なぜ、前に踏み出せないのか?

なぜ、自分を変えたいのに前に踏み出すことができないのか?

今日は、前に踏み出せない女性のお悩みを
タイプ別に考えてみました。

「変わりたいんです!」という人はたくさんいます。

でも、多くの女性が、変わりたいって言う割には・・・

 

動きがない!

 

本当に思っている?って聞きたくなることもしばしば。

 

嘘ではなく、思っているのです。

ただ、勇気が出ないんですよね?

あと、どう動き出していいかわからない。

 

もしくは、心底変わりたいとは思っていない。

心のどこかで今のままでいいという気持ちが少なからずある。

 

「変わりたいのにわかるための1歩を踏み出せない」人のために

タイプ分けをしてみました。

1歩踏み出す勇気はすごく必要。でも1歩踏み出せたら世界は変わるかも!

さぁあなたはどのタイプでしょうか?

それではいってみましょう!
タイプ別 やりたいことをやれるようになるポイント!

【警戒心が強い女性へ】
やりたいことがありながら
「無理」「ダメ」という言葉で自分を制止していませんか?

それは弱い自分を守るためのワードです。決して悪いことではないのです。

守ろうとしているだけす。

だからそうしなくても大丈夫な自分に変わって行きましょう!

 

ネガティブワードを使い続けてストレスが増す前に、
自然と生まれる本能的な感情だと受け止めて、
警戒する気持ちの正体を突き止めましょう。

そして、原因となる事柄を客観的に見つめてみましょう。

一人で考えることの多い男性と違い、
女性は信頼できる人に話すことで心が上向きになったりします。

【周りを気にする人へ】

人と比べてしまう自分に嫌気がさすという女性もいます。
比較する感情は否定的に捉えられがちですが、
生きるために必要な判断能力だとすればどうでしょう。

人より物事の習得が遅いと感じても
「私は時間がかかるだけで、最後にはそれ以上の結果を出せる」といった
納得をしてみることです。

人の顔色を気にし過ぎる場合も、
他人の感情を読み取る能力に長けているのだと、
プラスに理解してみてください。

【感情に支配されやすい人へ】
相手に向かって、ことあるごとに負の感情が生まれ、
冷静な判断ができなくなることはありませんか?

怒りのコントロールがうまくいかないと人間関係はとても難しくなり、
マイナスの影響が出てきます。

 

人に対して寛容になれないことが
自信のなさにつながっているなら、怒らない思考回路を作ってみましょう。

「こんな時、尊敬するあの人なら、
素敵なあの女優さんならどう振る舞うか?」なんて思い描けば、怒りの熱も冷めていきます。

 

どうでしたか?

 

3タイプを用意してみましたので

当てはまらない方もいるかもしれませんね。

やりたい仕事に向かうための生き方
人生の中で仕事のために使う時間は長いですよね。

そのため、やりたいことが仕事になれば素敵です。

 

やりたいことを仕事にしたいと思うのは安易でしょうか?
わがままな発想に過ぎないと、罪悪感を抱いてしまいますか?

いきなり仕事に結びつけなくても大丈夫。
単純に「やりたい」と思うことを書き連ねてみることをおすすめします。
「頭に思い浮かべるだけで十分」だなんて言わないで、書き出すことが重要なのです。

 

書くと自分の考えを視覚化できます。さらになぜそう思うのか、
やりたいことをひとつずつ掘り下げる作業に入れます。そうして生まれるのは方向性です。

  • 今の仕事に満足していなくて、何かやりたいことを見つけたい。
  • 今はフリーターだけど、やりたいことを仕事にして成功したい。
  • 主婦だけど、自分の時間を使ってやりたい仕事をしてみたい。
  • 育児中ではあるけれど、起業して自宅でできる仕事をやってみたい。

インターネットを使った仕事や、
何かに特化したビジネス形態が次々と現れ、お仕事の幅は広がっています。

あなたのやりたいと思うことが一見夢のようだとしても、
ニーズのあるアイデアで工夫次第で多くの人に受け入れられる可能性だってあります。

ふとしたひらめきを、自分のやりたいこととして記録しましょう。
現実的なことにばかりに縛られないで、
やりたいことやイメージして、運を引き寄せるのは自分です。

自分らしく、やりたいことをやってみたい!
そう思える心の強さを「Ecole d’Yuki」で手に入れませんか?

 

自分を見直す、やりたいことってなんだろう?を探すサポート、

そしてそのやりたいことにフォーカスできる人にします!

それがフランス式コーチングう受けることでもっと自分を愛せるようになるセッションです!

 

それではまた!

À bientôt

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

École d’Yuki