なぜ欲しいものを欲しいと言えないのか?

Salon de YUPPY のYUPPYです。
メディカルアロマと、フランス哲学で
「自分らしく、自由に幸せに生きるライフスタイル提案」
をお届けしています!

毎週金曜に届く、元気に過ごすための、

エールの入ったYUPPY通信登録はこちら

突然ですが、

質問です。欲しいものはありますか?

と聞かれて、

即答できますか?例えば、

「私、口紅ほしい!」

「車欲しい!」

「冷蔵庫壊れたから、冷蔵庫欲しい!」

とかね。

 

なんとなく、欲求って伝えるのに勇気要りませんか?

それは様々な理由が考えられます。

 

日本の古来文化的に、ひそめることが美徳だったから。

控えめに。とか慎ましくのようなこと。

自分を出さない。欲求なんてもってのほか・・・のような。

 

それから、自分はそんなことを言ってはいけないと思い込んでいる。

 

YUPPYもそうでした。幼少期から20代まで、

「〇〇が欲しい」って言えなかった。

言えたとしてもすごく勇気がいった。

計画を練ってダメって言われないように

してから親に欲しいものを伝えたりしたものです。

 

どうしてそこまでしたのでしょうか?

私のなかにあった想いは、

「私なんかがそんなこと言ってはいけない」

「欲求はがあることは恥ずかしいこと」

そう考えていました。

 

そもそも、

欲しいものがあることはいけないことなのでしょうか?

 

言うだけだったら、タダなのに、

ひょっとしたら、

 

「うちに使っていない冷蔵庫あるよ」

と言って思わぬことから、

手に入ることもあるかもしれない。

 

「今、あそこのお店で化粧品セールしてたよ!」

と言う情報が入ることもあるかもしれない。

いつもいつも、

「あれも、これも欲しいの」

ってなっていた引かれてしまうけど。

 

人はそんなに

欲求を聞いていやなおもいにならないし。

「こんな人がこんなこと言っているよ」とも、思わない。

 

なのに、

止めているのは、やっぱり自分。

 

いつまでも、

表に出さないでいたら、

誰にも伝わらない。

 

「私なんかが言っていいはずがない」

と言う、自分で勝手にかけた呪いから逃れられなくなる。

 

つまり「欲しい」と言えないのは

あなた自身が自分が価値ないと思っているからです。

 

いいんです!

「欲しい!」って口にしていいのです!

あなたにはその価値あります。

何度も言いますが、言うだけはタダです。

誰かを傷つけたりしません。

あなたが思うより世の中は優しい。

 

先日こんなことがありました。

「母の日には何が欲しい?」

と言う会話を母とラインでしていました。

 

私の想像は

「いいよ、お母さんはその気持ちだけで」

と言うと思っていた。

 

まさかの、食い気味での

「口紅」発言。

ラインなのに食い気味だった(笑)

 

でも、全然、嫌な気がしなかった。

よし!母に合うもの見つけよう!

 

と思いました。

 

そして早いけど

母の日のプレゼントに口紅をあげました。

 

母は素直に喜び、ありがとう!

と言い、早速つけて出かけて行きました。

 

あげた私は、すっごく気持ちがよかったのです。

はっきり言ってもらったから、

何買えばいいかわかってよかったです!

 

「欲しい」と言う気持ちは表現していいんだ。

そう思いました。

 

でも、

自分が嫌いになっている人は、

私なんかが・・・って思って口にできない。

私のことはいいの、後でいいの。みたいな。

女性は、この「後でいいの」が多い気がします。

 

ずっと殻に自分を閉じ込めていたら

苦しくなるだけです。

 

うちの母みたいに、

欲しいものは、表現してみてください!

 

そのものが手に入らなくても、

ラッキーなことがあるかもしれない!

何より、感情、欲求は表に出した方が

ずっと、ずっと楽ですよ!

自分がこの欲求を口にしていいんだよ!

と自分を認めてあげることが大事ですね。

さ、あなたは何が欲しいですか?

 

直接誰かに伝えなくても、

ちょっフェイスブックとか、

ブログとかツイッターとかにでも

呟くとかでも変わると思いますよ!

 

こっそりYUPPYにだけ言うのもありですよ!

只今、LINE@登録者募集中です!

 

 

ちなみに!

YUPPYは今、おしゃれなTシャツが欲しい!

おしゃれなTシャツ情報求む!

 

それではみなさん、Be HAPPY!

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

École d’Yuki