〇〇る!という単語はフランス語にはない!?

凛と美しい起業家を育てる

Ecole de YUPPY

エコールドユッピー

 

クリックでLINE@登録

 

≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣♡≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣

100年の時を超えてあなたに贈る自分軸を作るための

エールを無料メルマガにて配信中!

毎週金曜21時配信!⭐︎メルマガ登録はこちら⭐︎≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣♡≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣

 

Bonjour!こんにちは。

エコール・ド・ユッピー代表のユッピーです。

あなたは、

睡眠とれていますか?

体は十分に休養を取れていますか?

 

ストレスなく働けていますか?

 

ついね、

頑張ってしまう。

もうひと頑張り、もうひと頑張りってね。

 

そしていつか頑張りレベルが上がりすぎで

どこまで頑張っていいかわからなくなるのです。

 

その頃には、体が悲鳴をあげていたり、

仲間、家族との絆が危うくなってしまったりしてね。

 

メルマガなどでも書いてきましたが、

フランス語にはこの言葉

「頑張る」がありません。

 

だからか、余計にフランス人の国際ジャーナリストの

ドラ・トーザンは「頑張る」という言葉は、

 

「自分を犠牲にして努力をして何かのために尽くす」

そのように感じると本の中で書いています。

 

彼女から教わったユッピーが

いつも考えていること。

 

「リトルガールに聞く」

自分の中にいる小さな無邪気な自分に、

 

「楽しい?嬉しい?ワクワクする?」

って確認するように意識しています。

 

でも時々忘れちゃう、

「私はもっとできるはず、今、寝てはだめだ!今やらなきゃ!!!」

って無理をしてみる。

 

昨夜、仲間の男性に

これからホームページもう一度やり直す!

って宣言したら、

 

「頑張りすぎててはだめだよ」

って言ってくれました。

でもそれで終わっていたら昨日の私には響かない。

 

プラス一言ありました。それが効いた・・・

 

 

なんだと思います?

 

それはね。コレです。

頑張りすぎたら・・・・

 

「老けるよ」

 

 

目が覚めた!あ!私、リトルガールを完璧に無視していた。

 

ストイックにやるときも必要。

でも今の私はドラのいう、

「犠牲にして尽くそうとしていた」

そう気がつきました。

 

頑張るんじゃない。

 

頑張ることはカッコ悪いことではないけど、

「頑張る」のではなくて、

 

我慢しない。自分らしく、わがままになる。

自己中心的ではなく、自分をまず一番愛して

 

自分の求めるものために生きることを楽しむ!

これだと思うのです!

 

そうはいってもね、

ビジネスをするって決めて動いて、

ママとしての自分も大切にしたいし、とかね、夫にも・・・

 

色々思う。そうなのです!

女性って思うことがほんとーに色々あるのよ!

 

だからこそ、私たちは自分のことをもっとしっかり

考えてあげないといけないのだと思います!

 

 

頑張るではなくて、

自分らしく花を咲かせるための生き方をしていきたい。

 

「老ける」じゃなくて、

素敵に歳を重ねていきたい!

 

どうでしょう?

共感してくださる人いるかな?

共感してくださったらぜひ、LINE@で

「頑張らない」って送ってください!

すっごく嬉しいです!

エコールドユッピー

クリックでLINE@登録

 

P.S
そんなんで、お話ししたいことがたくさんあるので
お茶会やります!

「みんなはどうしているんだろう?」

「どうやっていけばいいのだろう?」がスッキリ見えて

大きな初めの1歩踏み出せるものになっています!

よかったらいらしてくださいね!

申し込みはこちらにコメント欄に「お茶会」と入れてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です