国際女性デーって何?no.4
 

Bonjour!  みなさんこんにちは、
Salon de YUPPY のユッピーです。
サロン・ド・ユッピーとは・・
『女性が自由に幸せに生きるためのライフスタイル』提案
1. セルフメディカルアロマ
2. No Limits ライフコーチング
3. フランスの哲学、思想などについての超訳
以上の3つのカテゴリーでお届けしています。

さて、ここ連日お届けしている。

国際女性デーって何?シリーズ!

今日はno.4アメリカでの動きについて

ご報告します。

私の可愛い妹ホストシスターによる現地大学での

3月8日の動き、

そして、アメリカ人の友人

活動などをお伝えします。

まず、アメリカでは、

トランプ大統領へ

反対する人たちは、訴える気持ちが重なることもあり、

3月8日、行動に出ました!

それが、

ストライキ!

女性が、家事も、仕事もストライキしました。

ホストシスターの大学では、

大学の先生(女性)から

私も、3/8は大学へ行かないから、

学生のみんなもお休みしていいのよ!」

とメールが来たんですって!

男性の友人たちも、

「うん、この日は休んでいいと思う!」

って言っていたそう。

もちろんホストシスターも、お休みしたそうです。

私のアメリカ人の友人たちのフェイスブックの

投稿などでも、宿泊しに出かけたり、

旦那さんが家事をやっている写真などがアップされていました。

アメリカで行われた運動が、

A DAY WITHOUT A WOMAN

女性がいないと大変になるでしょ??

ということですね。

フェイスブックで赤枠にプロフィール写真が囲まれているのは

この活動の一つです。

毎年行なっていることではなくて、

今回、トランプ大統領へ反対する人たちが、

国際女性デーだから

この日こそ、女性の必要性、意義、権利を訴える絶好の

チャンス!

ということで大きな行動となったのだと思います。

集会を開いたり、手紙、署名を集めたりしているそうです。

彼女たちは、(私がインタビューした友人たち)

トランプ大統領は、攻撃されると、

「そんな、皆さんのいうようなことはないですよ。

女性を応援しています!サポートしていきますよ」

と言っているいけど実際は、違うじゃん!」

と思う人が多くいるそうです。

もちろん支持者もいます。

私の友人も両方います。

 

どちらがどうだ、こうだということではなくて、

 

今回私が感じたのは、

アメリカの人たちは

国際女性デーを効果的にしたな。

ということ。

 

つまり、立ち上がろう!

今こそ!今だ!となれる日なのです。

8日だけでなく、3月として捉え、

WOMANS MARCHと呼ばれています。

大学生でも周りがやっているからではなく、

「私はこう思うから」と

自分の意思で

休んだ学生。

学校へ行った学生。

といるわけです。

つまり、誰かがいうからの行動ではありません。

国際女性デーなんだし、

女性をないがしろにするような政治をトップを許さないよ!

という動きを見せよう。

とうことだけど、賛成でなければ乗らなくていい。

それが、個人の意見の尊重

日本でも、デモがありました。

でも、どのくらい報道されたでしょうか?

デモがあった事実をどのくらいの人が知いるのでしょうか?

情報は溢れている。

埋もれることもある。

いろんな意見がある。

大切なのは、自分がそれを受け止めるかどうか。

自分のアンテナ にヒットしたものを

さらに自分の意見を添えて持っていたらいいと思うのです。

 

国際女性デーというのがあって、

アメリカではこんなことがあったと情報の一つとして

お見知り置きください。

 

ちなみに、A DAY WITHOUT A WOMAN のサイトはこちらです。サロンドユッピー,国際女性デー

これはホストシスターの大学に置かれていた

手書きの看板だそうです。

国際女性デーについての過去の記事↓

  1. 国際女性デーって何?no.1
  2. 国際女性デーって何?no.2
  3. 国際女性デーって何?no.3

そして最終回は、フランス関連でいきます!
そう、土曜日は国際女性デー記念シンポジウム!!

ーお知らせー
3月18日 土曜 13時スタート
日仏女性研究学会主催
国際女性デー記念シンポジウム
は予約なしでご参加いただけます!
受付でYUPPYもいますので
是非いらしてください

それではすっごく寒いけど、

Be HAPPY!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

École d’Yuki