あなたは何に怒ってますか?

凛と美しい起業家を育てる

Ecole de YUPPY

代表のYUPPY(ユッピー)/長谷川有紀です

LINE@にご登録いただき

「ユッピー」と送信!

↓↓↓

クリックでLINE@登録

 ⭐️ ID検索は@hrt1687j ⭐️

≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣♡≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣

あなたは

何ついて嫌気がさしますか?

何について怒っていますか?

特に怒っていることはありません

私は常に穏やかなんです。

という人いますか?

 

え?嫌だと思うことなんてありませんよ。

 

本当に?本当にないですか?

 

「怒り」があっていいのです。

むしろないとダメかもしれません。

 

 

私は、私の生まれと同じ1983年発足した

日仏女性研究学会(現在の通称です)の会員です。

運営員会のメンバーでもあります。

この学会は、フランスの女性問題、

女性研究に関する総合的資料を収集、保存し、

わが国のフランス女性問題研究の推進及び情報の普及と

女性問題を通じて、日仏の相互理解の促進をはかることを目的としています。

(ホームページより)

 

でねユッピーはここに研究者でも大学院生でも

ジャーナリストでもないけどしっかり会員としているわけです。

 

ここで多くのことをも学ばせてもらっています。

なぜか、

 

女性の活躍ぶりに物足りないと思うからです。

そこに怒りがあるのです!

もっともっと、日本において女性が活躍していいはずです。

 

昨年より運営員会、編集員会のメンバーを経験させてもらっていて、

昨年に引き続き、今年も、会員交流セミナーを担当しました。

 

今回は企画、準備、司会を行いました。

 

寺嶋真里さんという映画作家にお越しいただき、

寺嶋さんの作品を鑑賞して、皆で討議をしました。

 

 

今も、報告書を書き上げました。

学びが深かったです。

 

「女性が自己実現をしようとしたときに立ちはだかる現実」

というものについて考える映画でした。

 

ですが、今日最終的に私が感じたもの

 

キーワードは

「怒り」

人を動かすの「怒り」のパワー

「怒り」があるからこれにならないように、

それを壊すために動く。

 

何度も言ってしまうけれど、

私は、まだまだ女性が活躍でききっていない世の中に怒りがあるから

これを変えたくて、女性の起業家さんをサポートしたいのです!

エコールドユッピー

寺嶋さんにも、怒りがあった。

その怒りを表現するためにこの映画は出来上がったのではないか

とさえ思いました。

 

こんなはずじゃない。という怒り。

どうしてこうなるんだ? という怒り。

 

そして、「女だから」と育ててこられた

植えつけられたこの考え方への怒り。

 

 

シャネルだって、言ってます。

「私は確かな「嫌悪」の精神を持っている」

嫌なものをなくすということが出発点で

動いたことが成功へ導いたのです。

 

今日の映画観賞で学んだこともそう。

 

「嫌悪」というものはパワーに変えられる。

 

もちろんそれだけで動くと、良くないです。

 

「だからこそ、こうしたい」

という未来への想いがあるから

人はずっと動ける。着実に進むことができるのです。

意外かもしれないけれど、

嫌なことを考えてみるのも出発する準備の一つです。

 

あなたの嫌いなことはなんですか?

では、それをどうやってなくしていきますか?

未来をどう変えていきますか?

 

 

怒り、未来への想いがある人は起業の1歩を踏む準備ができていますよ!

もしよかったら↓よりユッピーに教えてください!

 

それでは今夜も

愛をこめて

Ecole de Yuppy

YUPPY

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です