号泣の後にはいつも・・・

凛とした生き方へ

女性のためのフランス式ワークスタイル

Ecole de Yuppy

のブログへお越しくださいましてありがとうざいます。

代表YUPPY/長谷川ゆきのプロフィールはココにあります!

Ecole de Yuppyの理念はコチラをご覧ください。

================================

「あなた本当に成長したわね」

「強いものができてきた」

「しっかりやりたいことが見えている」

「ありがとうございます」なんて

言って薄い笑顔で挨拶のように返事してしまったけど、

 

実は心底嬉しくてたまらなかった。

そんなことがありました。

 

日曜日

日仏女性研究学会で大変お世話になっている

東大名誉教授

2005年パルム・アカデミック受賞されている

棚沢直子先生の出版記念パーティーへ行ってきました。

受付をさせていただきました。

トークショーもありましたし、

エコールドユッピー

スピーチをされた

新聞記者、研究者、デザイナーの皆様の

お話どれもこれも興味深いものばかり。

棚沢先生にお会いしたのは、

2015年の四月だったかと思います。

あの頃のわたしは、

単純にボーヴォワールが好きで、

もっと知りたい!

 

もっと学びたい。学ぶ場所が欲しい。

 

と言う気持ちだけが強くて、

自分にできることを探していました。

 

「私何ができるか?」

「私なんかでも役に立つかな」

 

弱い軸でした。

これ⬆︎2015年の弱いほわーんとしている私。

 

棚沢先生へ逗子のロンハーマンへ連れて行ってもらった日

その弱さと、でも今後の動いていきたい気持ちとの間で苦しくなり、

帰り道一人号泣。

 

発作を起こしそうになり、

途中下車したこと、

今こんなに苦しくなってしまいました。

私は何か大きな勘違いをしていたのかもしれません。

と棚沢先生へメールしたことを昨日のことのように思い出します。

 

先生にあの日、メールの返信で言われた言葉が私を救い動かしました。

 

「どうか今の居直ってください。

自分は空っぽだ」と思うことで、

そこに居直るとスタートできる。

私はサポートしますよ。」

 

力強いお言葉をいただきました。

 

あの時、私は研究者の皆様がいる場所にいてはいけない。

ましてや、私なんかそれを伝える架け橋になりたいなんて傲慢すぎた。

 

と落ち込んでいましたが、

私は自分はゼロだから、あとは学んでいけばいい。

そう思って必死に食らいついてきました。

それから、たくさんん学ばせていただきました。

一つずつ役割や、仕事を回していただきました。

レポートの書き方、上げ方を学び、

登壇する立場になり、編集の仕事、流れも学び。

 

2017年交流セミナーでは担当、司会をさせていただきました。

そして、いつもは一言一言、チェックをいただいていたのが

今回は自分力でレポートを作ることができました。

 

さらに、

先生は私の活動を「素晴らしいわ!」

「いつでも呼んでほしい」と言ってくださるまでになり。

 

今回も新聞社の方も来るからあなたをぜひ紹介したいの。

と言ってただき、

ご挨拶をさせてもらいました。

 

「長谷川さんはね

今、とても頑張っているの

働く女性のために活動されているからよろしくお願いします」

と私をドン!と紹介してくださいました。

 

ご指導いただき、厳しいお言葉をいただきてきたおかげで

私の軸はとっても強くなりました。

 

お疲れ様会?で同じテーブルだったので

自分の想いを話していたら、

 

「あなた、それはボーヴォワールが言ってることじゃない!」

 

私のとって何よりの誉め言葉!

口走ることが、思考が、ちゃんと太い幹として

私の中にあると言うことです。

棚沢先生の言葉で言うと、

「誰にも邪魔をされない生きる誇りを持って

自分だけの人生を生きる」

 

ボーヴォワールの考えてで言う

「女性よ!もっと自由に幸せになっていいんだよ!」

 

と言うことがちゃんと私の中にしっかり根っこを張れている。

 

そして、まだまだ未熟ですが、

それをひっくるめて

 

「ずいぶん、成長したわね」

 

お世辞を言ったりしない、

優しいことばかり言わない先生にそういっていただけたことが

 

心底嬉しかった。

正直、時々怖くなることがあるのです。

失っていないかな?

私が一番伝えたい想い、

大切にしたいことを見失っていないかな?

 

でも、大丈夫だった。

失うどころから、しっかり持っていて、

育ててることができていたんです。

 

皆様と別れたあと、

それが嬉しくて、嬉しくて

東武線浅草からずっと泣いてました。

前に座ったカップルが指差して笑ってました。

 

笑ってください、どうぞ、どうぞ。

今、私はやっとスタートラインに

立てたのかもしれかません。

今までのは準備期間。

さぁ、ここから、

ゆっくりじっくり育んできたものを

日本の女性の皆様へと届けていく時です。

 

もしも、最後までこのブログを読んでくださった方がいたら

心から感謝します。

 

そして、これからのユッピーを見ていくださいね。

これからも成長していきます!

 

私にできることは楽しんでやらせていただけることは

全部行いたい!

 

もうね、ちょっとやそっとじゃブレないよ!

崩せません。

 

 

こうして号泣して生まれ変わる、そんな成長を続けている

ユッピーなのでした!

 

実はこの日、もう一つ嬉しいことがあったのです!

それは次回!

それでは愛を込めて

YUPPY

⭐︎▼無料メルマガ配信中▼

凛と輝く女性へ

誰にも邪魔をされない自分だけの人生を自由に生きる

生きる誇りを持っていきたい人へお届け

「凛とした生き方へ 女性のためのフランス式ワークスタイル

YUPPY通信」

[myphp file=’template-parts/template-regist_mail’]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

École d’Yuki