今より少しだけ顔をあげたい人ぜひ読んで欲しい!

凛とした生き方へ 女性のためのフランス式ワークスタイル提案をしている
Ecole de Yuppy代表のユッピーこと長谷川ゆきです。
ブログにお越しくださりありがとうございます!

ちょっと長くなるかも〜です。

四年前私は、初めて人に、フランスについての思い、
哲学とか、思想を学んでいることを伝えました。

今振り返るともう黙っているのが限界だったのでしょう。
全然違うサービスをお願いしているのに、

私が一番語ってしまったことがそれだったのです。

今も、英語教室も運営していますが、当時その英語教室の名刺を作ってもらおうと
デザインや、キャッチコピーなどについて打ち合わせをしていたところでした。

「どうして、隠してたの?」
そう聞かれて答えたことは

「こんなマニアックな話、誰も興味持たないと思って・・・・
それに、大抵はみんな知っているだろうし」

と、答えました。でも私はわかっていた。
私の中にある2つの気持ち。

1 英語の先生として自分を作り上げたい。
 それで打ち出していきたい。

2 本当にしたいのはこのフランスへの思い、この女性の権利について
幸せを求めることについてこういうことを本当は、本当は伝えたい。

どっちも私。
今だって子どもたちへの英語教育の思いが薄れたわけじゃない。

4年間の間に私はたくさんの変化がありました。

母校がなくなると聞き、もう学びに戻る場所がないことが
本当にショックでたまらず。

思い切ってドアを開けた日仏女性研究学会。
場違いだ、私のいる場所ではないかもしれない。皆さんにとってお邪魔かもしれない。そんな気持ちでいっぱいになって

ビクビクしながら行ったあの日。
勇気を出して動いたから、全てが変わったのです。

今ここで私は、運営委員にでもありますし、HP、交流セミナーなどを担当しています。

企画を提案したこともある。
先生肩の教えをいただきながら、司会をしてみたり、

どうにか女性の活躍、女性の権利についてこれだけ考えている人たちがいること。
もっと私たち日本に生きる女性が得ていい環境があるということを伝えたい。

もっと、自分の幸せを求めていい

ということを伝えたくて
右に同じに並ぶような文化の日本で

知らないうちに隠してきた自分。

十人十色でいいのに。

みんな違うそれが当たりまえ。

もっと視野を大きく持とう!
どうして自分を自分で苦しめるの?

自戒も含めてやっぱりこれを伝えていきたい。
だから子どものうちから関わりたい。

私の英語教室という場所は
子どもたちの新しいスタイルの学びの場であって欲しい。

大人の方へ行うコーチングはクライアント様が
気がついて自分の人生を新しくスタートする場所であってくれたらそれで私は大満足。

そして

どっちもベースにあるのは
私が学んできたこと。経験してきたこと。

私を生かしてくれた、支えてくれた
フランスの思想。

女性解放へ注ぐパッション。

これなのです。

4年前に
隠しきれなくなって出してしまった。

初めて作ったステップメールが
思った以上に好評で、サンド、ボーヴォワールなど知らない人もいる
この人たちのことに興味を持ってもらえた。

あの喜びがまだあるかわかないけど、
今読み返したら、私自身がすごく救われたから、

メルマガ内で只今復活中です!
メルマガ
バックナンバーでも読めす!

彼女たちがそばに来て話を聞いてくれたらなんていうかな?

そんな妄想から始まったもの。

ユッピーワールドとして受け止めてくださいな。

 

登録はこちらからできます↓

凛とした生き方へ
女性のための
フランス式ワークスタイル
YUPPY通信

まるで夏!

ご自愛くださいね。

YUPPY

 



		

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です