国際女性デーって何?no.3

Bonjour!  みなさんこんにちは、
Salon de YUPPY のユッピーです。
サロン・ド・ユッピーとは・・
『女性が自由に幸せに生きるためのライフスタイル』提案
1. セルフメディカルアロマ
2. No Limits ライフコーチング
3. フランスの哲学、思想などについての超訳
以上の3つのカテゴリーでお届けしています。

3月8日は国連で決まった

国際女性デーです。

では、その国際女性デーって何?

を連載中です。

大まかな仕組みについてno.1

日本でのことについてno.2

 

さてシリーズ第三弾ここでは、

世界における日本をちょっと書きたいです。

みなさん知っていますか?

世界経済フォーラムが昨年発表した

男女格差指数を出して、各国をランキングにしたものでは
 
144カ国中 111位なんですよ!!

 1位アイスランド
 2位フィンランド
 3位ノルウェイ
 フランスは17位 アメリカは45位
 アジアでは シンガポールの55位が最も高い

という結果になっています。

これをね、やっぱり、
ここまで先進国になった日本が111位なんて!
そんな!!!!

となってショックを受けて、
見直して行くべきです!

国レベルで頑張らなきゃいかん!ところ。

そして、個人レベルではどうする?
っていうと、
まずはやはり、
男性も女性も、個々が自分の

「幸せ」「自由」をもっと本気で求める!に貪欲になって行った方が良いと思うのです。
性別に縛られていてはいけないのいです。
本当は男性の中にも、
家で家事をして育児をする方が
自分のやりたいことなんだ!って思っている人がいるかもしれない。

だけど、世間的に、パパが家にいるなんて
恥ずかしい!仕事行ってよ!

そんな風にしてしまっていたら、その人は
「性別」というものに束縛されていると言えます。

国際女性デーと
いうのは、

女性だけがハッピーになれば良い日ということではありません!

ちょっと立ち止まって考えよう。

 

小島慶子が

「男性のしんどいも考えよう」がそういったコラムを書いています。

「女性に限らず、誰も性別を理由に不利益をこうむったり、生きづらい思いをしてはいけないんです」

 

はい、全くもって同感!!

YUPPYが問題だなと思うのは、日本の女性は、

その、なんていうか危機状況を感じていない。

え?そんなになんかいろいろいうこと?

という感じでいるように思います。

普通だと思って過ごしていることが、

普通じゃないこと

たくさんあるんですよ!

 

DVとかになるとみんな気がついて、声をあげるけど、

権利を!という話になると、

。。。。

 

後ずさりする気がする、

 

義務は訴えるのにね

選挙権とか今は女性にもあるから

あんまり実感沸かないよね。

 

なかったんだからね!

憲法にさえ、草案の段階では

女性のことなんて何にも気にも止めてくれていなかったんだよ!

 

これはまた別の時に書こうっと。

止まらないから。

スタバでPCのキーボト打つて速さ、と強さがまして、

隣の人が二度みしたしね笑

 

ということで、

まだまだ女性の皆さん

声を上げていいことって
いっぱいあるんだよ!

大変なのも、女性だけではないけど、

 

だけど、出産とかホルモンバエランスに影響されてしまう。

私たち、女性はやっぱり、

色々あるよね!

 

だけどさ、

頑張ろう!女性のみんな!
そんな日なのです。

HAPPYになろうね!

そんな世界できな日なのです。

 

ミモザの日

ちょっと熱くなってしまいました笑
それでは。

Be HAPPY

ーお知らせー
3月18日 土曜 13時スタート
日仏女性研究学会主催
国際女性デー記念シンポジウム
は予約なしでご参加いただけます!
受付でYUPPYもいますので
是非いらしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です