Yukiのストーリー最終編 軸を手に入た!

「誰にも邪魔をされない人生を生きる誇りを持って生きる」

これが私の生きる軸です。

 

この軸がある、

ストーリー1ネガティブ子誕生

ストーリー2フランスが救った!で書いたようなような経験がある。

だから私は今、しっかり地に足をついて歩いているのです。

今、本当の自分って感じです。

苦しくもない。当たり前ですが、悩みはありますよ。もがくこともある。

でも重くない。苦しくないし、何より「生きるよ!楽しむよ!!」って心の底から言えます。

《息子が私を変えてくれた》

22歳で長男を出産した私は、

少しずつ、孫をだしにして、やっと母に甘えることもできるようになりました。

「じぃじ」と「ばぁば」になった両親は本当にびっくりするほど変わりました。

 

そして、自分が母親になり気が付いたことの大きさ、

私は、それを早く知るためにも若くして母親になったのかもしれません。

だんだん、自分を生きることにフォーカスでき、すると、

今度は、理想の自分と格闘し出します!

 

《28歳の気付きと決意》

ずっとモヤモヤしていた毎日が過ぎていきました。

28歳の誕生日を迎えたことでした、男子2人の母親になった私。

念願だった一軒家にも住めている。英語教師を開いている。

はたから見たら順風満帆かもしれませんが

 

私の中では大きな穴がありました。

30歳が目前にあるけど、私はちっとも自分の想像していた大人になれていない

 

もっとしっかりしていて、

キラキラしてて人生を楽しんでいる大人になれると思っていたが、

このままでは無理! まだ自分のことが嫌いだし・・・

 

周りが羨ましくて仕方がない。

「私なんか」という基本の考えがありました。

 

色々探してコーチングを知りました。思い切って相談をすることに決めました。

 

彼女は私を生まれ変われせてくれた人です。

今ここまで書いてきたことなどを全て話したら私に

「ゆきちゃん、生きていてくれありがとう」

と言ってくれたのです。

 

そこから、彼女によるコーチングで

私自身が自分を認めていないこと

愛していないのも、見ていないのも

 

全ては母ではなかった

 

「他の誰でもない、自分自身だった」

 

このとっても大切なことに気がつくことができました。

 

彼女は最後のセッションの方で私に告げました。

(半分キレていたと思います。あまりにもウジウジ自分の幸せを許さないから)

いい加減、自分に幸せになっていいって許しをだしたら?ゆきちゃんはお母さんを許さなくてもいい、自分を幸せになることは許したほうがいい、幸せにならない、なれないって生きてるのはまるでお母さんに、復讐しているみたいだよ、それでいいの?

 

そんなみみっちい女になりたくない!

と思って私は本当に声に出して、自分に言い聞かせました。

 

「もう終わり、幸せになっていいよ」「よく頑張ったね」

 

そこから雪解けのように不幸な私人生が終わって生きました。

 

《もう私は誰かさん人生は送らない!》

その後も子育てで悩んだり、自分を否定する癖がなくならないなど

たくさんあって、コーチと一緒に乗り越えました。

 

そして、さらに、

私が中学生の頃からずっと学んできたフランスの女性の生き方を

取り入れて生きてみました。

 

哲学を人生に反映させたのです。

 

みるみる自分が楽になり、

生まれ変わったようになって生きました。

 

頑張ることもやめた。

いい人、いい娘。いいお母さんもやめた。

そう、やーめた!

自由に生きます!

自分の人生を生きるという意味が身を以てわかったのです。

 

2015年日仏女性研究学会に入会しました。

今まで学び場であった大学がなくなってしまうということもあり、

もっと勉強したくて入会したのです。

 

そこで出会った棚沢直子さんが私に言ってくださった言葉が

誇りよ、誰にも邪魔をさえれない人生を生きるという誇りを持って生きるのよ

あなたは哲学を人生に反映させている、そんな人あまりいないんだからね、自信を持ちなさい

この言葉は私をグッと強くさせました、自律させたのです。

 

私が今持っている軸はこうして出来上がりました。

 

つまり、自分を愛していない人は軸を持てません。

自分を信用できないのですから、

 

自分の軸がない、

自分を信用していない。

認めない。愛していない。

 

そうするとどれくらい辛く、苦しいのかをわかっている私だから

 

「軸を持つ」とことの大切さを語るのです。

 

そして、軸太くなるとどれほどに生きていることが楽しくて

楽なのかがわかっているから伝えたいのです。

 

私たちはもっともっと、自分をしっかり愛して

自分を信じてそれぞれの軸を強く持って生きるほうがずっといいと

声を大にして言いたいのです。あなたに伝えたいのです。

 

人が自分を認めて、しっかり許し、愛することができると

自分を囲む人々、環境までも変わります。

 

私は2016年にすべてこの33歳までの人生をまとめた

本を出しました。

 

すごく怖かった。母のことを正直に書いたので

母を怒らせてしまうと思ったのです。

 

しかし、この本を書きながら私は私の全てを受け入れて

許しました。母に持っていた恨みやら憎しみが全部消えたのです。

 

そして、母に本のことを話したあと、すぐ33歳の誕生日に奇跡は起きました。

 

私の誕生日をいつも忘れてしまう母が、11月28日誕生日当日朝

LINEを送ってきました

「誕生日おめでとう、私の娘に生まれてきてくれてありがとう」

 

初めて言われた言葉。

「生まれてこなければよかった」と言われた私が、

「生まれてきてくれてありがとう」そう言ってもらえたのです。

メイクしようとしてい洗面台で 読んだLINE.

あの日泣き崩れたことを昨日のことのように覚えています。

 

私を軸ある人に変えたのは、

コーチングの先生だけではなく、

たくさんの人のおかげです。

 

そして、フランス哲学に出会ったことはかなり大きく影響しています。

フランス哲学にのめり込み、学び自己を見つめることや、

選択の自由を知ったこと、

 

幸せを求めて生きていい権利がある。

 

ということを知れたことは私の財産です。

 

自由に生きれるようなった今でも

それを持っているから軸がブレることはありません。

 

それどころから、最近はどんど太くなっています。

 

揺るぎない想い

自分を信じる気持ちが強まることの安心感。

 

これは身につけた人にしかわからないことです。

しかし、誰にでも身につけることができます。

 

自分を大切にすることができれば必ずできます。

今後はこの軸を強くするということをお伝えしていきたいと思っています。

 

さ、もうすぐ私も35歳。

自由に自分の人生を楽しみます!悪しからず。

 

もっと細かなエピソードはこちら!
中学、高校の保健室にも置かれ始めました私の書籍をごらんください!

『輝くその日のために-C’est ma vie-』ことのは出版

amazonで好評発売中『輝くその日のために-C’est ma vie-』はこちらから購入できます!

電子書籍版こちらです!

長谷川ゆき

 

今までのYukiのストーリーはこちらです!

1プロローグ

2暗黒時代1

3暗黒時代2

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

École d’Yuki