ワタシを生きる

Bonjour!
愛らしく自由にワタシ生きるフランス式コーチング

École d’YukiのYUKIです!

大切なことに気がつきました。
今まで、キャッチコピーの中に大事な言葉を入れ忘れていました。
それはこれ▽▽▽

「ワタシを生きる」

という言葉です。今まで「愛らしく自由に生きる」と謳ってきました。

でもそれでは、足りなかったのです!
「自分らしく生きて!」というメッセージを届けてきたのに、一番言わないといけないことをフレーズの中に入れてなかった。

ここ最近いただくご相談でも、やはり、「ワタシ」を見失っている人が多いことに気がつきました。

まず、ワタシが何を本当は望んでいるかを考えていない。

「こうなりたい」という
未来にばかり意識が
いってしまい、
今の自分を見ようとしない。過去の自分を否定する。

そんな方が多いですね。
「私は〇〇なんでダメなんです」「私なんかは・・・」

といってしまう癖。あなたの中の「ワタシ」が置いてきぼりです。

だから、本当のあなたが「ワタシ」が悲しんでいるのです。

その落ち込みや暗い気持ち、ネガティブにいってしまうのは、「ワタシ」が悲しんでいる証拠です。

ワタシを生きるとはどういうことか?

「ワタシ」とはあなたの中の本心、本音、素直な気持ちです。

あなたが、あなたの中の「ワタシ」の声を聞くことです。

ちゃんと、聞いてあげることです。

そして、「ワタシ」の人生を歩むことです。

いい娘、いい妻、いい母親、いい上司、いい友達、いい彼女を生きる必要はありません。

人生の主役は、あなた。
人生の脚本家もあなた自身です。

だから、誰かの人生の役を生きなくていいのです。

かつて私はずっと「ワタシ」を無視していました。気が付いているけど、それよりも、母にとっての良い自慢の娘になることに必死だった。子どもたちの良いお母さんとして周りに認めてもらえるように、素敵なお嫁さんでいたかった。

だから、必死に「ワタシ」は抑えるけていました。

もちろん、それは苦しくてたまらなかった。しかし、それでずっときてしまったから、どうやって「ワタシ」に戻ればいいかわからなかったのです。
勇気がいることだった。

それでも、「この苦しい人生は終わりにしたい」「もっと充実したいし、自由になりたい」「もっと楽に生きたい」という想いでチャンレンジしました。

ワタシに戻るチャレンジ

まず、素直になることです。否定したくなる嫌だなと思う自分も、好きな自分も、こうなれたらいいなと思う自分も全部素直に受け入れました。

良い悪いの判断をせずに受け止めました。

まぁ、この作業が辛かった。

またコラムの中でこの作業について書いていきますね。

それからどんどん過程を踏むと「ワタシ」を取り戻すのです!

春先に公開するメニューでもこの「ワタシ」を取り戻し、「ワタシを」愛らしく自由に生きることができるようにワタシの持っているもの全て注ぎ込んでますよ!お楽しみに!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

École d’Yuki