そのつもりはなくても他の人への依存に陥っているかもしれない!断ち切るには自分が〇〇になれば良い!

Bonjour!

自分が大嫌いな女性を救う!

女性の元気応援サロン Salon de YUPPY

もう「私なんか」なんて言わせない。

3ヶ月で自分嫌いから卒業!

メッセージソムエのユッピーです!

≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣♡≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣

Salon de YUPPY情報はLINE@ 登録で知れます!⭐︎登録はこちら⭐︎

無料メルマガ毎週金曜21時配信中! ⭐︎登録はこちら⭐︎

≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣♡≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣

ここのところずっと、
半袖で過ごしています。

みなさま体調お変わりないですか?

 

さて、

私事ですが、

今月で母が定年退職します。

 

正社員ではないものの、

今のところで、契約社員として、もう20年近く働いた母。

 

私が5年生の頃だったかな?

母は近所の歩いていけるところへ

パートに行きました。

 

それから私が中2になり

倒れてしまうことが多くなり、

 

母はすぐ電話に出れるようにと、

郵便局にパート出入り配達を自転車でしました。

 

でも母も体が強くないので、

今のあるブランドを扱う倉庫へ転職しました。

 

私は、何度ここでの愚痴を聞いただろう。

「お母さんあのね」

と話をしようとすると、

「聞いてよー!!!」

と始まる愚痴のオンパレード。

 

そして、こんなに辛い思いまでして働くのは

あんたのせいだ。

 

そう言われていました。

 

だから、正直あまり、

母の会社の人たちのことを

良くは思っていませんでした。

 

でも職場へ行くとみなさん優しかった。

私の結婚、出産の時はお祝いをいただいたりしたこと。

 

母が退職と聞いて、

また、いろいろ思い出しました。

 

「私がこれから手を切る」と

メールをした高校生の時。

 

母は帰ってこなかった。

「仕事があるから帰れない」

そう言って帰ってこなかった。

 

大人になってからは、

「怖かったのかもしれない」

どうしても抜けられなかったのかもしれない。

 

わからなくもない。

そう思うけど、

 

思春期真っ只中の私には

「お母さん、私が死んでしまっても、平気なんだ」

と思ってしまったのです。

 

私よりも大切な仕事ってなに?

と思いました。

 

今は、もう、なんとも思っていません。

(去年までずっと恨んでましたけど笑)

母もあの時、すっ飛んで帰らなかったこと

とても後悔しているようです。

 

でも当時、そんな私にも、

唯一の救いがありました。

叔母の存在です。

 

大好きだった叔母。

いつも私の味方で、

叔母が、叔母だけが私の逃げ場だった。

 

でも、叔母は私が就職した時

癌になりました。

 

アパレルに就職していた私は、

叔母がリュックサックが欲しといっていたので、

もう長くないとわかっていたけど、

 

もしかしたら、これを背負って歩ける日が来るかも!

そう思い、初任給で、自分のブランドのリュックサックを

叔母にプレゼントしました。

 

初任給で最初に買ったのは

母へのものではなく、叔母へでした。

 

叔母は母の妹なので、

母もそうしなさい。

と言ってくれていましたが。

 

実はずっと気になっていました。

 

そして今回

母がちょうど、リュックサックを欲しがっていました。

 

私は退職祝いにリュックサックをプレゼントしすることを

迷わず決めました。

 

ずっと20年以上

私たち母娘は愛情が重ならなかった。

お互いに上手に愛せなくて、

表現できなくて。

 

愛していたし、

認めていたのに。

 

うまく噛み合わなかった。

 

でも昨年

全てを綴った自伝著作

『輝くその日のために-C’est ma vie-』

を私が出版してから

 

私たちは許し合い。

今までの分を取り戻すかのように

お互いを認め合い、

愛し合っています。

 

 

2人で買い物は昔もよく行きました。

でも喧嘩ばかり。

 

逃げ出して一人で帰った日もあるくらい。

 

今はそんなことなく、

ゆっくり過ごせる時間。

楽しい時間です。

 

本当に嘘みたい。

 

あんなに苦しくて、辛い日々。

終わらないと思っていた。

 

自分の中の変化が一番の理由だと思います。

母にとても依存していたのです。

認めて欲しい。

愛して欲しい。

甘えさせて欲しい。

そばにいて欲しい。

聞いて欲しい。

 

そう、「母に〇〇して欲しい」こればかり。

母がすること、周りが、してくれることを待っていた。

 

これが大きな間違いでしたね。

 

自分が主語にならなきゃね!

「私が、ここでこの依存終わりにする」

「私が私を幸せにする」

「私が私を認める!愛する!」

 

としたらいい!

それに気がついて

訓練してきてやっと

 

過去から解放される

というところで書籍を書いたので

 

総仕上げをしたのです。

 

あんなに恨んでいた母の職場のこと。

母が退職します。

 

仕事が好きな母です。

新聞社、化粧品会社ではバリバリだったそうですし、

(化粧品を買うときはかなり頼りになります

そこは昔から私の自慢だった)

 

目のかかる、手のかかる私からの

逃げ場だったかもしれない職場。

 

どんな時も、仕事へ行った母。

それが終わる。

 

感謝しかありません。

あんなに恨んでいたのに、

感謝しかありません。

 

今はリュックサックを買ってあげるくらいしか

できないけど、

 

近いうちに、

ゆっくりどこか旅行へ連れ行ってあげたい。

私が愛するフランス。

 

私の第二の故郷で癒しの塊のような場所

オーストラリア。

 

などにも連れて行きたい。

私たち母娘はこれからです。

私の子ども時代の記憶の中に

母との楽しい思い出はありません。

 

だから、これからたくさん作ります。

 

今、お母様とうまく行っていない人。

 

ユッピーの過去の様々な出来事の

原因は母とのことだけではありません。

 

いじめとか、いろんなことがありました。

 

自分の価値を感じられなくて、

生まれてきたことを後悔する日々。

 

大嫌いな自分。

 

そこから抜け出して、

生まれ変わったユッピーだから、

 

わかる、寄り添える痛み、悩みがあります。

 

どうか、一人で抱え込まないでください。

どうぞ、ユッピーを頼ってきてください!

 

全力でサポートします!

私たちは幸せになるために生まれきたのです!

 

辛い重いものに押しつぶされてる場合ではありません!

 

自分ってそんなに悪くない。

客観的に見ること、

違う視点を持つことをお届けする

 

自分嫌いを卒業するスタート1Day講座をやります!

■3時間で自分嫌いを卒業する初めの1歩を踏み出す1DAYセミナー■
アフターヌーンティー風なティータイムをしながらの
あっという間の3時間。必ず、「自分嫌い」レベルを下げ、
「私、悪くないじゃん!」そう思って帰れる3時間セミナーです。場所:イストビレッジ 801号室持ち物:筆記用具参加費:5,000円 (税込)お支払いは振込、Paypalになります。お茶菓子、コロンスプレー作り付き

⭐︎メルマガ登録者は何度でも1,000円引き!

LINE@登録の方は初回のみ半額の2,500円!

定員5名

 

 

ちなみに書籍は

画像をクリックすると購入へ行けます!

 

それでは!

雨にも負けずで行きましょう!

愛を込めて

Be HAPPY!

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

École d’Yuki