アイテムが結んだ絆

Bojour!

Salon de YUPPY代表のYUPPYです。

きょうはちょっと嬉しくなった話をシェアします。

今年の2月から4月まで
うちには、アメリカ人留学生がいました。

彼女がうちに来た時、
インフルが流行って、

長男がインフルになり、
次男はインフルではなかったものの

熱がでたりしてました。

ので、

私はオンガードを足裏に塗ったり、
床やら、壁をオンガード入れたお水に濡らした雑巾でふきまくり、

デュフューズしまくり、

除菌スプレーつくっては、
テーブルを拭いたりとか、

息子たちにマッサージとかしてました。

それを見た、留学生の彼女が

あ!これ!ドテラ!

私も持ってます!

「ママにプレゼントでもらって、もってきたんです」

とみせてくれたのがインチューンでした。

それを聞いて、「やっぱりアメリカでは普通にみんな持ってるレベルなんだ!」
と地名度を実感。

さらに、私がクラフトしているところを写真とって、
彼女がママにメール

するとママからは
「私もあなたが小さいころそうやって、オイルでマッサージをしてあげた、
ドテラを使っているお家なら、安心だわ」

「彼女からレシピ聞いてきてね」

って言われたそうです!

親子さんとしては大切な娘を
預けるって不安だってたくさんあると思います。

だから私はいつも保護者とのコンタクトを取るようにしています。

話すことで私たち家族をわかってもらえるから、

でも、ドテラを使うことが、
ママさんの安心に繋がるなんて想像もしなかったんです

私は留学生が帰国した今も、
留学生はもちろん、彼女のママとも連絡をとりあっています!

そして、昨日ふと、UPした
この写真にまた嬉しいコメントが来ました。

インスタに載せたのですが、

サンフランシスコに住む、
大好きなアメリカ人の友人から

「私も同じオイルつかってるよ!」

ってコメントがありました!

こんなふうに、海外の友人が
私も使っているよ!

って言うことは今までほとんどありませんでした。

だから嬉しかったのと、

「あ、やっぱりアメリカでのシェア率が高いんだ」

って思いました。

日本でも、どこの家庭にも
普通にあって、

家庭の薬箱のかわりに、
ドテラオイルの木箱があって、

自然の力で生きてるっていう

そんな日が近い未来にあったらなって

心から思いました。

どんなのなの?

って思った人はぜひ、コメントなどくださいね!

それでは Be HAPPY

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

École d’Yuki