カラーの魔法

Bonjour!
Salon de YUPPY 代表のYUPPYです。

なんとなく、先週はカラーの事について人
と話す事が多く、

思うことがあったので
書き留めます。

YUPPYの大好きな色は、

「ピンク」

しかも、マゼンダピンク。

iPad のキーボードとカーバーはやむ終えず
赤ですけど。

その他のものは常にピンク。

うるさい。派手と思う方もいるかもしれないけれど、

私にとって、好きな色で統一された身の回りの物たちは、

私を元気にさせてくれるのです。

もちろんピンク全身ピンクではないですよ笑

その他のは黒、紺が多いです。
合わせやすいからでもあるけど、

ピンクが映えるから。

白にピンクは可愛くなりすぎちゃう。

以前にカラー診断をしてもらったら
淡い色、パステルは似合わない色でした。

メイクもそう、
私はナチュラルを意識すると、顔がぼやけます。

パステルカラーが似合わない
顔がくどい?濃い?ことが
ちょっと前まで嫌でした。

どうにかして、濃さを消そうと
アイカラーに黒を使うこともできなかった。

だけど、少しずづ変化があって。

でも、それが私だと
逆に、濃い色が似合う、
はっきりした顔なんだってプラスに捉えるようになりました。

隠すのではなくて、
逆にそれを見せるようにって!

そうしたら、不思議と大嫌いだった青系が近寄ってきました。

ロイヤルブルー。紺。
ブルーバイオレットが私のバスデーカラーだ
教えてもらってから、

紺は、私の要となるお守り色になりました。
ピンクにも合うし!

でも、ちょっと疑問を抱いてた、
私は本当はピンクは違うの???

悲しいきもちを少しかかえていたんです。
そしたら。

ピンクも特に、マゼンダピンクも
パーソナルカラーだよ!

ってメディカルアロマの先生に言ってもらいました。

それから、ゼラニウムの香りが好きだったのも
私のパーソナルの香りだった!

自分の知らないうちに
自分に必要なものを好んのでいたし、
揃えていたことに嬉しくなりました。

先週は
大人の英会話のレッスンでも
色のお話しを意図せずに別々のクライアントさんと

お話ししました。

1人の方は、
「自分に似合ういろがわからないんだ」
と言ってました。

でも「本当はこういう色が好きなの」
って。。。

きっともう自分の中では見えてるんですよね。
なりたい自分。似合う色を知っている。

そこに気がつくまであともう少し!

という感じで、益々綺麗になるんじゃないかな?
って彼女の今後が楽しみでならないYUPPYです。

別のクライアントさんとの話では、

「足りないpowerを色でおぎなう」
という話になりました。

クライアントさんが
「なぜか、最近急にグリーンが気になって仕方ないの。」

それを聞いて、
はっとして、

「絶対買わなかったのに
カーキーのアイシャドウを最近買ったの!」

という話になり、

その方のエアロビ?
ダンス?の先生はレオタードの色を

生徒さんに必要なことで
選ぶ。

というお話しをきき、

私は、
グリーンで落ち着きを取り入れたかったのかな?

って思いました。

そして、去年の夏に
みっちゃん(たけむらみちこさん)が私に選んでくれた色も
グリーンだった。

そっか
そろそろ落ち着き始めないといけないのね
私。

去年も、一応。
「グリーンなんだ…そっか…」
と受け止めたんです。

でも今年は、
もっと素直にそして、
しかっりそのメッセージを受け取れているし。

ピンクが好きな自分を愛せてるきがしてます。

他がにあわないから、
私は〇〇だからしかたなく

の気持ちが全てに対して強かった。

でも、

今年はちがう。

似合うんだもん!
この色つけてると
こんなメイクでいると、
こんなファッションでいると私はHAPPYなんだもん!

だから今こうしているの!

だけど、時々不安やら、揺らぐ時がくる。

そんな時は、自分から、

色、曲、香り、
いろんなものを使って補強をいれる!

自分がしっかり地に足をついて
何よりはHappyでいられる

このことが大事。
これがキーワード!

私、強くなったなぁ。
しみじみ感じてます。
(かつては、すっごくもろかったのです)

私に色のパワーを教えてくれたみなさん
本当にありがとう!

私も香りのパワー。
自分がHAPPYでいることに必要な

いろんな方法をみなさんにお伝えしていきたいです!

9月からは文学の秋をお届けしていきたいです!

写真は、去年みっちゃんに選んでもらったグリーンで
作ったサンキャッチャーと一緒に撮りました♫

Today’sBGM: ColbieCaillat “All of you “”Maria”

それでは また!
Be HAPPY!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

École d’Yuki