愛が欠けている時に読むコラム

愛されたい。もっと必要とされたい!って

愛情が欠けてしまうとそれを補いに走る。

だって、みんな愛されたいから。

Bonjour!

愛らしく自由に充実した「ワタシ」を生きる

フランス式コーチング École d’Yuki (エコールデュキ)のYUKIです。

 

今日息子の通う、小学校の校長先生とお話をしました。

 

「うち、よく、ぎゅっつって抱きしめて、I LOVE YOUって

言ってるからそろそろ6年の長男に嫌がられていまして笑笑」

 

と私がいうと、校長は大きく頷いて言いました。

「いや、お母さん、やっぱりね愛情はそうやって伝えないと

伝わらんですよ!それでいいですよ!抱きしめてやってください」

 

だよね?だよね、ぎゅっ抱きしめて、触れて

「愛している」とか「大好きだ」って伝えないと

 

体も、心も満たされるくらい愛を感じることはできないのよ!!!!!

 

見ればわかるでしょ

親だからそんなことしなくても愛しているに決まっている。

 

結婚しているんだから、何もなくても

愛しているに決まっているだろ!

 

それじゃ、伝わらないのよね。

いや、わかっているさ、こっちだって頭ではちゃんとわかっている。

「愛されているであろう」「大切にされているであろう」

と思っているけどね

 

しっかり受けて止めて満たされるまでは

ちゃんと態度で示さないとわからないの!

 

親子間でも夫婦間でも同じです。

友人でも、なんでも。

 

そして、何より自分についても同じことが言えます。

 

自分への愛が欠如せることはダメ!

今日は伝えたいと思うの!

自分が、だって自分だもん、「好きに決まっているじゃん」あえて

「自分へ自己愛表現なんてする?いらないでしょ?」って思っていません?

 

愛されたい気持ちを満たしてくれる人は、他人だけではありませんよ!!!!

というより、何より、自分だよ。

 

自分が自分をちゃんと愛さなかったら

他の人に愛されてもなんだか空振りみたいになるだけ。

まずは、自分のために自分の気持ちを声にもっとちゃんと出すこと!

相手に伝える時、当たり前だけど、自分の耳にその声は入るじゃない?

 

これが大事なの!

(LINEで書くなら読み上げつつ書いたほうがいいかも)

 

「あ。あたしってこんなこと思ってんだ」

「あたし、本当はこうして欲しいんだ」

って自分の気持ちに気がつくから声に出すって大事。

表現するって大切。

 

自分をたっぷり満たしてから、相手だよ。

 

まずは自分を愛さないと、自分がグレちゃうんだよ。

グレていませんか?

 

「どうせ私なんか」ってグレてない?拗ねてない?

 

自分がグレちゃうんで、愛情が欠けないようにしましょう!

自分への愛です。

 

何よりも自分への愛が欠けないようにすることを意識してみて過ごしてください❤︎

こちらのブログ「もっと声に出そう!」も読んでみくださいね。

想いが伝わらなくてもどかしい時に読むコラム

 

P.S

実はもうすぐ『長女のための素直術』無料動画講座を

LINE@で配信します。

これは自分の愛し方もしっかり学べる動画講座です!!

自分への愛が欠けているなって方は必見です!

@hrt1687j へ登録してくださいね!

▷LINE@に登録して無料動画配信を受け取る

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

École d’Yuki