やりたいことをやれる人の在り方

きれいでセンスが良くて仕事もできる憧れの存在。

みんなが一目置くような素敵な女性がいませんか?

 

「でも、それは私とは違う別次元の人だから」と自分をは違うんだし。

と諦めるのは早いです!

まずは、「隣の芝生がいつも青い」この感情から抜け出しましょう!

自分の心のあり方や、行動パターンを見つめ直し、

目標や夢を持つ生き方にシフトすると、

表情や顔つき、身のこなしに至るまで、微妙な変化が訪れます。

 

やりたいことができている人になりましょ!

日々実践的に生きていくこと、目標に向かって努力していくこと、

女性はそうした過程で輝きを増していきます。

 

本当の心の奥底にある「自分の気持ちを知る」

自分のことをわかっていない人はたくさんいます。

内に抱える本当の気持ち、考え方の偏り、

欠点だと決めつけていることが意外とそうじゃなかったり、その逆も又しかりです。

 

そして、閉じ込めている人もたくさんいます。

 

シンプルに自分の行動や思考を自問してみると面白いです。
モノの選択の仕方ひとつにしても

 

「なぜ、それが好きなのか」

「なぜ選ぶのか」と掘り下げていくと、

裏側に隠れていた感情や価値観にたどり着きます。

 

最近よく耳にするようになった、「顕在意識と潜在意識」

意識には顕在意識と潜在意識があります。

それはちょうど海に浮かんだ氷山に例えられます。

水面から突き出している部分は顕在意識

水面下に隠れた部分が潜在意識であると言われます。

 

潜在意識の占めるところが圧倒的に多いのですが、その大部分を当の本人も自覚していません。

顕在意識は、選択や判断や決意を下す心の領域です。

望ましいことやそうでないことを識別する能力を持ち、

悩んだり不安になったり、願望を持ったりします。

潜在意識は、過去における考えや心構えや欲望などの大きな貯蔵庫

膨大な整理棚に、これまでの体験や印象などが眠っています。

目覚めていても寝ていても24時間休むことなく活動し、与えられたことをそのまま蓄積します。

そもそも潜在意識には、自在に発揮できるパワーが秘められていますから、

非常事態が起きると顕在意識に変わり、存分に力を発揮することとなります。

いわゆる「火事場の馬鹿力」というものですね。

常に潜在意識にアクセスすれば、強い自分になれることがわかります。

自分の心の奥深くに問いかけ、正直な選択をすること。

 

頭というより感情に従うことで、心身一体となった活動ができます。

潜在意識との信頼関係やコミュニケーションの大切さを理解しましょう。
本当の自分の気持ちを知るために「なぜ?」という疑問を投げかけ、

心の深い部分に向き合うことをオススメします!

 

ネガティブ感情とポジティブ感情は隣り合わせ 
物事には「陰と陽」があると言われます。

陰は悪く、陽は良いイメージですが、

実はこの2つの相反するエネルギーは単一で存在することができません。

お互いを補いあってこそバランスのよい調和を醸します。

人間の感情の喜怒哀楽にも、陰と陽のエッセンスが溢れています。

愛する喜びを知ることができるのは、そのプロセスで失敗や挫折を経験したからなのです。

 

ネガティブな感情でがんじがらめになった時、

無理にポジティブになろうと現実から目を背けても案外深みにはまるだけ。

陰と陽の仕組みを知り、ネガティブな自分を受け入れ

「その感情がどこからきているのか?」「今、苦しいのはなぜなのか?」と根源を探ってみましょう。

原因がわからないと、いつまでも辛さは消えません。

核となる部分に気がつけば解消されることも多いはずです。

ネガティブは、

側面に隠れているポジティブを知らせるために起きています。

 

つまりやりたいことをやれている人は、

背中合わせになっているポジティブとネガティブ両方を

受け止めているのです。

その上で次の行動に出ている。

だから、こなしていけるのです!

 

隣の芝が青く見えたっていいのです!

その自分をしっかり受け止めることができるのかどうかで

変わってくると言うことを覚えていたら良いのです!

 

この受け止めることは1人ではできないことがほとんどです。

第三者が冷静に判断すること、

客観的に見ることが有効になる時があります。

 

自分でうまくいかない人はぜひ、

グループセッションを使ってみてください!

11月は私の大好きなカフェ

 

アラカンパーニュで行います!

11/12(月) 本心を目覚めさせるグループセッションat Cafe

↑↑こちらにて詳細、申し込み受け付けております!

それでは、

À bientôt

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

École d’Yuki