鍵はどこにありますか?

凛と美しい起業家を育てる

Ecole de YUPPY

エコールドユッピー

 

クリックでLINE@登録

 

≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣♡≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣

100年の時を超えてあなたに贈る自分軸を作るための

エールを無料メルマガにて配信中!

毎週金曜21時配信!⭐︎メルマガ登録はこちら⭐︎≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣♡≣≣≣≣≣≣≣≣

Bonjour! エコール・ド・ユッピーの

ユッピーです!

 

あなたは閉じ込めて鍵を閉めてしまっている

想いというものはありませんか?

 

私は、こうでなくてはならない。

こうであるべき。

例えば、

いい子でいないといけない。

我慢しないといけない。

私なんか価値がないのだから、せめて嫌われないように。

認められるために、もっと頑張るべき。

まだまだ足りない。

いままのままではいけない。

 

そんな考えに締め付けられて、

 

本来は自由奔放でいたい。

おしゃれもたくさんして、楽しみたい。

堂々としていたい。

 

そんな想いがあるのに、全てを枠で縛って固めて

がっちり鍵を閉めていたりしませんか?

 

まさにその状態の女性に数ヶ月前出会いました。

 

彼女の口癖は

「私なんかは」

「え?それしてもいいんですか?」

 

いつも何かに怯えているような感じ。もう何かに潰されてしまう寸前。

 

必死に、自分に「しっかりしろ!」と

いい聞かせてどうにかこうにか、立っている。

 

そんな彼女、ご本人より写真提供いただきました。

ケアマネージャーの上原良江さん

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女は変わりたいという気持ちを持っていました。

 

本当はキラキラしたもの、可愛いものが好き。

たっぷり楽しみたい。それが本当の彼女の声。

 

彼女が私のクライアントさんになった日、

彼女はキラキラした目でヴィジョンボードを作りました。

 

そこには素敵なものが散りばめられていて

その日の夜の彼女の変化を

今でも昨日のことのように覚えています。

服装も、メイクも少し変わって、生き生きしていた。

それからこんなに綺麗になりました。

それでも、まだ彼女には迷いやら、

30年近くずっと自分を抑制させてきたくせが抜けなくて、苦しんでいました。

ある日、ユッピーは彼女に伝えたのです。

「もう頑張らなくていい」

「苦しくない?」

「幸せになっていいのよ」

 

彼女はまるで解凍されていくかのようにボロボロと泣き始ました。

 

「綺麗になっていいんですかね?」

「幸せになっていいんですかね?」

 

そう呟く彼女に

どれほど自分を閉じ込めてきたのかと思ったら

私は涙を隠しきれませんでした。

 

だって、私たちは

みんな、みんな生まれてきた瞬間から幸せになる権利を持っているんだよ!

 

ゆっくりしっかり彼女に伝えて、

彼女にもう少ししかない、シャネルの口紅を渡しました。

 

これ、使ってみて!

お守りにしてくれてもいいし。

 

シャネルの生き方が好きだということ、

彼女の生き方の話をして、

 

口紅を渡しました、

 

彼女は泣きながら口紅を握りしめていました。

 

その日からその口紅を塗って

彼女は閉ざしていた鍵を開け、重い扉を開けたのです。

 

自由になっていい。

幸せになっていい。

綺麗になっていい。

 

そう自分に GOサインを出した。

 

すると彼女はみるみる変わってきました。

 

今日お会いした彼女はまるで別人。

なんども「楽しいです!」

と言いました!

 

「ワクワクします!」

そう言ってはしゃいでいました。

「私なんか」「幸せになっていんですかね?」

「綺麗になっていんですかね?」

 

そんなことは1度も言いませんでした。

 

ピアスの選び方とか、彼女は

私に聞きたいことが山盛り!

 

楽しくて!楽しくて!

そんな彼女が私は、可愛くて、愛おしくさえ思いました。

 

夜、彼女の動画はそれが爆発していました。

私は、笑いながら泣きました。

 

さらに、彼女が一緒に住んでいる彼が

「今のこの感じが好きです」

「扉を開けてくださってこれだけ変わったのでこれからが楽しみです」

そう伝えてくださいました。

 

彼女が自分で

しっかり閉めてしまった鍵を自分で開けました。

私は開けていません、開け方をお伝えしただけ、

だって鍵を持っているのは自分自身以外の他の誰れもないのです。

 

自分で開けたから、これだけ変われたのです。

 

起業するとき、私たちは誰を救いたいかを考える必要があります。

 

でもね、自分を救えていない人は誰も救えないのです。

 

まずは、何より自分自身を救いましょう。

愛してあげてください。認めてあげてください。

 

そうして、あなたのできることで、

救うべき人を救ってください。

 

それが事業を起こしていく、つまり起業して歩むということだと

ユッピーは思います。

 

どうやって救えばいいの?「私なんか」って言ってしまう。

 

でもやりたいことはある!

そんな起業家を夢見る人のために

 

ユッピーは事業をしています。

あなたをサポートするためにいます。

 

どうぞ、頼ってください。

上原さんのように、まずは自分を救いましょう。

人生が変わります。

ちょっとでも気になったら実際に会いにきてください!

お茶会もやってます!詳細はこちらです。

いつでもお声掛けくださいね。

こちら↓よりお待ちしています!

 

あなたの明日が今日より少しでも素敵でありますように。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です