです!

教室モットーは以下の3つ

  1. 自分を価値ある人間であると気がつくこと。
  2. 十人十色の意見があっていいと知る。
  3. 個性を大事にしてお互いを尊重しあえる人へ成長ささせること。

毎年3月の終わりにスプリングパーティーとして

スピーチコンテストと、イースターパーティーを一緒にやっています♪

 

3月は、原稿作りから始めて練習をします。

つまりこれが1年間のまとめでもあります^^

 

今年は低学年1〜4年生で絵本を基にした劇をしました。

これです!!↓↓

ドイツからの留学生にこのバニーチョコレートを買ってきてもらって、

彼女と一緒にセリフを作り挑みました。

 

子どもたちは、クラスごとの練習をしたので

全員で揃えたのは本番1時間前(汗)

 

このお兄ちゃんの次だよ!なんていいながら練習。

おっきな声で!演技もする!

これは低学年にとっては簡単なことではないのです。

 

英語をいうこと。

たくさんの人の前でやる。

順番を間違えってはいけない!

演技もしなきゃ!

 

同時進行でやることがいっぱいなのです^^

 

5年生はこちらの有名なお話「手紙」 ”The Letter”を朗読劇でやりました。

 

朗読劇なので、本を見るので暗記する必要はないけど

セリフが多い!!!!

 

そして演技をしながら読む!

これもまた初の取り組みだったのですが

2人で話し合って劇を作り上げました。

 

 

6年生はスピーチ、

中学生になる決意などをスピーチ

ロボット制作、プログラミングを習っている親友コンビはそれを発表。

 

さすが、小学校卒業したみんなは立ち姿も、

お辞儀の仕方、声の出し方全てかっこよく決まっていました。

今年は中学生の部の発表をしなかったので、

余計に6年生は最高学年としてのお手本になりました。

 

ステージに立って、幕が閉まるとみんなの顔はひきつるのね、

 

その度に、

 

私はいうのです。

 

YOU CAN DO IT

 

みんな、すっごく頑張って練習知ってきたんだもん大丈夫!

ユッピー(私のこと)がついてるから大丈夫!何かあったらヘルプしてあげるから

思い切りやるんだよ!みんな大好きだ!行くぞ!

 

って目を見ながら話すと、

 

 

よっしゃーーーーって顔になる子どもたち。

 

 

そして本番。

みんなとっても上手にできました。

 

きっとやり遂げたという達成感を感じたよね。

みんなの頑張りめっちゃ眩しかったよ!

とってもとーっても上手でした!

 

ホッとしたところで

イースターを楽しむ!

 

絶対外せない、エッグハント❤︎

エッグレースは普通にはやりません笑

chickレースは自分たちがひよこちゃんになってやります♪

 

めっちゃ笑ったね、そんな時間も、チョコレートなどのお菓子も、

1年間レッスン頑張ったみんなへ

ユッピーからのプレゼントだぞ^^

 

 

ちょっと変わったことばかりしている私の子ども英会話教室ですが

ここまで続いているのは本当に子どもたちのおかげ。

 

そして、私についてきてくださる、心の広い保護者様のおかげでございます。

 

本当にありがとうございます!

 

新年号になっても、

ユッピーズキッズイングリッシュ突っ走ります❤︎

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

École d’Yuki